スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞紙で「紙鉄砲」作ってみませんか!?

子供の頃、後ろから「パッカーン!!!」と大きな音がしてビックリした経験ありませんか?
男の子達が集まって「新聞紙」でなにやらしてて、休み時間にうっかりしてると狙われて、驚かされたことが何度かあった事思い出したのです。

この頃、折り紙や、図形の描き方を教えて下さる利用者さんが、折り方を教えて下さいました。
皆さんが読む為に取っている新聞の、昨日の分で折って、「そこを持って振りってみな」と言われて、一応人のいない方に向けて、加減がわからず、思い切り振り下ろしたら、自分でもびっくりするくらい大きい音がして、遠い方のテーブルでお茶していた利用者さんから「あらまっ!何?」と、驚かせてしまった。

「あー!ごめんなさい」
大きい音が出るものです。
久しぶりに子どもの頃を思い出したのです。

一枚の紙から、箱ができたり、花や船、動物や鳥も・・・折り紙って凄い!!!
他のみなさんにも伝えるには、忘れない様「折り方」を描きとめておかなきゃ。
ということで描いたので、やってみてくださいな。


「紙鉄砲」作って遊んだ経験ありますか?
スポンサーサイト

正方形の箱・マトリョーシカのように入れ子にできます!

先日紹介した「長方形の二重底の箱」に続いて、正方形の紙でつくる真四角の箱も紹介します。

紙のサイズを 5ミリづつ変えれば蓋になり、次々蓋していけば、マトリョーシカのように「入れ子」になって、芯の箱に大事な物や、贈り物など入れて、気になる人に渡したら、どんな反応が返ってくるかしら?
なーんて事思いながら、作ってみたら楽しいかも?


正方形の箱・紙のサイズを変えたら「マトリョーシカ」のような入れ子になる

一枚の紙で、しっかりした箱作り

またまた、利用者さんから教わりました。
魅力ある折り紙を、次々制作して下さり、おしげもなく教えて下さるのです。

せっかくなので折り方をイラストにしてるのですが、描き方が難しくて、うまく表現できかねるものもあります。
なにしろ間に合わないのです。
今日やっと作りながら、手を止めてはその都度描きこんでいるのですが・・・

箱折りはたくさんあります。
今日紹介するのは、長方形の紙から長方形で二重底の、しっかりした物に仕上がる箱です。


一枚の紙でしっかりした二重底の箱ができます。

おなじみの折鶴と応用編『鶴の扇』

これは、多くの人が知ってる定番の折鶴の折り方です。
絵にしようと思ったので、何度かおさらいしながら折ってみました。

おなじみの折鶴の手順

次は『折鶴』の応用です。
『船』のY・Kさんが教えて下さいました。
高度な技術というか、几帳面にきっちり折らないと、仕上がりの美しさが半減なんです。
が・・・
利用者の方にはYさんの見本を見て頂いて、「折り方次第ではこのように美しい物です」と、折り方の手順はお伝えしているという次第です。私トホホ状態です。


折鶴の応用で、翼が扇のような鶴も折れます


これで一応約束したものは、何とか手順書描けたけれど、こんなに時間がかかってしまうものだとはおもいもせずだった。
今は私の担当でない曜日だけど、折り紙上手な女性(この方も利き手マヒなのに、左手だけで見事にきれいに作られる)から教わってたのもあって、忘れない内に手順書作りたいと思ってて、出来れば!なんて考えてた。
昨日は天気が良く、買い物に行く必要もあって出かけたけれど、午前中は描いてたし、今日も家で頑張っていたのに、こんな程度。
連休が始まる前は、(あれもしなきゃ!これもしたい!)と、まとまった時間があると思うと、何だかいっぱいあれこれできるような気がしてた。
とんでもないことだった。

一応、『ポロシャツ』は買えた。
今の仕事先は、制服はないんだけれど、できれば『白』か『紺』のポロシャツと言われたが、私一枚も持ってない。1月2月は店頭になく、娘が持ってるなら借りようと思ったら私同様「持ってない」と言う。
3月終わりに『通販』で見つけたから、注文してみた。
やはり、実物でないので、思っていたのとイメージが違い、「Mサイズ」なのに、長袖紺色のは、やたら裾が長く、シャツインズボンは変だし、かといっておしりすっぽり隠してもまだ下まであります状態。
かと思えば、白半袖は、何だかぴったりサイズでこれまた気恥ずかしい。

やっと、「ユニクロ」で売り出した事を新聞折り込みで知ったから、昨日買に出たという次第。
他にもいろいろリスト書いて行ったのに、二番目に欲しかった「折り紙」を買い忘れてた。
食べ物は今必要じゃない物まで買ってきたというのに・・・。

プランターに『ゴーヤ』『へちま』『大葉』『ねぎ』のタネも蒔いた。

3日から休みだったけれど、この日は雨の中若者に付き合った。帰宅後は、自分の身を保つだけで精一杯って状態で、何もできず。
4・5・6の3日間、集中してこればかりしてた訳じゃなく、ご飯作ったり、食べたり、お茶の時間は数えきれないほど。
でも、ダラダラ寝転んだり、ボーッとしてる時間はそんなに多くなかったはずだけどなー!?
私が一日かかっても、できる事ってそんなにないんだなーって、改めて思った。

今回の休日は、まあまあの過ごし方だったと思うことにしましょう。

明日まで休みだけれど、ちょいと心配事があって、(病院へ行かねば)って思ってるから、まだ残ってるやりたかった事はできそうにないなー。

それにしても、今日はびっくりさせられたこと!
午前中から強い風が吹きまくり、それに加えて午後は『雷雨』ときたもんだ。
そして、そのあとはすっかり晴れ。
何とも不安定な陽気であった。

お疲れ様でした。

広告ちらしで『ボックス』 浅型と深いタイプの2種

今日は久しぶりに、カーテン越しに明るい陽射しを感じて目が覚めた。
やっと、『鯉のぼり』が泳ぐにふさわしい青空になって良かったこと。

私が、毎日の様に、こたつの台やテーブルに置いて、ちょっとしたゴミや使ったティッシュなどを捨てるのに使ってる、広告ちらしで作れるボックスを紹介します。

新聞には、折り込みチラシの方が重いんじゃないの?というくらい、特に週末などたくさん入っています。
資源ごみとはいえ、そのままゴミに出すにはもったいない程、良質の紙の物もあります。
私はそんなのを使って、『浅いタイプ』の物を作って重宝してました。

今のデイサービスの部屋には『深いタイプ』の物が置かれていて、この方が具合が好い事もあります。

これは、一人の利用者さんが作り、来所の度お持ち下さっているというので、早速に教わりました。

この製作者の方は、認知症の診断が下りているというのですが・・・
着物の仕立てもなさっていたという方だから、まー几帳面!きっちり測った様に正確!
だから、最後に織り込む所も、セロテープできっちり押さえ止めてあり、きれいに仕上がってる代物。
『浅いタイプ』と違って、ピラピラしたところを織り込める構造な為、テープ止めはせず、私は折り込んだら『出来上がり』にしてる。

ある日、開いて立たせる時、急いでいていきなり中に手を入れて、開いた。
すると叱られた。
「人が作った物を粗末に扱うとはけしからん」と・・・
「こうやって、きっちり折り目を付けてから、手を入れてしっかりた立たせなくてはだめだ!」
と、やり直しを命じられました。
これについては、おっしゃられる通りなのです。
こんな些細と思われる事も、ひと手間かけるだけで、立った時の形が断然良いのですから。

謝って、やり直して、それからというもの、しっかり折り目をつけて、形を整えてから置いている。

この方の『認知症のタイプ』は、自分が思った事は相手が誰であっても、遠慮なく、動じる事なく言う。
空気は読まない。というより、世の中は自分中心に回ってるかのように、振る舞う。
自分の事は棚に上げて、他人を叱り飛ばす。説教する。・・・困る時がある。
これが、『病気』故の、”まわりが困る”症状なのでしょう。

でも、気風の好い所、今は亡き親思いのところ、褒めると嬉しそうに笑ってくれるところ、などなど・・・好い所もたくさんある愛すべき方なのです。
そして、お体が羨ましいほどお元気!
全部自前という『歯』がキレイ!


ボックス2種

今日は朝いちで、まずは『ボックス』折りの手順書作りをやってみた。
両方知ってると重宝します。ぜひお試しあれ!!!


昨日は天気も悪いし、外出もままならないし、家の中で折り紙折っては、途中を絵に描きながら、一つの物を一枚の『A4』用紙に、書き込むようにとレイアウト考えながらやった。

自由に『らくがき』感覚で絵を描くのは好きだけど、他人さんにも分かるように!且つ、なるべく正確に近い物!を描くとなると、やたら疲れを感じて、何度もお茶を飲んだり、コーヒー入れたり、そんなにお腹がすいてるわけでもないのに、食べたり、作ったり、気分転換ばかりしてしまい、一日かけて仕上がったのは2枚だけ。
意外と時間がかかるのである。(私だから???)

利用者さん達に、「連休中にがんばってみますね!」なんて、安請け合いしちゃったのが、ちょい悔やまれる。

もうお昼だよ~。
ちょっと腹ごしらえして、買い物に行かなきゃ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。