スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IHに炎が・・・!?

「IHは炎がないんでしょ!なのに火が出るってどういうこと?」

 この頃時々、IHを入れた方から、質問が相次いでありました。
 「IHなのに火が出て、火事になったって事故があったっていうのは、どういうことなの?」と、いうのです。なんですか、テレビの番組でそんな報道が、あったらしいのです。
 どんな報道内容だったのか?知らないのですが、IHの仕組みを知らずに、一面的な思い込みで、間違った使い方をしたのではないかと想像されます。

 なぜか?と言いますと、もう5、6年前になるかと思うのですが、「暮らしの手帖」という、賢い主婦のバイブル的な雑誌が、「IHは炎が無い」というのに、「火の手が上がった」という記事を掲載しました。フライパンから炎が上がっている写真が掲載されてもいました。東京電力が、オール電化をすすめる宣伝を始め、首都圏にIHが普及し始めの頃でした。

 首都圏へのIHの普及が、関西以西より遅れたのは、一気に普及すると、電力の供給不足が起きては大変と、言う事で、積極的に推し進めなかったと聞いています。

 ともあれ、採用を取りやめ、ガス方式にした方の現場にも何度か遭遇しました。採用に踏み切った方も、不安になったようで、行く先々で、質問されました。

 その記事は、「フライパンの底を焼いてから、炒め物をしようと油を注いだら、なんと燃え上がった」というのです。空焼きしすぎ状態の鍋は、チッカチッカに熱くなってしまってます。そこに油を注げば、油の発火点である、370℃以上の温度になっていたら、油が燃えます。これは、IHだからではなく、ガスでも、電気やハロゲンヒーターでも、同じ事が起きます。
 一つ考えられるのは、鍋がそんな状態になれば、ガスや電気ヒーターなどの直火方式だと、加熱口周辺も、逃げた熱で相当熱くなり、空焼きしすぎを、体も感じるので、一旦止めて温度を下げてから、調理に移ることでしょう。IH(Induction Heating=電磁誘導加熱方式)は、反応する金属鍋だけを加熱させる、という加熱方式です。それゆえ、そこまでアッチチ状態になっているのを、感じにくいという事があるかもしれません。
 その上、熱効率が良いので、熱々になるのが早いのです。

 今の商品には、鍋底の余熱完了を知らせる物も出ています。・・・が、加熱中の鍋の上に、手をかざしてみれば、分かる事と思います。

 揚げ物の際、専用鍋に定量以上の油を入れて、「揚げ物」キーで、加熱させれば、温度調整機能が働いて、設定した温度を保ってくれます。センサー管理で、上がりすぎを防いでくれますが、油ですから、煮物や、水沸騰の温度の倍近い温度での調理です。ガス、電気ヒーターなどの直火調理と同様、揚げ物中は、キッチンを離れないで下さい。

 3口あるビルトインタイプの、奥1口は、「ラジエントヒーター」という、ヒーターそのものが、発熱する加熱口がある物が多いです。ここは、スイッチが入ると、触ったら熱いですし、鍋が乗ってなくても、加熱され、500~600℃にはなりますから、IHと違い、紙や布、プラスチックは燃えてしまいます。
 ここは、加熱調理用の鍋なら、材質を問わず加熱できるのですから。

 ガス調理器同様、給排気口は、必ず開けておいて下さいね。魚焼きグリルも、「シーズヒーター」という発熱するヒーターですから、調理中、排気口はかなり熱くなります。

 IHクッキングヒーターといってますが、丸ごとIHでなく、加熱の仕組みの違うヒーター方式のものが組み込まれています。これらの事を知って使って頂けば、事故は防げるはずです。
 一面的なことを捉えての心配は、無用ですよ。
スポンサーサイト

IHのこんな使い方、発見!

 「大宮」から「内宿」まで走る「ニューシャトル」に、初めて乗って、終点駅の、新しい住宅地へ。
PM2:30の指定で、間に合うよう到着し、建物の前にいらした担当監督様に、挨拶。すると、
「3:30頃になると思うんで、皆に連絡したんだけれど。アー、キッチン屋さんに伝えるの忘れてた。」
「横浜の方から、車で来るお客さんなんで、交通事情によるから、ちょっと時間が読めないんですよ。」
(なんて事をぬけぬけと。こっちの時間はどうしてくれるんかい?)
 腹が立つけど、こんな時の怒り方が、分からないのです。

 こちらの大手M住宅会社は、大事なお得意様。
 取り扱い訪問を依頼してきたのは、大手代理店。
 依頼の連絡、手続きなどしてくれたのは、、私と所属は同じ会社で、営業所に駐在しているコーディネーターの女性。
・・・とまあ、分かっているだけでも、たくさんの人を経て、私が出張している事を考えると、
私の対応如何が、どの様に伝わるか分からないし、少なくとも、この場の雰囲気は悪くなるし・・・
時間の許す限りおとなしく待って、お客様には、きちんと説明案内をするしかない訳で・・・。
(この後の、予約先は無かったから、自分の帰りが遅くなるだけの事、仕方ないよね・・・って諦める)

 今週は、せっかく咲き始めた桜も、咲き進むのを止めてしまっている位、寒い。花冷えとでも。
 この現場は、グランドもある市民公園の傍で、まわりに桜の木もたくさんあったけど、亀が首をすくめているかの様に、葉柄を伸ばせず、ちじこまってる蕾の方が多い位でした。
 この日は、風もあり、空には冬色の雲が浮かんで、外で待つのは辛かったので、彼らは、車で動いているし、この現場には、何度も通っているはずで、ある程度の地理に詳しいでしょうから、と思い、
「腰をおろして、休める所はあるかしら?」
と聞くと、駅に戻るのと反対方向に、ショッピングセンターがあるから、中に休憩ドリンクコーナーくらいあるでしょうと、道筋を教えてくれました。はい。10分程歩いたところに、やっとありました。
 でも、ちょっと、違う方向に、お茶の飲める「ケーキ屋」さんが見えたので、そこに入ってみました。

 ここは、当たり!って感じでした。
 コーヒー、紅茶、日本茶が、オーダーでき、緑茶は、小さい急須と共に出てきて、三煎までどうぞ。
と言う事で、壁際のワゴンに、鉄の茶釜と、柄杓が用意されていて、汲みだせる様になっているのです。
 熱源は?というと、普通にある100Vのコンセントに挿して使える、テーブル用一口IHでした。
 ワゴンは特注らしく、熱源であるIHが、下の段に置いてあり、茶釜の乗るべく天面は、丸くくり抜いてあって、すっぽり収められ、釜の底はIHの上に直にあるから、加熱されている。目の高さからは、茶釜が見えるだけ。
 電気ポットで、ジャー!と給湯するより、風情があって、断然いい感じです。
 IHに、鉄瓶は相性が良いので、熱効率良く、沸きます。鉄分の補給にもなって良いとかで、この頃、敢えて鉄瓶で湯を沸かし、お茶を飲む事が、ちょっとしたブームのようです。
一口IHにも、保温モード(70度前後を保つくらいの、火力。電気代は、一時間で2円位)タイマーも付いてます。

 これは、グッドな使い方。
早速、一口IHを持ってる、風流人の兄夫婦に教えてあげよう!
お客様にも、場合によっては、伝えて上げられる知恵の引き出しが、一つ増えました。
 
 お茶室に炉を切って、炭火で沸かすのがほんとでしょうが、IHを熱源にすれば、座敷でも、火を使うことなく、火力も一定にもできるし、調節もできるし、手軽ではないでしょうか。周りを汚さない為のカバーも、見た目に良い風に、カバーするのも、火・炎でないから、制限が少ないし。
 サイズも、幾種類か用意したり、形を工夫したり、本体を「隠すカバーがあったり、様々な用途に合わせられる物を、メーカーとして、作ったらどうでしょう!

*おまけ
「ニューシャトル」
 JR大宮駅を降りて、通路を少し歩いて乗り換え。終点内宿駅まで約23~24分で繋ぐ私鉄路線。
 大宮駅の次が、人気の「鉄道博物館」の最寄り駅。
 高架の東北新幹線の脇を、平行して、走るので、追い越していく新幹線が見られる。
 黄色と黄緑色の、箱型小さめの車両が、ガタタン気味に、そして、ずっと高架になっているから、周りの景色を下に眺めながら、遊園地の電車に乗った気分を味わえる。かな?

「内宿」駅周辺
 住宅地開発中らしく、街路樹に辛夷(こぶし)が植えられ、歩道を大きくとった広いメイン道路沿いに、新しいきれいな住宅が建ちつつあって、今の所、駅周辺に、立ち寄って飲食できるようなお店が見当たらなかった。ドラッグストア系の駐車場を持った、大きめの店舗はありました。
 町制施行記念公園という、グラウンド、テニスコート、季節の花が楽しめそうな、整備された良い感じの公園がありました。
 菜の花が咲いていたり、ブロッコリーが植えられていたり、まだ畑がたくさん残っています。
 何年か後には、家も、商店などもできて、住む人が増えて、見違える程の町並みになっている事でしょう。

オールメタル(IH)

 本来のIHでは使えない金属鍋も使えます!
 「オールメタル」ってどんな鍋も使えて、優れもの!
・・・確かに、ほとんどの物が使えます。

 しかし、本来のIHでは、使えない金属鍋を加熱させる時は、違う現象がおきます。
・プレート側(誘導コイル)にも熱を持ちます。
(200~300度との事ですから、結構な熱さです)
・熱効率は落ちます。
(カタログでは、1割位とありますが・・・実感としては、もっと加熱感が弱い気がします。)
・鍋と、中身を合わせて700グラム以上の重さがないと、鍋がツィーと動く事があります。
(軽いと、浮力に負けてしまうのです。更なる技術革新があり、当初は1キログラム以上の加重が
必要でしたが)
・鍋底に2ミリ以上の反り、丸いふくらみ、脚があると反応しないかもしれません。
(本来のIHでも、同様な面はありますが、4ミリ以上なので、多少の凸凹なら反応します)
 と言う事で、なんでもかんでも、金属ならオールマイティとも言い切れません。
本来のIHで使えない鍋については、受け入れ条件が手厳しくなっています。
この機能が付くと、シングル、ダブルありますが、その分(一口約5万円位)高額でもあります。

 もう、4年位前の事ですが、年配のお客様が、
「息子が、安全だからと言って、欲しくもないのに、無理矢理買ってくれたけど、なーんにも良いこと
ありゃしない。今までの鍋が使えなくてけしからん。どんな鍋でも使えるような物作らなきゃ、意味が
ない」
と、お伺いするなり、すごい剣幕。
 台所に積まれた10個位の鍋類は、全てアルミ製(軽くて扱いは楽なのでしょう)年季が入って、
鍋底凸凹。既に、初期のオールメタルは(’02発売)発売されていたのですが、ご案内はできず、
終始叱られっ放しでしたが、3口の内、奥の一つは、ラジエントヒーターという、直接熱を発生させる
加熱口がある物だったので、(勿論今もこのタイプはあります)お手持ちの鍋は、そこを使って、
せっかくの息子さんの好意なので、使える鍋を一つ二つ奮発して、是非お料理して下さいと、
お願いした事があります。
 違う意味でも忘れられません。世の中に、孝行息子がいて、孝行を嬉しいと受け取れない親がいるんだー・・・と。
この反対も、多いにあるでしょうが。
 私?孝行大歓迎!
 こればかりは遠慮など、みじんもいりません。心おきなく心ゆくまで・・・ドウゾ!です。

 もし、相談を受けたなら、私としては、オールメタルは、お勧めしません。
 本来のIHで使用できる鍋を使って、効率良く調理する事をお勧めします。
 けれども、すごい発明なんだなと、感心はしています。
本来持っている金属の性質と、電気を組み合わせて、火がない調理器を発明した開発者さんも
すごい!
本来持っている金属の性質に、違う技術を組み込んで、使える様にしてしまった、開発者さんも
これまたすごい!
 
 じゃ、なぜ?
 使い慣れた圧力鍋、複数層になっている事で、熱効率、熱伝導が良い多層鍋、食卓にそのまま出したいおしゃれ鍋、とってもお気に入りのこだわり鍋・・・これらの鍋が、材質が違う事で、使えないのは残念だわ。あきらめ切れないわ。
そーんな数々のご要望にお応えできた、やはりすごい物なのかなー!と思うのです。
 

IHクッキングヒーターの特徴

 スイッチ入れても、何も乗ってなければ発熱しません。反応しない材質の物を乗せても、
同様です。・・・そして、その内(1分以内)勝手に切れてしまいます。
 これが、誘導コイルと言う物で、直接、熱を発生するヒーターと違う所です。
 熱を発生させるには、金属(調理が目的ですから、金属の鍋)が必要という訳です。
 鉄・ホーロー・ステンレス鍋に反応します。
 熱効率の良い順でもあります。磁石がくっつく物に、良く反応します。

※ステンレス鍋(キッチンの中で、分けた言い方をする事は少ないですが)
 有磁性(磁石がくっつく)18-0・・・こちらが良く反応します。
 非磁性(磁石がくっつかない)18-8 18-10・・・ニッケルが含有され、上質ではありますが、
       反応しなかったり、反応が弱かったりします。
 厚さが、0.8ミリ以下の薄い物 (ボウルなど) なら、良く反応しますが、
普通の調理目的の火力での使用では 傷みます。「保温」くらいの一番弱い
          火力でなら、湯煎の代わりに、直接バター、 チョコレートなど溶かすのには、
          好都合です。

※ホーロー鍋
 空焼き、強火力で使用すると、ホーロー質が溶けて、トッププレートを傷める事があります。
底面にホーロー加工した魚焼き器は、溶けやすいので使わないで下さい。
 多分、どのメーカーの物も、加熱スイッチは、中位の火力で入るので、それ以上強くしなければ、
ほとんど大丈夫と思います。反応は良いです。

 鍋底の直径が、12~26センチ(大人の手を、いっぱいにひろげた親指の先から、小指の先
までの寸法の、一回り小さい物から、一回り大きいくらいまで)、平らで、プレートにぴったり乗る
形状の物が良いです。

 3口調理口のある、カウンター組み込みタイプの物には、標準仕様での、便利機能があります。

 全口それぞれ、タイマー設定できます。(1分~9時間くらいまで)グリル部(1分~30分)
 冬場に多くなる、煮込み料理にはとっても重宝します。設定しておけば、うっかり、他の事に気を
とられていても、勝手に止まってくれます。一番火力の弱い「保温」キーを選べば、沸騰しない火力
設定されてますから、良い具合に味滲み込みできます。

 揚げ物温度設定できます。(140~200度、10度刻みで)
 付属の専用鍋と、一定量の油(センサーのタイプにより、200~500グラム以上)を使い、温度を
決めれば、ほぼその温度を保ちます。ですから、黒こげ状態になる事は、まずありません。こんがり
色がつき、ふわーり浮き上がってきます。
 これが、IHならではですが、油飛び跳ねを防ぐのに、紙を衝立状に立てたり、鍋周りに布巾を
広げておいても大丈夫なのです。直火でない為、燃えません。
 とはいっても、他の加熱方法と同様、揚げ物中には、キッチンから離れないで下さいね!

※鍋底に、何やら敷くのは、レッドカードです!熱効率がおちたり、センサーがうまく働かない事が
あります。
 プレート汚れ防止シートなる物も、同様に考えて下さい。
・・・説明に伺った時点で、既に、汚れ防止シートを購入されている、とても用意の良い方がいらっしゃいます。胸が痛みますが、使わないで欲しい事を必ず伝えています。せっかく購入されたのに、
ポイするのはもったいないですから、カウンター上での鍋敷きにしたらどうでしょう。

 グリルは両面焼きです。ひっくり返さなくて良いのです。そして、自動魚焼き機能付きです。
(購入金額をはずめば、もっともっと多機能!他の食材調理メニューあり、温度設定できるオーブン
の様に使え、内部汚れを自動空焼きする機能もあります。)
 勿論、自分の好みで、火力を決め、時間設定して、オーブントースターの感覚で使えます。

 トップは、結晶化ガラスという、強い材質のガラスです。
 トップ上で、鍋をずらしても大丈夫。陶器の底で、ズリズリこすると傷つきます。
 洗剤使って汚れの拭き掃除でも、取れない頑固汚れは、クリーム状クレンザーとラップフィルム
で、グリグリこすれば取れちゃいます。アルミホイルでもOKです。お掃除も簡単です。

 オールメタルという、本来のIHでは使えなかった、アルミ、銅鍋、場合によっては、多種金属が
層になっている事で使えなかった、多層鍋という物も使えるという、特別なコイルの物もありますが、
このタイプについては、後日詳しく。

 今回は、あえて本来のIHでの事柄です。
アルミ鍋は発熱しません。が、アルミホイル、レトルト食品のパックなど、アルミフィルム使用の包装材に入ってる物、これらを、置いてスイッチをいれると、発熱します。これは、材質が、薄いからです。
 金属の材質だけでなく、厚さも関係しています。

 私の娘は、結婚祝いに頂いた、100V 15Aの普通のコンセントにつないで使用できる、卓上型
の物を、常にキッチンカウンターのガス調理器の隣りに置いて、煮込みや、温めなどに、タイマーが使える為、重宝している様です。揚げ物も、温度設定できるし、飛び散りもガードしやすい為、案外おっくうがらずにメニューに加えています。
 このような物で、体験してみてから、メインの調理器として、採用するのも一考ですね。
 電気炊飯器くらいの価格で、購入できると思います。

※数字的な事は、パナソニックの商品を参考に、案内しています。


IHクッキングヒーター (浸透編) その2

 IH (Induction Heating) とは、日本語なら、電磁誘導加熱調理器。

 ガラストップの下に、磁力発生コイルというのがあって、ここに電気が流れると、磁力線が発生し、
この磁力線が、金属製の鍋を通る時、渦電流というものが誘導され、鍋(金属)の電気抵抗により
発生する熱を利用して加熱されます。
 直接、熱を発生するヒーターが仕組まれている、電気ヒーター、ハロゲンヒーターと違い、金属の
性質が関わる事で、はじめてその金属側に、熱が発生します。
 その為、スイッチを入れても、布や紙は熱くも、温かくもなりませんし、手でさわっても熱を持
ちません。

 こんな仕組みで、熱を生み出し調理するという、今までなかった過熱方式です。ところが、
「電磁誘導」この過熱方式の言葉が、誤解をされる原因になってしまった様です。

「身体によろしくない電磁波を、生み出す調理器!」
「IHは、多量に電磁波を生じる、危険な調理道具!」
「IHは、危険!」っていう本までが、巷に出現しました。
・・・この時も、行く先々で問われたり、心配されたりしました。

・電磁波は、太陽光線、電波など、自然界に普通に存在している物なんですって!
・電気を、熱や、動力に変換するところには、必ず電磁波が発生します。
・電車、エレベーターなどが、動く時もです。
・家庭にある、全ての電気製品も、使っている時は、電磁波が出ています。
IHも、そんな電気製品の一つです。

・・・IHクッキングヒーター使用時に生じる電磁波は、国際的なガイドラインを、大きく下回っていると
と言う事です。

 磁界の公式な単位は、「T」テスラ。一般によく使われるのは、「mG」ミリガウスだそうです。
※1T=10,000G
公式の報告書にデータが、数値で公表もされてますので、心配な方は、じっくり確認して見て下さい。

 IHに、特別の贔屓をしている訳ではないのですが、誤解されたまま、選択肢の中に加えてもらえないのは、とても残念な事なので、弁護してみました。良い所いっぱいありますから、次の機会に!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。