スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「祭り」は見るより参加だね!

今年は『お祭り』に縁があった。
去年までは、参加する伝手も、方法も知らずただの見物人だったというのに。

きっかけは、去年の、もう秋祭りの時期も過ぎた11月頃。
「手話教室」の仲間達とのお喋りから。
私が、「お祭りの装束が格好良くて、憧れている」と、話したところ、
一人のお姐さんが「いっぱい持ってるから着させてあげる」と言ってくれて、
今年の秋祭りには、”粋”な格好をさせて貰えることになった。

初めての祭りへの参加になる!
一年前から、楽しみに待つことになった。

すると、今年の夏。
学校に「高円寺阿波踊り」ボランティアの募集があって、教務の先生からお誘いを受けた。
お祭り好きの私にはもってこいのお手伝い!と参加を決めた。
この祭りは有名だから前から知ってはいたけれど、住まいからは近くないし、
人出が凄いんだろうと予想できたから、生で見物した事も無かった。

多少障害のあるお祭りが好きな陽気な人達と、お互いが迷子にならない様見守りながら踊り歩く楽しいものだった。
お蔭で、地域的にはちょいとよそ者が、いきなり祭りに参加できたってわけ。
さすが、伝統もある大きい祭りらしく、見物人がいっぱいだった。
商店街の路地風道路では、飲んでる人のジョッキに手が届きそうなくらい、踊り手と見物人が近かった。
近くには『歌舞伎連』やら、『天狗連』とか、衣装も化粧も粋に決まって、踊りもばっちりって感じのグループが躍っていて、盛り上がる。

杉並の方達が、フレンドリーなのか、理解がある方が多い地域なのか、私達の『連』には、笑顔で声援してくれる人達がいっぱいいて、思わず「ありがとう!!!」なんて言いながら、多分所作は決まっちゃいないんだろうけど、気分良く踊り歩いた。
祭りは見るんじゃなくて、参加してこそ元気になる事が良く分かった。

一緒に参加された二人の先生と、学生3人(私も学生組です)と卒業生の一人、『連』についてビデオを回して下さった先生がいらして、盛り上がり会と相成った。
学生二人はまだ10代(若いねー!)散会にしようとしたら、一緒に盛り上がりたいというので、彼女らは「ジュース」で乾杯。
学校の先生だから、もしもうっかりってことをしてしまって、ばれたりしたら、御咎めは一社会人の何十倍にもなってしまうでしょうから、ここは諦めて貰った。

思わぬ楽しい「祭り」に参加できた今年夏となった。

そして9月
今の私にとっての地元の秋祭り。
これも、子どもの頃から地元の人とは違い、よそ者なので、どう参加するのか術がわからず、ずっと見物人だった。

去年12月に隣組の行事として、「寄席見物」が計画されていた。「落語聞きたい!行きたい!」
けど、自分達が対象になるのかわからない。
問い合わせてみた。
OKだったから、参加した。
昔から関係の有った人達のコミュニティーができあがっていて、新人入会という雰囲気になった。
足許が心配くらいな方もいらして、フットワークよろしく動ける人を募っているらしく、まだまだ動けそうな私は、いつの間にか準役員になっていた。
それで、新年会、春の宴などお誘いがあって、お祭りは事前準備から駆り出されて、いかにも急にお祭り要員となった次第。

土日共、お手伝いがあって、初めて太鼓を叩きながら町内を練り歩く経験もしたのだった。
学校では「最年長」だけど、ここでは「若手」なんですって!
若手はこっち手伝って!!!と言われた。

そして、9月最終週の土・日曜日
後期試験の真っ最中だけど、祭りは去年から予約してることだから、こっちが優先。
とはいえ、さすがに日曜はパスして土曜日だけにした。
件のお祭り地域の、祭り装束着けて参加。
初めての「パッチ」・・・さて、穿き方がわかりません。
口紅は赤くくっきりさせて!と、「赤い紅」を貸して貰って、
袢纏は片袖脱いで、腰に挟み、足には足袋はいて、雪駄をはいて
すっかりお姐さんにお願いしてしまった。
神輿も担がせてもらったが、これ又担ぎ方の手がある事を知った。
祭りにはいろんな決め事があるものだ。だからこそ『粋』なのかしら?

そんなことで、今年一気におまつりに参加した私であった。
スポンサーサイト

4月8日の入学式

4月8日月曜日
この日が『入学式』だった小学校は全国的に多かったでしょう。
私の初めての孫も晴れて1年生になりました。
感慨も一入だった。

6年前の4月
バリバリ仕事しなきゃいけない娘のベビーなので、ハイハイもおぼつかない頃から、『保育園』のお世話になることに。
その当時はフルタイムでの仕事中だった私ではあったが、都合のつく限り、お迎えに行って子守したり、ご飯作ったり、絵本読んで聞かせたり、お絵かきしたり、歌ったり・・・
自分の子育ての時よりは、気持ちに余裕があるからか、孫は可愛くて愛おしくて一緒に過ごすのが楽しい存在だった。

歩けるようになって、2年違いの妹ができて、その子もお願いすることになって、二人一緒に連れ帰る様になって・・・
一時は、下の子をおんぶしたり、抱っこ帯に入れると、まだ2歳3歳になりたての兄は、自分もだっこやおんぶして欲しくて泣かれて困ったのも、今では懐かしい思い出。

年長クラスになると、『運動会』などの園行事の時の手伝いや、日常の園の生活での『お昼寝』は、下のクラスの子達をとんとんしてあげて、お昼寝させる側になり、みんなのお兄さんお姉さん役となっているのを知って、頼もしく成長したことを嬉しく思った。
ある日は、給食室の調理の方から「食材の栄養や働き」を教わって、他の子供たちに伝える『給食当番』という役目があるというの言うのを知って、良い取り組みと感心した。

仕事ができるくらい元気な私が近くに住み、まあまあ近距離にお住まいの、あちらのお母様も協力して下さったりと、比較的好条件はあったものの、毎日の送り迎えの娘夫婦もよく頑張った。
保育園の保育の先生方や、栄養士調理師の方々、看護師さん、たくさんの方々にお世話になって、この日を迎えるまでになった事をありがたいと思う。

そして、晴れの『入学式
桜のトンネルをくぐって・・・というのが、私や子供達の頃の入学式の定番の絵柄だったが、今年は超早々と咲いてしまい、緑の新芽を覗かせて葉桜になりつつあった。
これはこれで、新しい始まりに『芽吹き』が見えるという幸先の良い状況を示唆してると思えば嬉しくもあった。
朝方はやや冷たい風だったが、前日のような強風もなく、穏やかに晴れて、絶好の春日和も『お祝いの日』を後押ししてくれた。
この日は、あちらのご両親も駆けつけて下さり、今の所、杖の世話にもならずにすんでいる祖父祖母達の笑顔を添えての記念写真が撮れた。
こんな幸せな日があったと言う事を、大事に思う。

『式』の中でとても微笑ましく、ステキと思ったこと!!!
校長先生、来賓の方々、先輩6年生などなど、お祝いを言って下さると、その度『ありがとうございます』と返事をしている新入生。
代表で前に出て話しかける先生達の呼びかけにも『はい』など、絶妙にすんなり返事の声が出るのだ。
これはステキ!!!
大人の講演会など、代表で前に出て話してる人の話しかけ、呼びかけに何人の人が声を出して返事するだろうか?うなずく事くらいはしても、声で反応することはほとんどない。
いつ位から人は大勢の中で、返答の反応を現さなくなるのかしら?

入場は、上級生のお姉さんお兄さんたちに引率されて、通路を緊張した面持ちだったが、退場時は、お母さんお父さんにはにかみながらも手を振る余裕を見せてる子等がいて、それも可愛くてほほえましい情景だった。

二クラスあって、名簿を見て唸ってしまいそうだった。
同じ保育園からの子供達は、名前を聞くと顔が浮かんでくるのだが、どんな『字』を書くのかは気にしたことがなかった。
難しい。ほとんどのお子さんの名前も、読み仮名無しでは読めそうにない。
それと、私の頃には名前の音や字面から、女の子か男の子かが察しがついたが、これも分からない。
先生も戸惑う事だろうなーなんて思った。

教室の確認をしてから、私は先に出て保育園に預けてる妹を迎えに行って、みんなでお昼を食べながら、
新一年生』の感想を聞いて楽しんだ。
先生は、若くて可愛い系の女性。
さすが、男の子!
「嬉しい?」って聞くと、にやけ顔になって、『うん!』って。
こんな頃から、男の子は可愛い子にぞっこんなんだ!!!と、おかしかった。
先生の名前を聞くと『・・・』覚えてないらしい?
保育園の妹の方は、4月からクラスも担任も変わったわけだけれど、すんなり名前を告げ、新しく女の子と男の子が入ってきたと言って、その二人の名前もフルネームで教えてくれた。

子供の個性もあるし、性別の特徴もあるのでしょうか?
幸せな1日でした。

今年のバレンタインチョコ

今年のバレンタインデーは、ちょこっと参加
気まぐれに買ってみた「チョコ」
どうしようか?自分の為に食べようか?いやいやせっかくだから誰かにあげたい。

思いついたのは、お世話になった事に対しての「感謝を伝える日」として利用することに。
大仰にお礼をするのは、返って気を遣わせてしまう様だとまずいなーなんて思ってる人が丁度二人いた。
チョコっと贈り物をし合う日みたいな雰囲気もある「バレンタインデー」のチョコに託して、お礼のメッセージと思ってもらえたらいいなと考えたのだが・・・

そう思ってもらえます様に!と願って、実行してみた。

今は私の担当曜日ではないのだけれど、利用者さんで絵を描くおじいちゃまがいらして、地元の神社に所縁ある方でもあって、祭りに誘って下さったので、娘の子供達を連れて「お神輿」を見に行ったら、子供神輿の綱を引かせて下さり、お菓子を頂けて喜んだ。
今年になっては、担当日のスタッフに託して、孫にと「大井川鉄道のSL」カレンダーを下さった。男の子は乗物が大好きなので、喜んだ。
何かお礼したいけれど、どんな風にしたら失礼で無く、大げさでなくできるのかしら?と考えていた。
仕事の朝、お世話をされてる娘さんにばったり出会い、お礼は申し上げたのだが・・・

そうだ!
本命日よりイブの方が良いかな?と、昨日仕事後、孫を保育園に迎えに行って、その足で一緒に渡しに行った。
「入浴中」とのことで、娘さんが代わりに受け取って下さり、すぐお暇した。
とりあえず、一方的かもしれないけれど、宿題を済ませた気分になってる。

もう一つは今日。
月に二回ある「民謡クラブ」の練習日。
「さんさしぐれ」では扇を使うのだが、積極的に買いに行く事なく、たくさんお持ちの方から貸して頂けることに甘えていたら、前回貸して下さった方が「たくさん持ってるから」と、使わないという一本を下さったのだ。
この方に差し上げる事にした。
パッケージが地味なんだけれど、試食ができ美味しかったし、「中にダイヤモンドが入ってるのがあります」という。宝くじくらい当りに出会うのは難しいはずだけど、この一言で決めた代物。
「バレンタインのチョコなんて、頂くのは初めて」と喜んで下さった。
今どきの人達は、友チョコとか?いって、女性同士で「友達でいようね」的に贈り合うってこともあるってことだけど、私より年配の女性だから、贈ることはあっても、贈られることはなかったかもね?

これで一応、自分中心に宿題済ませた気分になってる。
自分で食べちゃうよりは、役にたったのではと思ってるのだが。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。