スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二年生になりました!

 この4月の2日から学校が始まり、2年生になりました。
 入学が決まった昨年、お祝いをしてくれるという友人達に、2年間やり通せるかどうかわからないから、無事卒業できたら祝って!!!とお願いしている。

 「1年が経つのは早かった」と、言えばいえるが、楽しい事も辛い事も含めて、初体験の事柄もたくさんあって、中身の厚い濃い1年間だった。
何が不安かというと、『体の健康維持』
若くないということは、この事が一番の心配事である。

『精神的には大丈夫』と、言えそう。
同世代だったら、この状況辛いだろうなと感じた事はたくさんある。
何しろ女子校。これも初体験。

仲間外れ辛いよ。
 でも、初めからジェネレーションギャップあって当然。分かってもらえない事、分からない事いっぱいあるでしょうから、一人孤立も仕方ないと思って臨んだ。
それでも、その時、同空間にいるのはあんまり気分の良いものではない。

 例えば、学校と駅までの行き帰り道、仲良し組と同じ道を歩く事になった時。
知らない人達ではないから、黙りこくって歩くのも嫌だし、急いでる訳でもないのに追い越しちゃうのもどうだろう?なんて、どうでもいい事で考えることになる。
 一応、差しさわりの無い事や、学校での出来事など話しかけてみたりする。こんな時社交辞令的であってもいいのに、自分達の空間に入れようとしない。
 誰とでも通じるその場の話題に付き合えるのも、大人として必要な要素と思う。
 又子ども達の保護者の方々」と話すこともあるのだから、ちょっとした社会勉強と思うが、受け入れない二人組がいて、この二人の事は諦めた。
 様子を見て、少し距離をおくか、「お先にね」と、ひと声掛けて追い越すことにした。
 
お昼お弁当の時間
 誰彼となく、窓側に7~8人くらいが給食時間の時の様に机を向かい合わせにして、食べる様になった。
煮物など多めに作って持って行くこともあるし、お菓子が回ってくることもある。
好い感じで過ごしていたが、決まった少人数で固まりたがる強い勢力が発生して、お隣さんを決めてしまい、どう並んでも構わなかった頃の愉しさは消えた。

 何かあれば声掛けあっていると思っていた(40代以上)おねえさん仲間がある。どうもその内の一人の彼女が仕切ると、私は除外されているように感じることがある。
 ピアノ試験前、ホールのグランドピアノが、3人以上でのグループ申込みをすれば借りられるので、声を掛け合って練習グループを作るのだが、この頃までは何かといつも声掛けてくれてたKさんが、○○様と言ってアガメテル?この彼女とぴったり状態になってから、声掛けてくれなくなってしまった。
 ピアノのグループレッスンの人達に「練習しよう!」と声をかけたが良い返事がなく諦めてたら、他の人から、直前に「今日練習するよ」と聞いて、行ってみたら二人はしっかり存在してた。
 一週間の期末試験が終わった時のランチも、当然誘われてると思ってたらしい他の人から「今日行くでしょ!?」と誘われて、じゃあと行ってみたらこの二人は既にいた。
こんな事がちょくちょく起きる様になった。
 群れるのはあまり好まないが、その場の雰囲気が楽しくありたいので、人にバリアを作らないようにしていると思っているのに、やりにくい雰囲気になることがある。

 あんまり気分の良い事でないこともあるが、そんな時は、学校に通って学んでいてステキと思う事に考えを持って行くようにし、引きずらないようにしてきた。

 どこに行ってもチョイと意地悪な人はいるし、わざと群れて仲間外れにしたがりの人もいる。自分がそうでない人になればいい。と思えるのもいっぱい人生を過ごしてきたからで、若かったら違うかもと思う。

 勿論楽しい有意義な事の方がたくさんあるから、全体として貴重な学生生活を心からありがたく思い、幸せなことと思っている。
 辛く厳しい3つの実習をクリアして、一年間は無遅刻無欠席で通せた。

 二年生の今年も病気をしないで、怪我をしないで、家族に辛いことが起きない様に、無事に過ごせる様に願っている。
 今年は2つ実習があって、これをこなせば完了となる。

 無事卒業して、得られた資格を生かして仕事ができることを祈って、新年度が始まった。

『神様お願いです』私のこの願い叶えて下さいませという心境です。
スポンサーサイト

今年の目標年賀状

2015 未・年賀状


去年は、気持ちはあったのですが、なかなか書けなくってご無沙汰ばかりで残念でした。
それなのに、毎日の様に訪問して下さる方があったり、毎日何人かの方々が見て下さってるのを知って、嬉しい気持ちになって、書こうかなーって思いながら、今日の日が終わってしまいそうな時間になってしまうのです。

毎日、若い人達と一緒に授業を受け、試験を受け、実習をして・・・と、容赦ないので、健康の為、その日のうちに布団に入るのを目標にしているのです。

4日で9日間の冬休みが終わり、各教科の後期試験、ピアノ(これが大苦労。右と左の連携がすこぶる悪くて、大変たらありません。初心者と言ってても若い人は弾けるようになるのが早い!)演奏も。

終わるとすぐ幼稚園実習(今回はピアノも引かねばならない!・・・うぅーん・・・)
現在、私には『音楽の神様』に見える先生が、特訓して下さり、易しくなってる楽譜を更に左手を優しくしてくださったというのに(トホホ状態です)
何しろ、私が頑張って練習して、物にするしかないのですから!!!
先生に、間違えずに弾けるようになって、恩返ししたい気持ちは抱えきれないくらいあるのです!が・・・

一週間空けて、次は保育園実習が待ってます。
心の準備だけでなく、遊びの中から学びを生み出せる様な遊びを準備しなきゃと思うと、うぅーん忙しい!!!

充実した毎日です。

えー!夏休み最終日となりました

何てことでしょう
7月最終週から始まった夏休み
たっぷりあると思ってたけど、もはや今日は最終日
こんなはずじゃ・・・最後の日まで『宿題』をまとめるのに忙しかった。

宿題出すことを面白がってるんじゃないかという、ちょと風変りな先生がいるんだね、これが。
もはやたくさんレポート提出させられたけど、一つも戻ってこない。

150人くらいに課してるんだから、見る方も大変だと思う。
ちゃんとひとり一人の書き上げたもの読んでくれてるかしら???
夏休み用にこれまた、たっぷり用意されてて、うんざり。

1:植物栽培
花でも野菜でもいいから、植物の種から栽培し、詠歌観察し写真を添えて提出。
野菜なら収穫したもので料理を作る。

2:動物園か水族館へ行く。
園児を連れて行くことを想定して、計画書を書く。

3:科学実験をする。
シャボン玉をつくる、
配合や混合させるものによって発色は変わるか?とか、
シャボン玉を長くキープするにはどうしたらいいか?など。

4:園児を生活圏内の公園へ連れて行くことを考えて地図を作れ。

どれか一つじゃなく、全部!

特に、植物栽培は6月に種まきをしたゴーヤが、先週やっと収穫できたが、小さい!!!私はお店で商品として売られていない、完熟してオレンジ色になった物で作りたい物があるから、一つ目は今冷凍させてある。
宿題じゃなくても、緑がないと落ち着かないので、毎年何かしら育てはいる。
芽が出た長芋を埋めておくと春になるとつるが伸びて、「むかご」ができる。
私の本来の目的「緑のカーテン」で日差し除けをしたくて去年は苗を買ってきてゴーヤを植えた。
今年はその実の種を蒔いたものだから、条件悪い。
まして、狭いベランダの鉢植え。
記録の為写真も撮ったりで、早々にはできない宿題なのだ。

7月の一週間は、
家庭事情で退学の友人とさよならランチ。
私に、この専門学校を紹介してくれたここの卒業生の方訪問。
ピアノ特別夏期講習の一回目。
仕事は入れなかったから、宿題しちゃおう!と、休み前には思った。
が、なんせ毎日暑かった。
グッタリ状態で、じっくり勉強に取り組む心境になれなかったが、宿題ではないのに、「パネルシアター」作品はやる気満々になって作り上げた。

8月は週に2~3日仕事を入れた。
所属してる派遣会社から夏休みを待ちかねていたらしく、オファーがあったので、受けた。
そうしたら、毎週通ってる手話講習会のメンバーの方から、区の福祉センターでの仕事を紹介された。先に仕事受けてしまっていたけど、最終週は宿題仕上げをするつもりで一日しか入れてなかったから、そこでこの仕事を受ける事にした。

初旬に娘家族と「万座温泉」に一泊。
翌週クラスメートと「奥秋川」にキャンプでバンガローに一泊。

他の先生からの宿題もあった。
保育に関する本を読んでの感想文。
子どもの詩を読んで感想文。
お手玉遊びの為のお手玉作り。

おまけに、部活の出し物で着用のロングスカート縫わねばならず、これは誰もやってくれる人がいなくて、2年生からは一年生は衣装作りしておくようにという伝言があり、自分たちは施設実習で忙しく不在がちという理由。
安く布が買えるという、「日暮里」に2回行くことになって、歩き回り材料調達して、そんでもって縫うのも私!?

下旬高円寺の阿波踊りにボランティアで参加して、初めて踊った。
その後の、誘って下さった先生方三人と、一緒に参加したいい感じの二人の若者と、リラックスしてお喋りできて、何だか距離が近づいたような心持になれた。

ピアノの特別講習には、毎週通ったことで、ちょっとまともになってきたと思う。

振り返ってみたら、結構充実した夏休みだった。

明日はお弁当持って、宿題もって、部活の衣装持って、久しぶりのクラス皆に会えるはず。

保育専門学校に入学しました!

桜咲く今月の2日入学式があり、保育専門学校の学生としての生活が始まった。

名簿順で編成されたクラスは、56人づつの2クラス。
私は1年A組
その約3分の1が社会人経験してからの人、大学で学んだ後専門分野として保育を学ぼうと入学した人。
どう見ても私が最年長だけど、気持ち年令二十歳!よろしくね!で通してる。
お弁当の時間も楽しい。あちこちから「お菓子」が回ってきたり、おすそ分けしたり。

やはり保育補助として幼稚園で仕事をしていた「K」さんが凄くいい!!!
若いけど40代に突入してるという。
元気!明るい!積極的!
これが、自分よがりじゃないってところが、さすが仕事をしてきたり、経験子育て経験ある大人だから、周りへの気遣いが感じられる。
グループ分けだとか、お昼タイムなど、はぐれがちの人にスッと声をかけて引き入れる。
18歳とも、私とも、誰とでも。今どきの風潮だろうが、音楽、ファッション何でも。
どんな話題でもうまくやりとりして、ポンポン会話が進む。
すてきなムードメーカーである。

授業にも積極的で、分からない所はすぐに質問するし、意見も言う。
みんなにも良い影響があると思う。

必要性を感じて勉強し直そうとしてる人が多いせいもあるけれど、授業態度が思ってたより断然良い!!!
やたらたくさんのプリントを渡されて、『内容をまとめて考察せよ。』というレポートを毎回書かせる先生がいる。うんざりしながらも、休み時間、空の時間じゃやりきれず、当然家に持ち帰り、A4という指定用紙7枚8枚書くことになる。
私はかなりの時間を費やして書き上げているから、みんなどうしてるのかしら?なんて思うのだが、ちゃんと期限に提出してる。宿題提出は当たり前かもしれないけれど、こんなにちゃんとやってくるのに感心してる。

この学校を卒業したばかりの、40代子育て中のママから話を聞いたことで、
”保育士目指して”ちゃんと体系だった勉強がしたい!と思って入学を決めたけれど、若さはち切れんばかりのピチピチお嬢さん達の中で、どんな学園生活になるかは想像できず、どうなることやら?という思いがあった。

仕事より断然楽しい。(当たり前!?!)
若い可愛い人達と過ごせるのは嬉しい。
パワーがもらえる。
休むなんて勿体なくてできない。

ピアノのレッスンには苦慮してますが・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。