スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「D」の憂鬱・・・これってただの愚痴?

先日、とってもお役立ちなビタミン「D」の事紹介したところだというのに・・・
本日の「D」は私にとって、とっても厄介な「D」のこと(しょんぼり)

こんな事で憂鬱ってのがとっても「嫌!」
だけど、憂鬱。
どっちでもいいようなこまいことで、何やかやと言ってくる、すごく苦手なスタッフがいる。
どこに行っても、どこにあっても、人が複数いれば「苦手」な人はいるものと心得ているんだけれど・・・
苦手意識を持ってしまってはマズイとは思いながらも、何かと絡んでくるから、その都度気分の悪い思いになる。


どうもここでの年季としては、3年くらい先輩だという事が最近分かった。
私としては、「上から発言」で、感じ悪いけど、後輩だから知らない事もいっぱいあるし、ここの「ルール」なら聞くしかないと思ってきたけれど・・・
(違うのでは!!!)と思うことがほとんど。

利用者さんの為とか、介護に携わる人としての心得とかではない。

お茶の時間、その場にいるスタッフも、時として話に仲間入りする。
この時「私何でも知ってます」的に、グイグイ入り込んでの自論発言が気になる。
人生の先輩方相手に、なかなかの自信家なのである。
自分が目立ちたいが為?
あなたが主役じゃなく、皆さんを繋ぐ役目でしょ!と思う。
”話上手は聞き上手”私達は「黒衣」のような役割なのでは!?とも思う。
まあ、これは「利用者のみなさん」が「よし!」として下さるなら良いのかもしれない。


「利用者さんがトイレを利用したら、必ずチェックし、掃除して!」
と言われ、(なるほど)と思って努めている。
しかし、「D」がトイレ掃除してるのを見たことない。

トイレに関しては、もっと苦い苦い思いがある。
私が臨時で入った時の、高齢で、伝い歩きの利用者さんをこの人が介助した時、入口までお連れしただけで、後の見守りも、声かけもせず、全く知らんぷり状態だった。
他の人の介助を終えた私が、(なかなか出てこないけど変だな?)と、声をかけると中で大惨事になっていた。
既に出てしまってたのを、(これは、連れて行った時点で気付いているはず!)つかまっていない側の片手で下すしかなく、大事な所だけでなく、着衣から、手、腕までも汚れてしまってた。その手であちこち触ったから後の掃除も随分手間だった。

着替えと、その方の体部分を洗い流す為のお湯を「D」に持ってきてと頼み、私が洗って差し上げた。
着替えを持って中に入ってきて、ばかでっかい声で「私が軽く洗っておきますから、家に帰って家の方に洗ってもらってくださいね!着替えはお貸ししますから…云々」と私の耳元でがなり立てた。私が「連絡帳に書いておくから」と言ってるのに、「この利用者さんは耳が遠いから」と言って、でか声でがなった。

この事は、ここのケアマネさんに伝えたが、本人に注意してくれたかは不明。
私が言おうものなら、すごい仏頂面して不機嫌になるのが分かっているから、然るべき人から注意してもらいたかった。以前、ちょっとした事を提案したら凄い顔で睨んできた経緯があって、苦手に拍車がかかってる私。

この事が原因かどうかは知らないが、この利用者さんはこの日以来ずっとお休みされてるそうだ。

こんな事件の後「D」は、まことしやかに、「トイレで大変な事態になった時、他の利用者さんから目立たない様、守ってあげる為にも、カーテンなどつけて仕切ってはどうか!」と提案したとの事で、後日そうなった。
(あんたのでか声の方がよっぽど目立って、まわりの人達に聞こえてしまってるわよ!)と思った。

これも、「Dさんの声はよく聞こえる」と言っている利用者さんもあり、重宝な面もあるかもしれず、これについては、(何も言うまい。気にすまい)と、思うよう努力を続けている。
所長も「地声は人それぞれ」と容認。
(声質は仕方ないが、トーンは自分で調整可能と私は思ってる)
この努力は無駄ではないようで、最初の頃頭がクラッとすることさえあったが、少し慣れてきた。

第一スタッフ間の連携が悪かったり、増してや「仲違い」などしてたら、利用者さんにとっては大迷惑な事だからと心に言い聞かせている。今までは何とか平静をキープ。

こちらが言う事を聞けば聞く程、「どっちでもいいじゃん」ってことまで、「やれ!」的に言ってくる。私が利用者さんの連絡帳などへの書き物をしてる時などに、すり寄ってきて、「このやり方はダメ」「こうして!ああして!」てな具合に指示してくる。他のスタッフの前では言わない。という事も気に入らない。

昨日は、二重の手間になるし、両方に記入した所で誰の利益にもならず、早い話が「時間と手間の無駄」な書き込みだし、「責任者のYさんからの指示だったし、これをどんな事に使ってますか?」と聞くと、「これは申し送り事項だから!」と返してきた。
これについては、私が手を抜いたわけでなく、このやり方でいいというからしたことだった。
私にいちゃもんつけたいだけとしか思えない。
当然気分めちゃくちゃ悪い。
こんなことで気分悪くしてる自分にも腹立たしい。

「D」のずるいことは多々ある。
昼の切り替えの時、次の利用者さん達から預かってるシューズ類を、いつも袋から出さず積み上げたまま。
「何か意味があるの?」と聞くと、「来てから出せばいいと思って」という、只の面倒がり的な返事が返ってきた。
以前私が気を利かせてやっていた事柄を、「利用者さんの自立支援の場所なんだから、しなくていい」と言い放ったくらいだから、何か考えがあるかと思いきや、返事がこれであった。

むくれるのは承知で、「続いて来られるから、込み合うし、先に出しておいた方がいんじゃないですか!」と言うと、案の定だった。
このタイミングで言った事で、言った私もしてやったりでなく、張り合ってる感があって、気分が悪くてならなかった。
「D」は切り替え時の片づけと次の人達の準備が業務なのである。それをいつもしてないから、私が、何も言わずに出して並べていた。
気がついた人がすれば良いと思っていたからだが、「D」は、彼女が勝手に私の業務だと思ってる事を、してなかったりしたらすぐに「やってない」と忠告にくる。

この事は責任者に確かめると、二重手間の件もシューズの件も「人によってやり方がそれぞれで、申し送り事項ではない」とすっきりしない返事。
若い責任者に、これ以上言っても仕方ないし、(だから年輩女は面倒なんだよ)と思われるだけとしたらしゃくだし、一旦これでやーめた。

この「D」って一体何者?誰も何も言わず、朝のミーティングで、「D」が関わってる件で議題になった事柄があるが、責任者的な立場の人達は、遠回しな言い方(これを大人の言い方というのかしら?)なので、本人はどうも自分の事とは思わない様子(トホホ・・・この人に関わってしまった側はここで更に疲れる結末となる)

こんな人のこと、他のスタッフに言ったところでラチがあくわけでなし、今は、もし「D」寄りのコメントなどされたりしたらよけい気が重くなるだけと、我慢して家に持ち帰ったものの爆発して、書かずにはいられない気分になってしまった。

あーこんなくだらない事で気分を害してる自分に腹が立つ。
この憂鬱を、スマートに解決するにはどうしたらいいんだろう???

なるべく「D」の良い所を見つける努力をして、気分を相殺してきたけれど、・・・
願わくば私に絡んで来ないでほしい。私あなたに何もしませんから。
スポンサーサイト

そうか!今日だったんだ!!!

今日だったんだ。
ロンドン五輪のメダリスト達が銀座中央通りをパレードするっていうので、行きたい!と思ってたのに、すっかり忘れてた。
夕刊を見て思い出した。
今日は午前中から、自分の予定通りにはいかない日になってしまってた。

最寄の医院に定期健診の結果を聞きに行って、その帰り図書館で本を読んでいた。
ここまでは自分のスケジュール通り。
ここに娘からの電話。(やな予感)
「子供が39度の発熱で保育園から連絡があったから行って欲しい」というもの。
あわてて、一旦家に戻り、娘の家に行き、診察券など持って保育園に急いだ。
教務室で元気なく横たわっていて、ハラハラした。
自転車には乗れないので、徒歩の私。
途中自販機で「スポーツ飲料」を買って、病院までおんぶして歩いた。
汗ダクダク。「内科小児科」の表示がある、娘から指定のあった医院のあるビルのエレベーターの前まできたら、汗がポタリポタリ落ちたようで、孫が「雨が降ってきた」という。私の汗だった。汗を拭こうとしたらハンカチがない!
(あー、さっき自販機でお金を取り出すとき落としたんだと気付いた。ショックお気に入りのハンカチだったのに・・・)
お金についても、帰宅した時、なるべく持ち物を減らそうとバッグを取り替えた時、財布を入れ忘れたことにここで気付いた。
それでも、いつも持ち歩く手帳に、緊急事態に備えて忍ばせてる千円札2枚を確認できホッとしたのも束の間。それに気を取られてハンカチを落とした事に気付かなかったようだ。
医院では39.4度。そのわりには「本を読んでくれ」とせがんだり、比較的元気。
一週間前から咳が出る。熱が上がったり下がったりが続いてるのがとても気になる。
抗生物質が出た。
帰りはもうおんぶの気力もなく、「タクシー」に手を挙げた。

急いでご飯食べさせ薬飲ませた。随分元気になった。
すると、「プリンが食べたい」と言い出す。
「よっしゃ作ろう」と、卵割らせたり、牛乳を量らせたり、バニラエッセンスを振り入れる役をさせた。

珍しく3時間も昼寝して「プリン食べる」と言って起きてきた。そしてペロリ食べられた。

こんないちにちだったから、残念なことに、今日は覚えていても「パレード」は見に行くこと不可能だった。
けど、生でメダリストから溢れ出ている「オーラ」を見たかった。
徹夜組もあって、詰めかけた人推定50万人ですって。
やはり駄目だったかな?!

休日は嬉し!

年中無休ってわけじゃないのに・・・それなのに休日が嬉しい!
今月から週3のパートになって、今日は初めての、稼働日なのに私は休日!
週の途中休日は「ホッとタイム」的なくつろぎ感があって嬉しい!
このところ、肩・首が痛くて、腰も痛くて、時にめまい?しんどくてそれでも『行かねば!』と、気持ちにムチ打って仕事していた。

昨日仕事帰り、娘から頼まれて子供達の保育園のお迎えして(勤務先が保育園に近いのも、ここに決めた理由の一つ)我が家に連れ帰り、一緒にホットケーキ作りをして、ご飯食べて、切り紙遊びして、塗り絵して・・・
遊びに夢中になってしまい、うっかり風呂の湯張りしてるの忘れて、気づいたら(あーららら、あふれてた!)
子供達は「プールみたい!」と大喜びで、二人が入ったら『ザザーっ!!!』とお湯がこぼれて大はしゃぎ。
翌日が休みだと思うと、安心して遊ばせられる。

今日は久しぶりに屋上にシーツを干した。
冬場は寒いし、ずっとここが大規模修繕で使えなかったのと、休みの週末に天気が悪い事が多かったのもあったりで、しばらくぶりだった。風が強すぎたのが難点ではあったが、お蔭ですっかり乾いた。
泊まっていった3歳児のオネショ。ヤラレタ~!!!オネショシーツ敷いてたから被害は布団まで及ばなかったものの、大きい物の洗濯は、ベランダに干しきれないから、仕事デイだったら(ムウー)としたかもしれない。

昼下がり(あー今頃は、午後の利用者さんのお迎えで大わらわタイムだなー!)なんて思いながら、ウトウトしちゃった。(あーしあわせ)

洗濯物の取り込みに屋上へ行って、周りを見回すとあちこちに桜の薄いピンクのかたまりがある。
今丁度、それなりに高い建物だった警察署を建て替えの為、取り壊しがあり、今まで視界を遮られてた部分が見える事で、景色が随分違う事に気づかされた。
鐘の塔しか見えなかった教会の建物も、奥まった場所にある桜も見えた!
まわりに学校など大きい敷地もあるせいか?案外と桜が見られる。
ありがたや!

今週末は天気さえ好ければ、きっとあちこち桜の木の下は賑わう事でしょう!!!

今週末は愛知で桜を見てるはず!
若き時の会社でのサークル仲間の同窓会に声がかかり、ちょうど今週末はシフトの関係で3連休!
若い時の仲間は好い!
会ったその瞬間からその時代に戻れる。いいな!友達って!!!
明日は仕事だけど、一日頑張れば心は愛知の友人達に飛べる!

タイトル「キッチンアドバイス訪問記~日々徒然の記」に変更です。

新しいシステムキッチンには、年々歳々機器には新しい機能が組み込まれ、使う人が戸惑うほどです。
そんな事で、お客様がより有効に使っていただけるよう、又、正しく使って頂く為に、その方のキッチンを訪問して、丁寧に説明案内するのが仕事でした。

今、残念ながらその業務はなくなり、関連業種を求めて仕事探しもしましたが、自分の得た知識、資格、経験をそのまま使える仕事に就く事はあきらめました。
そして、今は究極のサービス業と思う「介護の世界」に関わり始めました。
思えば、今まで業界は違えども、ずっと人を相手に仕事をさせて貰ってきたなーって感じています。

介護の勉強をする機会を得た昨秋、病気の兄の役に立てたらという思いがあって、自分から勉強しようとしたものの、当初は仕事にする自信はなく、申し訳なくも、特に意欲もなかったのです。

三か月間、勉強をしている内に、やはり仕事にして関わらないと、学んだことも忘れてしまうし、勉強する機会を得たって事は、やるべき時が来たって事なのかもしれない!なんて思い始めたのです。
少なくとも勉強する機会を得た事は、すごくありがたく、良かった!と思ったのです。「失業ありがとう」とさえ思いました。

携わってる仕事も変わり、時間の経過と、心境の変化もあり、それでも自分の思いなどを綴ってきたこのブログ。ずっと続けようと思うのです。
「キッチン」は食を司る命の原点だから、生きてる限り一番大事な所。関係なくなることはないけれど、この範囲からとび出て、思っている事を書いてるこの頃ですから、タイトルも変更した方が、自然かなと思うのです。
今更ながらですが、変えてみました。

この頃とんと・・・

教室で一緒に、何かとイベント担当した3人で「新年会」
ほかの人達も誘ったけれど、急な日程で急きょ決まったので、すでに仕事に入っている人、すでに計画用事があったりで、みなアウトだった。

お店は会ってから、行き当たりばったりで!というアバウトさで、駅で待ち合わせ。待っている間に、成人式の日だったから、晴れ着の新成人とわかる人達がいて、いつもより華やかで良かった。

三人揃ったところで、どこにしようか?と歩き出すと声がかかり(残念?ナンパじゃなくて、店のキャッチ)そこに決めて案内された。自分達からは決して行きそうにない雰囲気のお店だった。
パープル系の照明。4人テーブル毎、個室っぽくなってる。3杯以上飲むなら「飲み放題の方がお得」と言われてそうした。一品料理はこじゃれた名前が付いていて、ちょい高め。確認しなかった私達がいけないんだけれど、二時間まで。
早い時間に待ち合わせたから、まだ7時台。次のお店に行くことに。
ここでは、この日のお得飲み物になってたサワーを3杯飲みながら、ちょっと食べつつここの方が長く居座ってしまった。というのに、お勘定は一人¥1000でもおつりがあった。えっ、計算間違いでは?

楽しくお喋りしながら飲んだ。
しかし、ここの3杯が私には許容量超えてたみたい。
翌朝、胃のあたりがすっきりしない。足元がよれてる感じ。
前回は教室での一回目の親睦飲み会。
この時の二次会が、大好きカラオケだったからいっぱい歌った!この時のメンバーがアルコール強い人達で、私の「ソフトドリンク」希望は却下されて、「アルコールコース」となり、喉が渇いて、テーブルのアルコールを2、3杯飲んだと思う。この分が多かったという現象が帰宅後に起きて、翌日は足もとが酔っぱらっている感じがあった。
(人はこれを「二日酔い」というのだろうか?)と思った。
だから、その後の飲み会は、アルコールは一時会のみと心に決めて、二次会のカラオケはソフトドリンクにした。
翌日も快調だった。

そもそもアルコールに強い体質でなく、飲んでいる楽しい雰囲気が好きなんだ!って、知ってるのに。
だからか?今まで二日酔い?というか、翌日まで、飲んだことが響くということを知らずにいた。
店を梯子した事がなかったかもしれない。いいや?歌えば更に楽しくて、眠ればそれで、夢からもアルコールからも解放となっていた。

今回辛かったのは、今すんでる建物が昨年から、大規模修繕工事中。この日は、居間側のベランダの防水塗装の日とぶつかったというのがやや不幸。窓は閉めてても塗装の臭いが強くてクラッときた。
部屋でのらり過ごそうと思っていたのに叶わず、しぶしぶ外出することにした。
神田川沿いの公園、庭園、遊歩道しっかり歩いたらすっきりして元気になった。
お蔭で、今の時期の木々の様子を感じる事ができた。

今年の冬が昨年より厳しいと分かったのは「梅の花」
いつもの公園の決まった場所にある梅。毎年日当たりのよい枝には、開いた花をいく輪か付けているというのに、今年はみな蕾のまま。
細川家の別邸のお庭だった「新江戸川公園」の中の紅梅の一本は、特に去年はちょうど今頃の時期だったけれど、半分以上花開いていてびっくりしたくらい。
この木は、このところいつも、年があけてすぐの頃に行くのだが、いつも開いた花をたくさんつけている。
今年、木のすぐそばまで行って、よーくみたけれど一輪も咲いてない。
今年は冷えがきついんだなー、きっと。植物は気候に敏感だから!

で、何が言いたいかって?
1:アルコールの飲み方にご用心!
2:もやもやしてたら外に出るべし!心であっても、体であっても。
て事かな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。