スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調理器で火事ですって!

ガスでもIHでも
調理器での火災が注目されてます。
加熱しすぎを見張るセンサー付きだとしても、過信は禁物と言う事なのです。

<ガス調理器>
 安全の為の、加熱防止センサーがついています。鍋底が250度くらいになると、自動で弱火になり、加熱しすぎを防いでくれる物です。
 機種によっては、揚げ物の温度設定ができ、揚げ物調理油の加熱しすぎを調整してくれる機能です。

 これらは、鍋底がセンサーにぴったりついている事で、感知能力が活かされます。凸凹ひずみがありすぎたり、鍋底の汚れがひどいと、うまく感知できず、加熱しすぎによる火災につながります。
 いくらセンサーが搭載されているといっても、冷静な時の人間の判断に勝る物はないのです。頼りすぎはきけんです。

<IH調理器>
 安全センサー、タイマー機能が、ガス調理器以上に搭載されています。
これでも、火災事故があるというのです。この頃この火災事故の事が、テレビの主婦向け番組等で知らされたようです。どんな報道だったのか、一部わかりました。
 
 揚げ物の油が燃え盛って、大きい炎を吹き上げている映像でした。この鍋は、どうも、揚げ物専用鍋として、機器に付属品として付いている物と形状が違い、IHで煮炊きできるお手持ちの調理鍋の様です。そして揚げ物温度設定機能を使うことなく、ただの加熱キーで、一気に温度を上げて注意を怠った結果、油の発火点の370℃以上になってしまい、鍋の中の油が燃えて炎となってしまったのだとわかりました。
 
 IHであろうと、ガスであろうと、加熱しすぎて油が燃える温度に達した時、油は炎と化し燃え盛ります。煮炊きの場合、水は加熱し過ぎたら、沸騰してどんどん蒸発して、煮汁がなくなったり焦げたりしますが、鍋の中に炎が立つ事はないのですが・・・。
 そして、やはりあまりに鍋底が汚れていたり、ひずみが大きすぎれば、感知能力は低下します。信用しすぎはまずいですが、揚げ物モードにして、温度設定すると、設定温度をキープしてくれますし、適してない鍋の場合、エラー表示されて過熱ストップします。
 これは、機械の不具合でなく、使い方による事故です。

 IHならどんな事をしても「炎」がないわけではないのです。油は燃えます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。