スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お役に立てたら何よりです

 暮らしの中で、お役に立つかもしれません。

<これ本当!>
 瓶洗いの柄が付いたブラシが入らない、ガラスの細口瓶、一輪挿しなど、瓶底や、内側にこびり付いた様な汚れは、どうしてますか?
 取れないから捨てちゃう!
「あっきらめないで!ほんとっ!きれいになるから!」お茶石鹸ではないですが、真矢みきさん口調で言ってみて!
 卵の殻を細かく砕き、開口部から押入れて、それが、瓶の中で動くくらいの少量の水を注ぎます。そして、シェイクします。どうせならリズミカルに、チャっ!チャっ!チャっ!チャ・チャっ・チャっ・チャ!てな感じで、踊っちゃいましょう!すぐにきれいになります。これ本当!(生卵の殻で)

 30年以上も前に、町の個人医院の看護士さんに教わった方法です。かつて、水薬のガラス瓶は洗って使いまわした物もある様です。小さくて細い口の物がほとんどですから。それ以来、漱ぐだけでは取りきれない、張り付いてしまった様な汚れは、こうして取ってます。
 先日、リサイクル瓶を資源ごみの日に出そうとしたら、瓶底に黒酢の澱がくっついていて、お湯ですすいでも取れないので、この方法でしたら、ちょいと一踊りですっかり取れてしまいました。

<こちら?です。>
 私には効果てきめんなのです。そして私の子供達にも効果ありです。
しかし、他人様は誰も皆、笑って聞き流すか、はなからとりあってもくれなかったり、試してみようと言った人は今まで一人もいません。
 何と言うのが標準語なのでしょう?瞼の裏に発疹ができるのを子供の頃は「ものむらい」といってました。
 特に、♪春一番が掃除したてのサッシの窓に~♪埃の渦を巻き上げる様な風のある季節、ちょいちょいできては、眼科に行ったり、ホウ酸水で洗ったり、眼帯で隠したりしました。目ができものに押されて、自分は周りを見にくいし、傍目には醜いし、目はシカシカしてうっとおしいし、とても嫌でした。
 中学生時代、部活で、片方に眼帯をしたままバスケットボールのパス練習をしたら、距離がつかめず、いつボールが胸元に届くのかが全く分らず往生した経験もあります。
 
 何とか、腫れない様にしたいと思ったものです。ホウ酸水で洗うのは、母から教わりました。ですから、母から伝授された方法で無い事は確かです。
 いつ、誰からもたらされた情報なのか、記憶に残ってないのですが、方法だけはしっかりインプットされ、実行し、効果ありなのです。子育て中、子供にもしました。すると腫れずに治まりました。     
 腫れる前に、やや赤くなって、目をこすりたくなるような、シカッとした感覚ありますよね!?
 この初期症状の時、「オヘソにひとつまみの塩を、軽く塗り込めます。」これだけの事です。

 腫れてしまってからでは遅いので、そうなったら眼科に行くなり、医療手当てをするしかないのですが・・・。
 この方法を知ってから、私は「ものむらい」で腫れたことがありません。

 一度、眼科のドクターに話してみたら、「効果の根拠はないですが、害はないでしょう。」と言われました。お試しをとお薦めしてるのではないのですが、けっこうたくさんの人に話してみました。しかし、今もって、この方法を知ってる。聞いたことある。って人に出会わないのはなぜでしょう?
 あまり思いが強かったから、夢でもみたのでしょうか?わからないのです。

 ただ、私と私の子供達には効果あります。 
 娘が自分の子供にしようとしたら、婿殿にあきれられたそうです。この件については婿殿に従っているようです。
 ハイ、夫婦の邪魔は致しません。

 どなたか、この方法聞いたことありませんかしら? 
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ情報 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。