スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使い回し献立☆その1

「イマ!ひとりさん」の為に

いまや堂々の市民権がある「おひとり様」は、キャリアの仕事を持ち、経済的に余裕のある一人暮らしの女性というイメージ!?だから、日常の食事にあきたり、目先を変えたい時は、こだわりのお店で!美味しそうなお店で!デパ地下で!気前良くお金を使っても、さほどに問題なーい人達?

今ンところ一人だったり、一人になっちゃった人達「イマ!ひとりさん」・・・余裕はなくても、食卓くらいは豊かにしたい願望がある人の為に、提案です。

ついついたくさん作ってしまって、同じ物を何度も食べるはめになってない?
メインのキッチン作業は1回で、3食分の献立作ってしまうなんてのはいかが!

きのこの肉巻き・温野菜添え(薄切り肉7~8枚は牛でも豚でも。エリンギ、舞茸etc. )
具だくさんのスープ(具は何でもOK・・・人参、じゃが芋、玉ねぎ、大根、白菜、キャベツ、きのこetc.)
これが基本レシピ。
そして、2~3人前くらいの量を作ります。というより、できちゃいます。

600CCくらいの水に、ティーパック式のダシ1袋を目安にダシをとる。
同時にこの中に付け合せ用に大きく切ったじゃが芋・人参を入れて火を通す。
・・・だしが出る頃、小分けにしたブロッコリー(スナップえんどうなど色合を添える為の緑の野菜)も入れ下茹でし、先に入れておいた根菜と共に取り出す。
 ※ダシに野菜の茹で汁も加味され、味が増す。

ダシ汁に具を入れ、野菜スープを作る。(鶏がらスープの素を一さじ振り入れると味が増す)
 ※具の根菜は、短冊状などに切ると火が通りやすい。お好みで、きのこ、茹で豆なども加えてみて!
ほんの少しの塩、「白だし」などで薄く味付けする。
スープカップによそってから、醤油等で味の調整。

薄切り肉は、一枚づつ広げ、軽く塩コショウし、大きくカットしたキノコを芯にして巻く
 ※きのこと一緒だと、肉が柔らかくなる。

少し油を敷いたフライパンに、巻き終わりを下にして入れ、全体に焼き色をつけながら焼く。下茹でしてある根菜もフライパンに入れて、表面を焼く。
皿に肉巻き、彩り野菜を添えて盛り付ける。

これで、「肉・野菜・具たくさんスープ」1食分の出来上がり!

大目に作るので、スープも肉も添え野菜も残ってます。ここからは、違う献立にしていくのです。

☆残った鍋のスープに、豆腐わかめetc.足し、味噌を加えて味噌汁に。
 ・・・鯵のひもの、鮭の切り身など焼いて、納豆添えて、朝食に。
☆具があるままのスープに、澄まし汁くらいの味付けをして、カレーるーを加え、茹でたうどんを入れ
 カレーうどんにしても。(肉を足したり、出来上がりに卵を落としたり)
☆又は、スープにかに缶など加え、味を足し、水溶き片栗粉でとろみをつけて中華飯風に。
☆スープから具を引き上げて、器に盛り、ドレッシング等で食すのも一興。
☆残った具なしスープに、肉巻き・付け合せ野菜を入れ、カレーのルーを加えてカレーシチューに。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。