スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動調理機能

 ガスコンロ、IH、オーブンレンジなどに、自動で、調理してくれる機能が搭載されてます。
センサーが働いて、調理温度と時間とを、お任せで仕上げてくれるのです。
 湯沸し
  炊飯
   魚焼き
    揚げ物の温度管理
オーブンレンジに至っては、「茶碗蒸し」「グラタン」「ケーキ」の類まで、お任せキーで指一本。
すごい事です。
 うっかり焼き過ぎ、うっかり止め忘れ,ありません。
 設定キーで、任せておけば、できたら火が消えたり、通電がストップするのです。

 自動設定したら、その機器が、「できた」というサインを出すまで、止まるまで、
最後まで任せて下さい。途中で、気になる気持ちは、よーくわかります。
それでも、特に、魚焼きグリルの扉は、途中決して開けないで下さいね。中の温度が変わる為、
センサーが戸惑ってしまい、上手に焼けない事があります。
 
 温度調整しながら、油温上昇途中に、揚げ物の種を入れたりすると、いつまでたってもサインが出ず、うまく揚がらない事があります。
 
 湯沸しの場合、冷めかけのまだ熱い湯を、再沸騰させようとするのは、うまくいかないことがあります。
 常温くらいからのスタートにて、感度が正常に働きます。

 センサーは、同一条件の中で、決められた作業をきっちり致します。
しかし、臨機応変に、季節に応じて、個人の好みに応じてなどとという、人間技までは無理です。
やはり、人の脳と心に勝てるものは無いのです。

 先日、ガスの魚焼きがうまく焼けない。「不良品なのでは!?」
という、お客様のところから「実演されたし」との要求があり、参上。
 取説書読んで、やってみたとの事。
 私も説明書どおりにやってみました。
「ちゃんと、それなりに焼けました」
奥様も、ご主人様も、お母様も、焼きあがりに合格点下さいました。
手順はOKでした。
が、想像したとおりでした。途中で気になって何度も扉を開けて、焼け具合を見たそうです。

 一年位前にも、同様の事があり、「うまく焼けました」
その時は、ご主人様が、
「機械の技でなく、説明のプロの技でやったからだろ」
と、私個人的には、そんな大ほめの、お言葉、うれしゅうございました。
が、いえいえ、自動調理機能、けっこうやってくれるのでございます。

 分かって使えば、ほぼ許容範囲内で、自動的に、なかなか良い仕事してくれますよ!

 とりあえず、一度機械に任せて、やらせてみて下さい。
何と言っても、ご自分の技で調理するのが、醍醐味ですし、最上とは思うのですが、自動機能侮れませんよ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。