スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新旧の友あって

友達っていいね!
 パソコン研修のクラスメートと温泉施設で裸の付き合い!?
 リニュアルオープン初日に付き、¥200で会員になるだけで、¥1260の入館料がその日だけ無料!の情報キャッチ。
 場所が場所だけに、誰なら一緒に行けるかな?なんてちょっと悩んで、このところ親しくさせてもらってる友人を誘ってみたら都合が悪く、思い切ってつい最近の、一回り以上若い友人だけど、温泉施設の最寄駅まで出るのに便利な所に住んでいる事思い出して誘ってみたら、即「OK!」の返事。
 
 11:00に巣鴨駅で待ち合わせ、そこからシャトルバスに乗って5分くらいの所。スゴイ人でイモ洗い状態かも?ゆっくり入ろうなんて無理かも?でも平日だし・・・夏休み前だし・・・など色々想像してるうちに到着。
 すると、込み合わない様整理券で順次入場させていた為、少し入口で待つことにはなったが、中は以外とゆったりだった。
 
 施設内のレストランは40組待ちというので予約だけ入れて、先に温泉に。木の椅子も湯桶も新しくて気持ち良い!露天へ、サウナへ、そして、初体験の水風呂へ!!!これには、今まで足先しか入れたことがなかった。
 実は彼女、風呂大好きの達人!?だった。岩盤浴にもしょっちゅう行っているという。知らずに誘ったけど大正解だった。
 
 勧められて、ゆっくり徐々に足先から「つ、つめたい!」腰の辺りまで「ギャー!!ヒェー!!!」爪先立ちで端の方まで歩きながら水に慣れさせつつ、やっと足を下ろして、それから肩まで沈めた。「キンキン冷たい!」けれど、体がキュンキュン締まる感じがして体から湯気が上がっている。へぇーなかなか気持ちが良いもんだと知った。
 
 途中、着替えてレストランで食事して、2階の談話室や、リラクゼーションルームを覗いてから、又入浴。ジャグジーも、シルキーという微細気泡の湯も、ミストサウナも、全部制覇して、火照る度水風呂にも入り、一日ゆっくり楽しんだ。彼女とならではだったと思う。こんなにたっぷりお風呂に入ったことは初めてだった。
 それなのに、ちっとも湯疲れがなく全身すっきり感があり、多分、水風呂で引き締めながら入ったからなんだと思った。

 お互い就職活動頑張ろうね!と、又の再会を期してさようならした。

 そして次なる日は、コンサートの為上京した旧友と久しぶりに会えることになって、懐かしくいろんな話をする事ができた。
 
 同期入社女子3人は同い年。「三羽ガラス」と言われたピチピチ元気3人娘は、休憩時間はいつも一緒で楽しいOL生活だった。3人込みで誘われてあっちこち連れて行ってもらったことも・・・ひたすら楽しかった。
 
 その頃の職場の人達の特徴を思い出し懐かしみ笑った。
 Mさんという不思議おじさんがいた。(たぶん、今の私達より若かった)何を専門として任務に当たってるか不明。いつもへらへら笑い顔。車会社だから、課全体で飲み会がある時は、車に分乗して40~50キロ離れた会社の宿泊できる保養所に行って、次の日は皆で出社するというパターンが多かった。するとかの人は「奥さんに叱られる」と言って、途中でいなくなり歩いて帰ってしまう。車は持たないけど、土地も貸し家も持ってる結構な資産家だと評判だった。そんなこんなで、実は私、若気の至りで、「Mさんて、紙一重のところを彷徨っている感じですね」なんて失礼を言ってしまったのでした。「へへへ・・・」って笑って許して下さったのですが。

 相反する対照的な二人の先輩女子社員がいて、私は二人の真ん中に席してた。一方の人は、他の事務館に用事があると、時々私を連れ出してお茶をご馳走してくれるんだけど、田舎から出てきてやたら真面目な私は、早く戻らないと、サボってると思われやしないかとドキドキしてたと言うと、彼女もそうだったという。
 時にお茶室で、休憩時間ではないのに呼ばれてお菓子をご馳走してくれることもあり、嬉しいというより、後でもう一人が、その分厳しくあたってくるから辛かった事など・・・。
 
 ラグビー部で体張るポジションのがっちり体型、声が大きく九州言葉、一見強面の兄貴分のSさんは私達を可愛がってくれて、そして、その人も先輩達に愛されているのがよくわかる、実に気持ちの良い人だった。
 そういえば、私の中にあった「貧乏の定義」が変ったのはこの人を見てからだった。
 呑むからなんだけど、給料前は財布がひどく寂しくなるらしく、「御飯食べにいけなくて、インスタントラーメンすすってた。」とか、しょっちゅう金欠病で先輩からご馳走してもらってたり、よれよれのシャツ着て身なりなんて無頓着にみえた。貯金なんてあるわけないって感じ。
 人柄からきてる所が大きいとは思うけど、ちっとも貧しく見えなかった。おおらかな人だった。早いうちに会社を辞めて熊本に帰ってしまったけれど、今頃どうしているかしら?懐かしい会いたい人である。
 
 ママになって、ババにもなったというのに、今も変らず可愛い性格のまま。大好きな「亀梨」くんのウチワを打ち振りコンサートをとても楽しんでいるYちゃんでした。
 づっと、私の事気にかけてくれていてありがとうねっ!
 今回新宿の高層ビル群の灯りが見える屋上で、夜更かししてお喋りできて良かった。

 又来てね!きっとだよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。