スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 第1024回「お菓子作りはしますか?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当加瀬です。今日のテーマは「お菓子作りはしますか?」です。度を越して食べ過ぎると体重が気になりますが、なかなかやめられないお菓子大人になった現在も、子供の頃の気持ちを全く忘れぬまま純粋な心でほぼ毎日お菓子を食べる加瀬でございます…お菓子は食べるのも作るのも大好きで、実?...
トラックバックテーマ 第1024回「お菓子作りはしますか?」

 お菓子作りは、母から教わった「マドレーヌ」が最初でした。
母は、ガスコンロの上に箱型のオーブンを乗せて、火加減を調節しながら上手にこんがりしっとり焼き上げてくれました。
 私は結婚してからは、リンナイのコンベックという優れものの手を借りて作り始めました。
 タイマーは勿論、庫内を均一の温度にできるよう、ファンがあって掻き混ぜてくれるので、材料を整え下ごしらえさえすれば、後は温度設定しタイマーセットして、ほぼ機械にお任せ状態。
 母はこんなのがあるとは知らず、出来上がりを褒められた時は、ちょっときまりが悪かった。
この機器だってもう30年以上前のこと。今ではもっと簡単便利、自動メニューチャンネルに、作りたい料理の番号合わせるだけ。使う天板の種類、どの段に入れるかの指示もしてくれますよ。

 子供と一緒に作って楽しかったのは「ベルベットクッキー」というお菓子。
<材料>
 バター :70g・・・マーガリンでも可
 砂糖  :60~70g
 卵   :1個
 ラム酒 :大さじ1・・・ブランデーでも○(風味が出る・・・なくてもダメじゃない)
 小麦粉 :200g
 ベーキングパウダー :小さじ1

<手順>
 ①ボールにバターを入れ、軟らかくしたら砂糖を混ぜ合わせ、ここに卵を割り入れ更に混ぜる。
 ②ラム酒、ベーキングパウダーと一緒に振るっておいた小麦粉を混ぜる。
 ③耳たぶくらいの硬さのクッキー種ができたら、梅干大くらいにまとめ、平たく押さえて形作る。
・・・160度のオーブンで約10分焼いて出来上がり。・・・オーブントースターでも可

 このクッキー生地を分けて、ココアパウダーや、抹茶を混ぜて2.3色の種を作り、色を組み合わせ、粘土細工の要領で、動物やキャラクターの顔、花などを子供と一緒に作ると楽しさ美味しさ倍増でした。

 レーズンや、ナッツなど乗せると焼き上がりにホロッと外れるので、ドリュウル(卵の黄身と味醂をまぜた照りをつける時にも使うもの)を塗ってから乗せると外れにくい。

 クッキー種同士は同じ様にぼうちょうするのでくっ付き合い、目だま、花びらなど大事な部分が取れずにできますよ。

これは簡単で、材料費も安上がり!特別な型も不要。よく作ったものです。

 子供達がお酒に走ってからは、甘い物を好まない様になり、この頃はあまり作ってませんが、孫ちゃんがもう少し大きくなったら一緒にしよう!と思ってまーす。


 今もよく作るのが「プリン」
<材料>プリン型6個分(湯のみなど使うのも可)
 卵  :3個
 牛乳 :450ml
 砂糖 :50gくらい(加減して蜂蜜大さじ1加える)
※バニラエッセンス、ブランデーで香りを出すと、美味しさアップ!
 カラメルがないと物足りないもの。

<手順>
 ①カップにバターを塗っておく・・・後できれいに取り出すため。(マーガリンの代用はダメ)
 ②フライパンで砂糖大さじ2を焼き、焦げ色になったら水大さじ1を加え、カラメルを作り、すぐカップに分け入れる。
 ③牛乳を温め、砂糖、蜂蜜バニラエッセンスも入れる。鍋底を水入りボウルに浸し、アラ熱をとっておく。
 ④卵を割りほぐし、牛乳と混ぜ、アミで濾す。
 ⑤カップに注ぎいれ、蒸す。

 オーブン使うなら、(蒸気対応、自動メニュー以外)カップを並べた天板にお湯を注ぎ、180度で10から15分

 私はいつも圧力鍋
シュルシュル言い出したら、40秒で火を止め、8分蒸らして蓋を開けると、スが入らず、うまい具合に出来上がる。

※牛乳を温める際、削ったチョコレートや、ココアパウダーを入れてチョコプリンにしたら、孫くん大喜びでした。これも、やはりカラメルがトロりとある方が断然オイシイ!!!

 今もお菓子作りは楽しくて大好き!
 どんなものでも、「おいしい!」と喜んでくれる人があってこそ、楽しい!のですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。