スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我の前に戻りたい

気が付いた時は、あごから血が出ていて、歯が欠けていた。トイレに行こうと立った事は自覚がある。その後がすっかり消えていて、用を済ませて手を洗うのに鏡に映った自分の顔が変化していた訳で、一体なにが起きたのか全く体験として記憶が無いのである。でも明らかに見える所に悪い事がおきている。

カウンターにも血が付いていたから、ここに顔面をぶつけ、そのまま仰向けに倒れたらしい。よって頭も打っている。

この日の夜中トイレに起きると、下唇がびっくりするほど膨らんでまさに『たらこ』こめかみの所が痛くてたんこぶになっている。下唇下の傷から出血し、唇内側が大きく切れている。
ワーどうしよう!?
新しい職場で、新しい仕事始まったばかり。せっかく採用された途端に欠勤では取り消しか!?
それは困る。仕事探すの大変なのである。一回り若いパソコン教室の仲間でさえ、パートの求職にも苦難続きだという。

一本めの電話で面接になり即採用なんて、きっと縁があったのだ。
これも縁と思えるのは、兄の病気快癒を願って毎年詣でている「東郷神社」と最寄り駅が同じ地域で仕事することになるなんて。
今年の年頭、この辺りを通勤で毎日の様に歩くことになろうとは、全く想像も思いもしないで歩いてたのだから。

でも、この先どうなるかなんて全くもってわからない。

朝、
頭が動くと痛い。極力両手で押さえていることにする。時代劇中で、病人が頭に紫色の鉢巻を締めてるのは意味があることがわかった。
食事。唇が切れてるから沁みて痛いうえに、アゴを動かすからコメカミが痛む。よって、御飯は無理。急遽お粥にしてゆっくり食べる。
声を出してみる。「あ・え・い・う・え・お・あ・お・・・」出る!良かった。声を出す仕事だもの。
マスクで隠して出勤。

階段が怖い!!!手すりの側をすぐ手が届くよう端っこを歩く。ホームでは真ん中を歩く。
今回の仕事は、人前に出なくて済む。座って電話相手に話すだけだから声が出ればいける。
昼休憩。なるべく持ち込んで仕事場で食べる様言われているからみんないる。柔らかいパンを小さくちぎって口に運ぶ。「パンが好きなの?」と聞かれたから、「ちょっと口怪我しちゃったから」とだけ告げる。
知らないところで、知らない人達にあれこれ詮索させてしまうのも双方面倒だから、伝えない事に決めた。

こうして知らない人には気付かれないよう、気張って仕事に通う。
密かな自分への挑戦であり闘いである。
何も知らない人が(動きが不自然とか、言語の発声が変)と感じたら危ない!
心の中で、これはリハビリと思うことにして、ひたすら電話をかける。
指でダイヤルの数字を間違えないように押す。
相手に決まり文言を伝える。
相手の言ってきた事に返答をする。

怪我3日目、コメカミが痛い側の目尻、時間の経過とともに目頭にも紅く色が付いて、上瞼が腫れてきた。マスクして眼帯してってわけにはいかず、困った。アイシャドーで少しごまかして、なるべく下向き加減で行動する。
トイレで手洗いの度、顔が映って(ヒー見たくない・・・)

何が怖いって、治る感触でなく、日毎痛い所が増える。すると、(頭を打ったからだ!!!)と酷く不安になってくる。この心の葛藤が辛い。

5日目掛かりつけの歯科医院で歯の治療。
「いつもと顔が違いますねぇ。口開きますか?」と心配された。
歯を治したい一心で、痛みはこらえて欠けた部分を固めてもらった。
目立つ前歯が見た目元通りになったのには、随分と心が軽くなる。

6日目 区の検診を受けた個人病院に行って見た。
手に負えない様ならばどこか紹介してもらおうという気持ちから。
ここは、1月に鼻血が続くのが心配で行った所。この時も顔を一見しただけで、「粘膜が弱いから、洟をかまないように!」との診断。
今回は、やはり見ただけで、「今は何も写らないと思う」「多分大丈夫でしょうが、一ヶ月目辺りで手足の振るえ、ロレツが回らないなどの症状が出るかもしれないから、そうなったら写しましょう。血が溜まってたら脳外科で血を抜く手術をすれば治りますから。」何とも簡単に言って下さる。

毎日(あー悪い事が起きてませんように!!!)と四六時中祈る日々。
立ち上がった時フラッとすると、(これは・・・!?!?!?)
喋っているのに自分の声が遠のくような感覚に襲われる(これって・・・!?!?!?)
自分ではしっから歩いているはずなのに、足元に力が入らない。(まさか・・・!?!?!?)

あーこれらは心配のあまり、生理的な衰えを異常に強く意識してしまってるだけなのか?
やはり頭に損傷があるからなのか?

こんな心情で毎日を送っているのと、座り仕事とはいえ、新しいことを始めているストレスが加味されて、毎日帰宅するとグッタリしてしまう。休みの日は体を休める日としている。

4週間経過。
10日間過ぎた辺りで、顔は見た目は元に戻ったみたい。
けど、唇の中も下側の傷も今もって痛い。リップクリーム塗るだけでしびれて痛い。
コメカミのたんこぶは髪で隠れているから見た目最初から問題ないけど、膨らんでいて触ると痛いし、あまり大口開けられない。否応なく上品に物を口に運ぶしかなく、これは良いこと???かも。

朝、目が覚めると、手の指が一本づつ動くか確かめる。
簡単な計算をしてみる。

こんな中、自分で処理しなければならない、前の会社がしてくれた(意図的かも?)厄介なことの後始末があったり、口にしかねる苦痛が追い討ちをかけていて、まだ心に平穏が訪れずの今。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。