スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の事言ってる場合じゃない!!!

あー何て事が起きてしまったのでしょう!!!
「怪我の前に戻りたい」なんてこの位の事でメソメソしてる場合じゃないです。

ビル7階の事務所仕事中、ガタガタと揺れだし、収まるどころか酷くなるばかり。大きい机の下に潜り、この時は(ニュージーランドの地震でビル倒壊の下敷きになって亡くなった人達は、こんな風に恐怖の中にいたんだなー・・・)と思いながらも(どうぞ助けてください!)と心の中で祈りながら収まるのを願ってました。

この時間もっと想像を絶することが起きていたのですね。

自宅に戻って扉を開けると食器戸棚から飛び出た物が割れていたり、家具の位置がずれていたり、スリッパを履いて片付けてる間にも何度か揺れて、3時前の大揺れを思い出し、心が冷静でいられない。
片付けながら、何か水音が気になり、水が出しっぱなしになっているのか?と、水栓のある所全部チェックしたけどそれはなかった!

2時間程後足の踏み場を確保して、念の為と押入れのある和室を開けたらボトボト水が落ちてきてる!!!ヒェー!!!上の階からの水漏れ。慌てて管理人さんに言いに行くと我が家だけじゃなかった。
ふとんを引きずり出し、上置の大事なバッグ類を取り出し、あー畳も濡れてる。
水音は上から零れ落ちてる水の音だったんだ・・・。
もう一方の寝室を開けた時は気付かなくて、被害は一部屋と思ってた。
さて寝ようとパジャマに着替えて電気を点けたら、電気のカバーにまあるく半分色違いになってる!
ヒエー!!!このままじゃ水の重さに耐え切れず傘とともにふとんを直撃になっちゃう~。
脚立を持ってきて、目まいがおきそうなのを踏ん張ってカバーを外したけど、案の定持ちきれず半分零れた。

電気点けちゃダメだよねこんな場合。

水漏れは天井に溜まってる分が全部下に落ちきらなきゃ止まらないから、4日間ぽとりぽとり落ち続けて天井も壁も伝って落ち続けてた。復帰にはお金かかるだろうな・・・。
地震による事だし、躯体損壊じゃないから保険は無効という悲しさ。
未だこのままにしてる。

テレビでは、こんなもんじゃない被害状況が映像と共に流れてる。
命もあって、怪我もない!濡れた物があるけど、生活に必要な物が流されたわけじゃない。
この程度で騒いでたら申し訳ないほどの悲惨さである。

大地震  大津波  そして原発の事故
未曾有の3重苦である。
被害は拡大するばかり。

就いていた仕事は、「自宅待機」「一旦休止」というものではなく、3月26日を持って「解散」。

今年の短い間に、私の身辺ジェットコースターよろしく、上がったり下がったり急カーブをスレスレ曲がったり、イヤー疲れます!!!疲れてます。

こんな時だから、いつも以上に友人達の温かい心遣いに感謝感謝の連続でもあります。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。