スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONVUERSEのスニーカー

土曜日雨の中、履歴書の写真が必要でサンシャインに出かけた。
欲しい物が二つあったから、ついでに店舗をぐるぐる。

朝ウォーキングの靴が傷んでしまったから、欲しかった。
色々並んでいたけど、棚からアピールしてきたのが、「コンバースのスニーカー」
試したいけどストッキングだからと言うと、若い女店員さんがすぐに靴下を用意してくれて、履いてみた。
「決めた!」
私には2代目。今回は「アイボリーホワイト」に。
一代目は随分前。社会人になって自分で買える様になった時、憧れてたここ製の赤いスニーカーを買った。
大事に履いていたけれど、娘が靴がないというので、貸したらちっとも返ってこず、大分履いたらしくよれよれになって戻ってきた。
その時、ダンス仲間から「今はもう『made in USA』の物は無いから貴重な年代物だね」と言われたらしい。それで、捨て難く今もって下駄箱に保存している。
確かに、その頃の物は『CHINA』だったし、今回の物は『INDONESIA』になってる。

新しい物を身に付けるのは、何歳になっても嬉しくて、「大安」の今朝、早起きし靴紐通して履き初め。
何か足元が喜んでる気がして、いつものルートを歩いたけれど、ちょっと浮かれて、階段を上って屋上まで行って深呼吸してから家に戻った。

午前中「新橋」までハローワーク紹介の面接に行って、その帰りは銀座の中央通りを8丁目から1丁目まで歩いてそれから地下鉄に乗って帰宅。(この時は、さすがにスニーカーじゃありません)

7、8年前、今は消滅してるけど、夜の講座のサークルで知り合ったYさんという、私が描く理想的なライフスタイルで暮らしていらっしゃる方がいる。
私と誕生日が近いことがわかって、周りの方から一緒に祝ってもらった事があり、今日は一足先にその方の誕生日!と思って『おめでとう!』の電話したら、本当は22日と分かり、間違って記憶してたことが判明。(面目ない)
久しぶりにお訪ねすることにした。
この方も70代後半、これぞ大人の女性と言える頼もしい世代の、前向きな方。
包容力があって、知的で、気風が良く、他所の国の方達に日本語を教えるボランティア活動を今もなさっていて、面倒見が良く、その方達からも「日本のおかあさん」と慕われ、いつもおしゃれにしていて、とってもすてきな方。
銀座で買った小さいお菓子を持って、るんるんスニーカー履いて、地下鉄だと2駅半くらいの道のりを歩いて出かけた。
お花が好きな事を思い出し、途中お花屋さんに寄ったら、一見苔の仲間かと思うきれいな緑が丸く繁った小さな鉢が目に止まり決めた。
「セラギネラ」というイワヒバ科の植物と知った。上品なふちどりがある「クリスティーナ」と言う名前のカーネーションも一輪添えて。

♪歩こうあるこう!私は元気~!である為に。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。