スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 第1259回「あなたは何県で生まれましたか?」

静岡県です。と言っても広うござんす。
愛知県寄りの遠州です。
浜名湖の北側「奥浜名湖」エリア。今は「浜松市」に統合されてますが、それまでは「引佐郡」(イナサグン)と読むのですが、読み仮名をつけないと、馴染みのない人には分かりにくい地名のようでした。
参勤交代の江戸の頃には、「新居の関所」という”入り鉄砲に出女”を取り締まる関所があって、東西文化の中継的な場所柄といえるようです。

だからでしょうか?食べ物や風習が、関西風・関東風といわれる事柄に対して、どちらともいえなかったり、ある事は関西風、またある物については関東風だったりします。
どっちつかず?とも言えるし、どっちも受け入れてるとも言えます。
良く言うと、許容範囲が広い!
悪く言うと、優柔不断?

お客様があると、鰻でもてなしてました。
日常的には料理はしない父が、鰻をさばいていたのを覚えています。
母秘伝のタレがありました。母は三河の人だから、嫁いでから覚えたのでしょう。

今は、ローカルな天竜浜名湖線の「気賀」という駅の近くに、その日さばいた鰻を白焼きして出しているお店があります。
売り切れたらおしまいなので、「お墓参り」に行った時などに寄りますが、先にゲットしておかないと、空振りになってしまう事があります。
この駅舎には、洋食屋さんがあって、海の幸をふんだんに使ったおいしくて、本格的な料理が、リーズナブルなお値段で頂けます。(営業時間が短いかも?なので、事前に調べていくと良いでしょう)テレビ局などの取材もあって、有名所の方々もいらしてるらしいです。

ちなみに、「天竜浜名湖線」は、東海道線の「掛川」駅から奥浜名湖沿いを走って「新所原」駅までを結んでいる、第三セクターの路線です。湖をやや見下ろしたり、眺めたりしながら、のんびり気分が楽しめます。ディーゼル車両、1両か2両繋ぎでの走行です。
「三ケ日」駅で下車すると、レンタサイクルができます。これですと本当に湖岸に専用のサイクリングロードがあって車の往来を気にせず、湖からの風を受けながら、爽快感が味わえるのではないでしょうか?子供さんも一緒に楽しめますよ。

(あー・・・天竜浜名湖線の鉄道会社が、天竜川の川下りの運営をしてるというのは、今回の船事故で知りました。悪い事で人々の注目を浴びているのが、残念。辛い・・・亡くなられた方々のご冥福を祈ります。二度とこのような事故が起きない様、しっかり対策をして欲しいと願うものです。)

気候のように、温暖的な人が多いように思います。
お人よしが多いようで、他人を信じやすく、「オレオレ詐欺」にやられる件数が多く、反対に被害の少ない大阪のおばちゃん達が登場して「そんなんに騙されてたらあかんでー」みたいな、注意を呼びかけるTVコマーシャルが流れていることが、ニュースになったことがありました。

気候温暖といえども、子供の頃は、一冬に2、3回は雪が積もり、雪ウサギくらいはできました。
雪合戦をした記憶もありますが、きれいな白い雪を集めるのが大変だったように思います。
雪玉を転がしながら大きくして作る、「雪だるま」は、すぐに土がくっ付いてしまいました。
子供の頃は、本で見た「かまくら」と、大人の背丈ほどある「雪だるま」に憧れました。

何といってもブランドの「三ケ日みかん」の里として、かなり広範囲で有名なのでは!?と思ってます。
今は亡き母が元気な頃は、毎年おいしいミカンを食べる事ができました。
半分趣味の世界になって、採算よりも子、孫、親交のある人達に食べさせたいと、強い農薬は使わず、除草剤は使わず、畑を這いずって、手で除草してました。
土地が、ミカン作りに適してるうえ、化学肥料より魚の骨粉や鶏糞やらの有機肥料が多い分、甘くてこくがあって、差し上げた人達にも大好評でした。
収穫時期は特に人手が必要なので、皆でよく手伝いに行きました。
あの味以上の物に出会うことはなく「幻の味」になってしまいましたが・・・。

♪忘れがたきふるさと・・・です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。