スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるっとパス

以前から、車内吊りや、定期売場のポスターなどで気になってた「ぐるっとパス」
東京都23区内と、多摩地区の美術館・博物館など(2011年度は71館分)の共通入場券&割引券が冊子になっていて¥2000なんです。今年初めて購入してみました。

これ単独でも購入できますし、
メトロ一日乗り放題乗車券(価格¥710)が2枚付いたセットだと¥2800
都営乗り放題乗車券(価格¥700)が2枚付いたセットもあって、同じく¥2800
※こちらは、都電・都バス・都営地下鉄・舎人ライナー全部に有効の一日券
勿論この一日券は、美術館めぐりと関係なく利用可能だから、セットでの購入がお薦め!!!
販売期間は、2011年4月1日~2012年1月31日だから、今も発売中!
初回に使った日から、2ヶ月間有効。だから有効期間は自分次第。効率よく使えそうな時期を選ぶとお徳度はアップするという仕組み。
乗車券は、セットで購入することの付加価値なので単独価格よりお得になっていて、2012年3月31日までの間のいつの日でも利用可能。

かつて勤めていた会社の後輩が横浜市に住んでいて、”一緒に巡ろう”という話になり購入したという次第。
初日は、まず銀座の「不二家」でランチ(飲み物、サンデーなどしっかりした選べるデザート付きで¥1360!なかなか良い感じだった)
そして、有楽町の「相田みつを美術館」(¥800)と、少し歩いてブリジストン美術館(常設展は¥800のようだけれどこの日は特別展開催中の為¥1200だった)この2館で¥2000ということになるが、まだ2ヶ月間は有効って具合。

ただ、最初の利用日が7月6日暑い暑いの真っ盛り。よって、なかなか出歩く気になれなかった事に加えて、組んだ友人の仕事休みとの調整と、やや遠距離交際?の為、彼女とはその後一緒に出かけられないままに、有効期限が目前となってしまった。
それぞれ、使える時に使いましょうという事で、暑さやや緩んだ8月最後の日「上野動物園」(¥600)へ、せっかくのパンダを見たくて一人行ってみた。
パンダ舎は人気だったが、行列ではなく、まあまあゆっくり会えたという印象。まず行ってみたらメスの「シンシン」は後ろ向いていて動かない。オスの「リーリー」は寝転んだまま動かない。

動物園に行ったら外せないのは、やはり「おサルさん達」
会いに行って気付いたことあり。
「ゴリラ」のエリアで感心したのは、食事タイム(おやつかな?)食べてる事がすぐ前の観客には見えないように、後ろ向いたり、岩陰に行って食べてた。どのゴリラも!
あらっ奥ゆかしいこと!
向き合って座る近距離電車内などで、パクパクお菓子やおにぎり食べる人を良く見かける。この頃大人と見受けられる男性も、お菓子ポリポリやってるのに遭遇することがある。
ゴリラの方がお行儀いいな!と思ったのですよ。(単にヒイキ目なだけ?)

もう一つ、食べ方で気になる事。電車内には限らず、一緒に行動してる人が隣りにいても、声もかけないで一人取り出して自分だけパクパクの輩がいて、欲しいわけじゃないけど驚くことがある。
これは私くらいの年齢の熟女?達には、めったに無い事。
(仲間に分ける分が無い時は、ちょっと我慢するか、一声かけるよなー?あとで皆が同じ状況になった時に飲食するほうが、一人食べてるより何倍も美味しいと思うから)

やっぱり「パンダ」に会いたくて再度行ってみたら、二頭共こっち向いて食事中。上手に笹や竹の部分も剥きながら食べていた。私がパンダを初めてみたのは「リンリン」。亡くなる一ヶ月くらい前で、やっぱり向こう向いてて、顔を合わす事はできなかった。衰弱してたのかもね?
パンダ舎は、食事風景が観客に見やすいように、竹を刺した食事台が設えてあるのだから、こっちむいて食べてるのはお行儀云々いったら気の毒よね?!

上野のお山に行ったついでに、国立科学博物館にも入場。重厚な造り。ステンドグラスや大理石の壁、中に入るだけでも正解。

まだまだ行きたいと思ってた場所の入場券がたくさん残ってるけど、有効期限がアウトなのが残念。

東京や近辺に住んでる人は勿論、2,3日滞在できる遠くの友人や親戚の人達を案内するにもこの「ぐるっとパス」を使うと具合良いのでは!
有名どころの美・博物館もたくさん入ってる。割引だけのところもあるけど、その多くは団体割引価格くらいで入場できるって感じ。ちょうど見たい企画展や、良い季節やら、時間に余裕のある時期に合わせたら、とってもお値打ち!!!
お薦めです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。