スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れがたき好き人達!!!

あー何て短く感じた、3か月だったんでしょう!

一度は勉強してみたかった「介護のこと

震災の前後、(私の人生、こりゃ大変だ!どうなっちゃうの?)って事が次々勃発。
気を失って倒れた(アルコールが少々入ってはいたけど・・・ここまでの経験では許容量のはず)
場所が悪かった!
前歯が折れてどこかに飛んでくわ!唇は松本清張にも負けないくらいのたらこ状に腫れ上がるわ!頭は打つわ!
CTも、MRI検査もして、一応おとがめなしって結果だったけど・・・
しばし後、右鎖骨が痛み、触ると飛び出してるのが分かる。けどレントゲン診断は問題なし。原因は不明という。
おまけに震災で、住んでる部屋の一室が、上の階からの大量の水漏れで水浸しにはなるし、仕事も無くなるし、なんだかんだと困ったことがたて続けにあって、落ち込んでしまってた。

そんな中で自分で仕事探しをしてみたものの、一向にうまくいかなくて、ハローワークを頼ったところ、この講座が受けられるかもっ!て事になり、ダメもとで申し込みながらも、新聞の求人欄から、ちがう職種への応募もしていた。

講座受講許可の知らせより先に、履歴書送ってた応募先から面談の連絡があり、翌日くらいに「うちで働きませんか!」と採用の電話があった。迷ったけど、講座の申込みをしていて結果待ちの状態を正直に告げると、急募であるし、応募者多いらしく待てないかも知れないとのことだった。

数日後「講座受講OK」の知らせが届き、こちらを優先した次第。
それが、日を追うごとに、本当に良かった!!!という結果になった。

講座の内容も然り。
科目ごとの講師も、個性豊かでほとんどの人が○だった
何といっても、担任のN先生が大正解の花丸だった!!!
そして、22人のクラスメートが良かった!!

とても伸び伸び楽しく過ごせた。
意地悪な人がいなかった!これ私にはすごく重要。
本来は元気で明るい。そして他人さんまで元気にしていて欲しい。
視界の中に、ポツンと寂しそうにしてる人がいると気になってしまう。
(ただこれは、仲間に入りたくないのかもしれず、引っ張り出されるのは迷惑と思ってる人かもしれないけど・・・まわりに人がいるのに一人ぼっちという状態がすごく嫌なので、私がいる以上一人ポツンとはさせておかないって頑張ってしまう)
何ともお節介な性分。
でもひややか視線がビンビンしてると、すごく萎縮して自分を出せない。

まず、朝は元気にあいさつして教室に入ると、すでに何人かが来ていてあいさつがすぐ返ってくる!
照れくさそうにしてても、名前を呼んで「おはよう」と言うと、ちゃんと返してくれる!
早く名前を憶えたくて、講師机においてある座席表を書き写していると、他の人達も寄ってきて、中の一人が、翌日は座席表を作ってコピーしてきてくれたりと、初めから好い手応えがあった。

授業で分かりにくい所があると質問ができる雰囲気だったし、休憩時クラスの中で、教えあい、確認しあうという事を自然にできる、素敵な人達だった。
時には、放課後、オールマイティのN担任が教えても下さったり、駅近くのコーヒーショップでお茶しながら教えあったりもしたし。

後半、実技の演習では、身体介護があったわけで、これも仲良くなった一因!かな?
「手が荒い!」と文句言い合ってる人はいたかな!?だけど、これは上手になってほしい心からの愛のムチ!?
陰でコソコソなんて空気はなく、必要なら直接言っちゃうというさっぱりしたものだったと思う。
抱き起す。抱えあう。
衣服の上からではあるけど、着替え・トイレ介助・おしめ着脱・ベッド上での排泄介助の演習だってあるんだから

流れの中で、全員に声はかけて飲み会もしたし、あの人この人からおやつの差し入れがあったり、半分づつ別れた現場実習の最終日はきっとあちこちで「おつかれさん会」をしてたんじゃないかしら。
私は「月島もんじゃ組」先に実習済んで学校演習組の3人も駆けつけてくれて・・・楽しくないわけがない!

ひたすら報告書を書く授業中、筆圧高い私はシャープの芯がポキポキ折れて、芯が無くなっちゃった。(あれっ?)って感じで振ってたら両隣から芯の差し入れがスイッと出てきた!
これって最高でしょ!!!
授業中、喉がイガイガしてコンコンやってしまったら、>隣からのど飴が手渡されたことも1回2回じゃありません。
私がお節介ながら提案をすると、しっかり者のお隣さん二人が即賛同して動いてくれて、クラスの皆も協力的で嬉しかった。
いよいよ残り少なになって、カウントダウンの最終時期、放課後の飲み会では、都合のつかない事情の人もあるからと、昼休みに机をくっつけて、それぞれ好きなものや、あるもの持ち寄って、皆でおしゃべりしながら、食べませんか!!!というと、どっさり美味しい物が集まりました。
担任先生にお花を贈りましょう!の提案もすぐまとまり、クラスメート全員の署名付きで渡そうと便箋回したら、皆感謝のコメント添えてくれて・・・
好い人間環境に恵まれました。

私は個人的にも、パソコン・インターネット通のMさんに教えを請うことができ、ずっと娘に頼んでいたのに面倒がって付き合ってくれなかったパソコン関連の買い物まで付き合ってもらっちゃった。「あの人が詳しいからお願いしちゃいな!」って言ってくれた人がいて、席が遠かったし、寡黙な感じだったから、いいのかな?って心配だったけど、無知状態の私に嫌な顔もせず親切にしてくれてありがとう!だった。
・・・実は結構おしゃべりだったけど、やっぱり最初の印象通り、何考えてるのかわからない今までの交友関係にはいない不可解な人ではあったかなー?

11月30日、全員321時間の研修を無事終え、修了式となったのです。
そのまま別れがたく、いつもコーヒーだけで粘って悪かったね。ってお詫びの気持ちも兼ねて、総勢12人でランチして、もっとお喋りしたかったけど、各自担当ハローワークに報告があり、やっと解散。
私は嬉しいことに、一人だと思っていたら、何とまあ!クラスに「字」まで一緒の同名の人がいて、その二人が同じハローワークだったことがこの時わかり、一緒に出向いたのです。
同名の彼女は、バリバリのキャリアウーマンだったこと知りましたが、教室の中通していつも変わらず、底抜けに明るくて楽しい人でした。心に涙があふれそうな辛い事抱えていたというのに・・・
手続き終えてから、又お茶して一旦のお別れとなりました。

そうなんです。
季節毎に一回、年4回。既に日程は決めて「きっと仕事に就いてるでしょう!」との配慮もして、
「あつ麿会」
(集まろうの語呂合わせ)の案内が出ているというくらい、これっきりにしたくないクラスメートに恵まれて、いい勉強もさせてもらいました。

感謝
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。