スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『膀胱炎』でとうとうダウン

膀胱炎は辛い

みなさんもお気をつけ下さい。
初めての経験ですが、症状をお知らせします。
私の様にひどくならない内に手当を!

1週間前から、どうもトイレに行ってもスッキリしなくて、嫌な感じが続いていた。
そのうち、頻繁にトイレに行きたくなって(こんなに近くなかったのになー?)と思いつつ、大はスッキリ出ない事が多く、これにはいつも辟易としていたが、小は行けばすっきりが当たり前だったのに。
(これがどんなにありがたい事か!)

夜中にも目が覚める。
毎回チェックすると、細かい泡が浮かんでる。(やはり、これはおかしい!)
昨日はそれでも仕事に行った。
風邪も引いてしまったのもあるけど、体もしんどい。頭痛と倦怠感が全身を襲う。
何が辛いって、行きたい時にトイレに行けない事。
これが、大きい要因と思う。やっぱり、排泄は我慢するのが一番よくない!と実感した。
仕事先から、6時まで診察して貰える行きつけの医院に行った。
白血球が『+2』とのことで、『膀胱炎』の診断で抗生物質が処方された。


薬局での注意事項が大変為になった。

「膀胱の中は常に雑菌がいっぱいあるもの。健康な時は抵抗力があって、ばい菌を退治できるので問題ないけれど、体が疲れすぎたり、弱っていると、雑菌の勢力の方が強くなって、弊害が起きるのが、『膀胱炎』です。」って。
「決して、外からばい菌が入って症状が出たのではない」のですって。
「抗生物質で雑菌を叩いても、膀胱の中の環境が良くないと、再発しますから、水分をしっかり摂って、我慢しないで、行きたい時にちゃんと用を足して、膀胱の中をきれいにしておくことを心掛けて下さい」との事だった。

『ビタミンC』入りの飲み物がより効果的!とのアドバイスもあった。

一日一回夕食後2錠「ジェニナック」という抗生物質を服用する事に。
抗生物質全般なのか?この薬の特徴かもしれないんだけれど、
「牛乳・ヨーグルトなどの乳製品は2時間くらい控えた方が良いですよ!」
との注意があった。

一刻も早く薬を飲みたい心境だった。



『疲れるなー』『疲れちゃったなー』でも嫌な疲れじゃないから大丈夫・・・と自分を鼓舞して3月までは週5のフルタイムで、欠勤なく仕事してた。
週3日になった途端、緊張の糸が切れたのか?溜まった疲れが噴出したのか?体が参ってしまった。

昼休憩の時だけに水分補給とお手洗いタイム。
忙しくてなかなかお手洗いに行けない。
これがまずかった。

今日は昨日より著しく具合が悪い。
頭痛が酷い。熱が上がってる。体全体痛いし倦怠感も半端じゃない。寒気がする。
咳が出始めると止まらない。あんまりひどく咳き込むので、胸の辺りと、腹筋が痛む。
(あーダメだ・・・今日は特に人手が欲しい日。ギリギリの人数で定員いっぱいの日)
けど、こんなに弱ったまま出勤したら、かえって利用者さんに申し訳ない。
風邪が移る!と心配になる人もあるでしょう。
思い切って『欠勤』の連絡入れた。

だめだ。1日寝たり起きたり楽にしてるけど、一向に回復しない。

やはり、同じ位の時期から施設で仕事始めた友人が、心理的に落ち込み、体調壊したと知らされたところだった。
この仕事、とても気を使う仕事だというのは間違いない。
以前、彼女は『膀胱炎』も、高熱の出る『腎盂腎炎』も経験した事があるって事で心配してくれた。
「『トイレに行く暇がない』って言ってたけど。それは大きい原因よ」
が出たのなら『腎盂腎炎』なのでは?・・・」
「水分摂って、トイレ我慢しない事」とアドバイス貰った。

同じ様な経験のある友人の心配はありがたい。


私の勤める「デイサービス」に、しょっちゅうトイレに行きたがる利用者の老女性がいる。

「お腹が渋って出ない出ない」と気にする。隣に座ってお腹をマッサージしてあげたりしたが・・・
お茶を飲んでもらおうとしても「トイレが近くなるから」と飲まない。
みんなのところに戻って、10分もしないうちに「トイレに行きたい」と言われる。
あんまり頻繁なので、他の人には聞かれない様に(プライドがあるから気になさってるはず)「もし、汚れたりしたらすぐにきれいにしますから、皆さんとお茶飲みませんか」と促すのだが、気になって仕方ないらしい。
午前中の3時間足らずの間に、6~7回は行く。
他の人が使えないくらい占領してしまうこともある。
手を取って歩いてもらうから、「歩行練習」にはなるが、(『膀胱炎』なのかしら?)と今回自分の経験で思った。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。