スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

95歳のアイドル

大正6年生まれの95歳
アイドル的存在なのである。
お帽子愛用。
上着の袖口ちょいと折りあげて、襟元からは中のチェック柄のシャツ襟のぞかせてる。
杖ご使用だから、お手をお貸ししようとすると、反対の手は肩にかけてくる。

準備体操、たまにこちらの順番に合わせて下さることもあるけど、だいたい自分の動かしたい様に手を広げたり、伸ばしたり。
その最中でも「アーア」と大きい声付きの欠伸をなさる。
かなりしっかり何やら話しかけている?と思って返事すると「独り言」とおっしゃる。
お耳は聞こえにくくなってはいらっしゃるけれど。
世の中のニュースにも敏感の様子。
まわりの物や掲示物にも興味を示される。

平行棒の中を歩かれるのがお気に入り!?興が乗ってくると、両手を支えにして、懸垂の様にヒョイと両足を上げる。
”オッ”とビックリ。だって、ここでひっくり返ってたら大変だもの。
時に”スキーのポーズ”で腰が入る。
目が離せないけど、何が始まるか!楽しみでもある。


「関東大震災」だって、リアルに御存知。
幻の「東京オリンピック」にノミネートされるほどの水泳選手だったとか!?

かつては、モテモテダンディだったんだろうな!?
まあ、(怖い物なしなんだろうな)と思わせてくれる。
見事なほどに「マイペース」それでもかわいいと思わせる無邪気さがあって、いつの間にか
この曜日のアイドル的存在。

こんな方もいらっしゃるここの「デイサービス・ステーション」
若い頃お会いしてたらちょっと(ポッ♡!!!)となってたかも???なーんて方々がいらっしゃる。想像するは楽し!なのだ。
女性陣だって、負けてない。きっとドキドキしそうな美人、ハイカラさんだったのでは?と思われる方がいらっしゃる。
ヒールの靴を鳴らして、カツカッカッとビジネス街を闊歩されてたキャリアウーマンだったのでは!?と思われる方も。

一人ひとり、その方その方の歴史があって、今があるのが感じられる。
その方達の「プライド」を傷つけない様、振る舞い言動に注意してる。

今は人の手を借りなきゃ「トイレ」もままならない方もいるけれど、(順番だもの)と思う。
「認知症」の診断が下りてる方で、すごく申し訳ながって、「申し訳ない。申し訳ない」とおっしゃる方がいる。この方本当に気持ちの優しい、性格の可愛い方。気を遣わせてはならない気持ちになり、「良いんですよ。順番なんですから。いつか私も誰かのお世話になるかもしれませんもの。」と、この方には心から言える。
誰だって、死ぬまで元気でいたい!好んでこうなる方はいないんだもの。

今、お世話してあげられる側にいられる自分がありがたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。