スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンプレ(数独)に嵌ってます

「数独」がちょっとしたブームだった時があったけれど、その頃はあまり興味がなく、問題見ても、電車の中でしてる人を見かけても、何が楽しいんだろう?くらいに横目で見ていただけだった。

一年ちょっと前に解き方を教わる機会があって、せっかくなのでそれからは毎週土曜日に掲載されてる新聞の問題をといてみたりしてた。
一問解くのにやたら時間がかかり、なんかコツを会得できないものか?まわりでやっている人はいないものか?と探していた。

いらっしゃいました。
私の勤めるデイサービス施設に1週間に一回だけ利用されてる、昭和一桁生まれの方。
戦後からずっと経理のお仕事をされていたという、昭和のキャリアウーマン女史。
お顔の様子も理性あふれ、物腰もやわらかながら、キリッとされていて好感度高い方。
頼もしい!
ティタイムに、自宅での時間の過ごし方について話が盛り上がった時、「数独」していると言われて、勝手に弟子入り?した。
同じ朝日新聞を購読している事もわかり、土曜日の問題を解いていらっしゃるというのも心強く、その方の来られる日には、問題をコピーして持参した。
「こんな風に、先に嵌る数字を入れてしまうの」とやってみせて下さった。

とは言ってもすぐに会得できるものでなし、優しい問題をいくつかやって慣れるしかないと思った。
その頃合いに、100均一の店先に『ナンプレマガジン』という、問題集を見つけた。
こういった物まである、品揃えの良さに嬉しい驚きを感じながら、即購入。
優しい「★1つ」問題から「★5つ」まで順に「124問」もある。
1ページ目から、教わったコツを思い出しながら一問づつ解いていくことにした。

Ⅰ~9までの数字を、9マスの縦一列にも横一列にも、3×3のブロック内にも同じ数字が重複しない様に配置するのだけれど、最後になってどうにも同じ数字が重なってしまう事があり、そうなったら、どこで間違ったか?わからない。
一部分の手直しで何とかしようとすればするほど、又違うところで重なってしまったりと、ややこしくなるばかり・・・
こうなったら全部消して、最初からやり直し。これがしんどい(トホホ)

たまにするだけだったのが、その内外出時もバッグに入れて、ちょっと時間がある時も広げたくなり、何時間もかかることもあったのが、どんどん時間短縮できてきて、面白くなってきた。

124問中『プレゼント問題』というのが40問あって、練習のつもりが、5月の連休後くらいから欲が出てきて、締め切りまでに全問解いて応募しようという気持ちになって、それからは、休日ごとに取り組んで、明日の消印有効の締め切りにギリギリ間に合って、夕方ポストに投函した次第。

何だか凄い充実感があって、宿題を終えたような気分になって、夕食時、グラスもキンキンに冷やしておいた一杯がおいしかった!!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。