スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『明石家さんま』さんに ”怒”

今更だけど『さんま』さんには失望。

「ずっと応援してた!」
「品はよろしくないけれど、誰が相手でも天下御免の言いっぷりに感心してた」
(話題が途切れて一瞬シーンと白けて困ったとき、こんな時『さんまさん』がいたら、笑いを湧き起こしてくれるのでは・・・!!!)なんて思ったりして、秘かに笑いの研究もしている。
けど、本質的な物が違っていて、とても無理と、ただただ感服の至りだった。

「幾多の非難があるも、それは受け入れながらも良い所を認めて応援してた」

今までも、娘からおもしろ半分に、でも半分はマジ気味に、何回か忠告はあった。
「『さんまさんが好き』なんて言ってるのは、金目当ての女子くらいだからね。」
「賢い若者はずっと前からあの『傲慢不遜さ』にあきれ返ってるから、相手にしてやしないよ。」
「もう人前で『さんまさんが好き』っていうのはやめなよ。まして、良識派のデイサービス利用者さん達の前で言ったらアカンよ」などなど・・・

「おっしゃる通り」と、言われてることに反論もなく、でも聞き流していたきらいはあった。

今回は、もう『さんまファンやめよう』と思う。
こんな事、若くもなく、美しくもない小市民の一人が言ったくらいじゃ、なんとも痛くも痒くもなくって、「何言っとんじゃ!お前が好きだろうと嫌いだろうとオイラにゃなんの関係もないわ。迷惑じゃ!」くらいな事言われるのが関の山でしょう。が!

私が心から応援し、一人ひとりの選手の方々の努力と研鑽に賞賛しかない、聖なる領域の『オリンピック』のサポーターだか、コメンテイターだかをしていらっしゃるらしい。
それで、柔道金メダリストの『松本薫』さんに、くわえタバコでインタビューをしでかしたと知らされた。
ありえません!!!私当然ですが、”めちゃくちゃ怒ってます”

この時の『松本』さんのコメントがよかったのですって。
さんまさんに「どんな人が理想か?好きか?」の様な事を質問されたら、「ここにはいない人」というような返事だったのを、賞賛の書き込みが殺到したらしい。
松本さんが、直接の非難の言葉でないのに、もっとズバリ「あんたは嫌い」って事を印象付けたと思う。
笑いの王様と(もはや『はだかの王様』になりさがっている)自負してるかもしれないけれど、若い松本さんの見事な一本勝です。

(あーあ残念)
なんで?財力と影響力が付いてくると、人は『傲慢不遜の塊』となってしまうの?
もう誰も忠告をしてくれないのかしら?
いえ、しても耳を貸さないのでしょうか?

(ある意味、お気の毒)
一般社会においても、ちょっとした得意技があるだけで、天狗になってしまう人はいるから、テレビなどに出ずっぱりで、視聴率上げられるタレントさんは、営利の為のチヤホヤ言葉や態度でくるまれて、ご機嫌取りされてる内に尚の事わからなくなってしまうのでしょう!

失脚した?『伸介』さんは、何て上手に、相手の言葉をおもしろく膨らませる事ができるのかしら?と、才能には敬意を感じてたけれど、悪どさ満載で、絶対近寄りたくない人だった。
それに引き替え『さんま』さんは、悪どさがなくっていいわー!なんて思っていたけど、不遜は、悪どさにも通じるわね。

『あんたが一番』っておだてられてるの?
もうダメかもね?初心に帰るには、お金がありすぎるかしらね?
「さようなら~」
私は残念無念だけど、『さんま』さんは、私がこんな書き込みしたってなーんにも変わらないよね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。