スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸弁?東京弁?

「し」は「ひ」・「ひ」が「し」って言うけどそんなだったら、言葉そのものが違ってしまうのではないかしら?
活字でしか知らなかった「江戸弁?」「東京弁?」の事が不思議でしかたなかった。

デイサービス利用者の80代の女性。浅草生まれの浅草育ちとのこと!
言葉の威勢が良い!テンポが速い!
確かに「ひ」と「し」が独特。でも、ちゃんとわかる。心配は無用だった。
私のように「江戸弁」知らずの者にも、話の流れがあるから、意味を取り違える事はないことがわかった。やっぱり「生体験」が大事ってこと!と改めて思った。

ポンポンと調子よく繰り出されるこの方の話には引き込まれてしまう。
これは、言葉の所為だけでなく、この方のお人柄が大きいと思うけれど。
結構好き。私の耳には心地良い。

又来週も休まずに来てくださいね!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。