スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプレー式掃除法

お掃除すると気持ちいい
あー分かってるんだけど・・・
(今やらなくてもいいかな)って?!今食べたいから「さあ作ろう!」という料理と違って、ついつい後回しにしてしまう。

多分?好きでないって事だと思う『掃除』だけど、今年は良い方法を思いついた。

ジャジャジャジャーン!!!
『重曹スプレー』登場
今までは、暑い夏冷蔵庫に常備して、汗ばんだ首筋に衣類の上から、風呂上り火照った体にシュシューと吹きかけて、一時の〝涼”を求めて使ってた。
※汗は酸性、重曹はアルカリ性なので、中和されて臭いが消える。

作り方は簡単
水道水500ml(ペットボトル1本分)
重曹大匙2杯
香油(アロマオイル)ラベンダーか、ベルガモット
(私は、この香が好き)2,3滴
※この2種の香りは、汗の臭いを消して、いい香りを放つという事なので。
これをシャカシャカ振ってできあがり!
スプレー容器に入れておけば使い勝手が良い!という簡単安価な代物。
常温保存で全く問題なし(汗抑えが目的だったから、冷やしていただけの事)

これを掃除したい床、ガラス窓、壁紙にも、一吹きしてそれを掃除用の布(使い古しのタオルや綿衣類等)で拭き取るだけ。
汚れた面を順に中側に折り返していけば、一枚の布でかなりの場所を拭ける。
畳など、意外と汚れているのに気付かされた・・・。
スプレーで湿った所をこするので、汚れがとれやすいし、埃や洗面所の髪の毛など、撚れてくっついてくるので、そのゴミは布からゴミ箱に叩き落とせばすむ。
張り付いたゴミを取り除いてから、最後にその布を洗うので、絡み付きのごみ埃は、洗い水にほとんど浮いてないという次第。

水やお湯を使って、いちいちすすぐやり方では、毛髪は布に絡み付いて始末が悪い。

夏場は、自分に吹きかけて汗を抑えながら、床にかけて拭き掃除した。
香油がちょっぴりたらしてあるので、掃除中いい香りがするし、掃除し終えた時部屋全体にいい香りが漂う。
直後に外から入ってきた人には、香りが伝わるはず。
重曹だから、食品の傍で使っても、小さい子供に掛かったとしても心配無用。

今までより”掃除した感”が大きい。
いちいち掃除水を取り替えなくて良いし、布を2,3枚用意しておけば、拭き掃除中は水を使わなくてすむ。
寒さに向かうこれから、たとえ『お湯』を使ってもすぐに冷めてしまうし、この『スプレー掃除法』お試しあれ!!!

先日遊びに来た保育園児には大うけだった。
二人で取り合って、スプレーしては、タオルでキュキュッと拭いてくれた。
香りがあるのも良いらしく、「いい香り~」って喜んでた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。