スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳詰まりは「耳管解放症」

他のスタッフに比べて、どうも耳の聞こえが良くない気がする。
私には「バイタルチェック」の際の「電子体温計」のピピッ音がめったに聞こえない。

耳鼻科に行ってみたが、鼓膜に異常はないし、特別悪い所は見られないが、敢えて言えば、加齢(これが気に入らないけれど・・・仕方ない)による聞こえにくい音域があるらしい。

先月「ためしてガッテン」では、耳より?な耳の話!だった。
かなりしっかり見たし、録画もしたので、検証しながらまとめてみた。

今の、私の症状が当てはまるわけではないが、たまに「耳キーン」はあるし、この症状知っておいた方が賢明とみた。

耳詰まりは「耳管解放症」

予備軍も入れたら20人に一人という患者がいるというのに、こんな病気がある事は、最近分かってきたことで、「耳鼻科」でも見つけられないことがあるという。
本来閉じている「耳管」が開きっぱなしというのは大変困ったことで、自分のしゃべった声が、鼓膜の内側から頭の中に響き、耳からも聞こえてくるという異常さは耐えがたい苦痛という。

自分の呼吸の音さえ、頭の中に鳴り響くという。

ある日突然聞こえなくなることもあるという。

絶対知っておくといいと思います!!!

「耳に水が溜まったような感じ」や「エレベーターや飛行機に乗ってる訳でもないのに”耳キーン”」が、ひんぱんに起きる様なら、記録しておいてその症状がある時に、記録を持参して「耳鼻科」で診察を受けると良いようだ。
知らずに、「鼻すすり」や「鼻つまみしながら息を吸う」ことで、一時的な治癒を重ねているうちに、鼓膜に凹みのポケットができ、本来、中に溜まることのないはずの「耳垢」が、大きい塊(直径2センチくらいになった実例も)となって、手術で取り出さねばならなかったり、知らずにほっておくと、脳に近い場所故、命まで危ういことになることもあるというのだから、手ごわい!

体に大きいトラブルなく一生を過ごせるって事は、大変な幸せ。
でも、とっても難しい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。