スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アルプスの少女ハイジ」じゃなく、「クララ」の病気解明!!!

足腰フラフラ、骨の変形・・・気になってます。とても
デイサービスに来られてる方には、足腰弱って転倒して大腿骨骨折なんて方は珍しくない。
手術後のリハビリで通ってこられる方、こんなになる前に何とかならなかったのかしらと思うことはしばしば。

背中、腰、手の指など、(別の病気かもしれないけれど)「何にもしてないのにこんなになってしまった」、
と言われる方の変形も気になってしかたなかった。

居住している集合住宅の方で、10年くらい前、定年退職したという女性が、会うと元気にお話して下さった。が、いつのまにかめったに会わなくなって、この4.5年前にお見かけしたら「背中」がひどくまるまっていて、一瞬別人かとさえ思った。畑仕事やきつい労働されてたわけじゃないし、まして、退職後は何もしなくとも経済的に困る事はないといってらしたから、悠々自適に楽々お暮しのはず。
こんなに早いスピードで骨の変形があるのかしら?小柄ではあったけれど、背筋はのびていた。
そして、このところとんとお見かけしないので、「管理人」さんに尋ねると、「ケア付きのマンション」に移られたということだった。

(あー年を取るってこういうことなの!?怖いなー辛いなー)って思ってた。

とはいえ、ゆるい「太極拳」のサークルに参加しているのだが、ここで教えて下さるのは『85歳の人生大先輩』の男性。夏の盆踊りなどにも、まめに足を運ばれ踊るという。今年の夏も大きい盆踊り会でお会いして一緒に踊った。このようにお元気に動ける方がいるのも事実。

そうか!外へ出るのが大事ってことね。
外へ出れば紫外線対策していたとしても陽は浴びるし、他人と話もする。

デイサービスの利用者さんで骨が曲がってしまった方にお聞きすると、一人で外出するのは怖いし、心配だし、ここに来る以外は家にいて、何もすることない時は寝てる事が多いという。
どうも、外へ出ないのは「致命的」と思う。
そして、何にもしてないからこそ、「骨の変形」が起きたのではないかと!!!思う。

ビタミンD不足が大変な事態に!


馴染みのアニメ「アルプスの少女ハイジ」の登場人物「深窓の令嬢・クララ」が歩けなかったのは、この物語が描かれた19世紀末のヨーロッパの深刻な環境に関係があったのだって。

それから100年以上経った今、日本にこの「クララ病」(NHKが番組でつけた病名)予備軍が、特に女性は二人に一人という高い割合で存在してるのだそうな!

お日様が大きく関係している大事な要素が、足りない!
過度な紫外線対策が影響してるのも原因の一つ。
この大事なビタミンを、含んでいる食品もあるけれど、太陽の紫外線が体の表皮に取り込まれることで、「体内コレステロール」が「ビタミンD」に変化するので、お日様のパワーが大事って事らしい。

きのこにはビタミンD」があるが、陽に干すと増えるという。
確か、中学時代に「ビタミンD」が不足すると、『くる病』になるって事。干しシイタケが代表だったけれど、干すと増えるというのも教わった記憶がある。

でも、地味な存在で、こんなに「健康番組」が多いっていうのに、今まであまりテーマになってなかった様に思う。

ビタミンD」の食品もとりつつ、♪手のひらを太陽に・・・!かざして、日焼けは防ぎながら、お日様のパワーをもらいましょうよ。骨曲がらないように!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。