スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「B」型はお喋り!?

「B」型人間はお喋りって言われたけれど・・・特に意識したことはなかった。
たまーに「飲み会」をする人達がいて、「『馬』がうまくいって少少々懐が温かいから「『しゃぶしゃぶ』」しよう」と誘いがあって、喜んで参加。
私は「馬」のことは分からないから、彼らの言ってる事は外国語とおぼしく、聞き流すしかないが、彼らには配慮があって、その話ばかりをすることはなく(大人だね)私の喋る隙あり。
隙なんかじゃなく、私の喋りに付き合ってくれてる感、大いにあり!の一夜になってしまったようだ。

こんな上等な肉はいつ以来!?ってくらい。
おいしくて、楽しい気分も高まって、お酒も進んで、会話も弾んだ。
自分としては、皆も喋ってたと思っていたが、「よく喋ったよねー」と言われた。
そうかそう言えば、話が途切れて突如シーンとするって事があるものだけど・・・無かったかも?

この人達の周りには「B」型人間が多いらしく、みんなよく喋るとおっしゃる。
押しつけがましくもあるらしい。
自分の思った通りに突き進むという印象らしい。
何と、今回分かったことだけど、このお二人のパートナーは「B」型で、うまくいってないという。
じゃじゃーん!何を隠そうこの私も「B」なのだ。
「『もう誘うの止そう』って言わないでね。」と言うと、「免疫できてるから大丈夫だよ~」と返ってきた。
(私も然りとの印象かい!?)

「A」型の一人がどうしても許せない「B」型の生態として・・・
「取説を読まない!!!それなのに、当てずっぽうで触りまくり、あげく壊す!」
(トホホ それは言える。)
私も『取扱説明』読むの大嫌い。
それなのに、皮肉な事に前職は『キッチンの取扱説明訪問』という仕事
お金の為ならエーンヤコラで頑張るしかなかったから、できた。
私がしなければならない『取説書』の一生分を読んだ!という位、強制的に180度変わった。

確かに読込むと、良くわかる。御客様より一歩先を行かねばならず、そうするしかなかったけれど、実際に使った経験で説明に伺いたかった。
(実は、読んだ事を、現場で試しながら確認していたから、同じ機種は説明に伺うほどうまく対応できた)
むりやりでも、読む事をしなければいけない経験を10年近くしたことで、ほんのちょっと変わって少しは読んでから触るようになった。
でも、やっぱり好きじゃない。読むんじゃなく誰かに教わりながら使いたい。作りたい。

「B」型は、どうも「B」以外の人達からの評判よろしく無い様だ。
血液型が全てとは思わないが、全く関係ないと思った事もない。

デイサービスの利用者さんを見ていて、何となく「B」はわかる。何か共通の感覚を持ち合わせてるのかもしれないと思う。

リハビリメニューの一種の運動を一緒にしましょう!って誘うと「それはつまらんから嫌だ」と拒んだり、難しい顔をして、雑誌など読んでることの多い、一見『気難し屋』さんの「B」型がいる。利用者さんも、スタッフも、ちょい苦手傾向にあったみたい。
ところが、同じ回に、リハビリにも汗ばむほど全身で取り組み、美人で、スタイルが良くて、全盛の頃はどんなにか素敵だったに違いないと思われる、お喋り上手で、誰にも話しかけてその場をにぎわせて下さる方がいて、この難し屋さんにも突っ込みを入れる。
それでこの頃、顔は不機嫌ぶりを繕いながらも、この場が気に入りつつあるのが見える。
顔つきの割には、分かりやすく、この方を気にいってるのがバレバレ!
実はそんなに気難しい人ではないと思う。
件の彼女が、銀座か築地の超高級店の話を振った時、「食べに行ったことがあるが、支払の時あまりの高さに腹立たしかった」ですって。
すると彼女が「あの店が使えたってことは、相当な一流企業で仕事してたでしょ」と返すと、一瞬止まって
(そう返ってくると思わなかった様子)「そういうことにしといて」と言っただけで、自慢話は一切しなかった。
高感度アップの瞬間だった。

95歳アイドル氏は、初めからマイペース。
この方は気難しい顔なんてなさらない。飄々としていてそれが味になっている。
お歳のせいもあるかもだけれど、周りの状況はどうあれ、遠慮なく声も伴う大きい欠伸をされ、自分のペースで平行棒を歩き、興が乗ると「足上げ」をされる。
私は見守る役割もあるけれど、今日の調子も分かるので「足上げ」が見られると、嬉しくて拍手してしまう。
ギャラリーがいると俄然好調のようで、いい顔をなさる。
他の回でいらっしゃる奥様が「自分のやりたい事ばかりして、みなさんに迷惑かけてるんじゃないかしら?」と、マイペース振りを心配なさるが、他の利用者さん達にも人気がある。
大好き!

更にもう一人、大きく御商売をされてた方でもあり、物知りで、お話上手な男性がいて、ご自分から「B」型だと言われた。(確かにおしゃべり)
この方は「B」の奥様の気性を喜んでいらっしゃる様子。
面倒見が良くて、物おじしないで、決断が早くて、行動力があって、御商売にぴったりの方らしく、人生に勝負をかけようと思った時、『占い師』に見て貰ったら、「奥様についていけば間違いなし」と言われたそうだ。
そして、成功したという。

そう!「B」型は見方によっては、とても「良い気性」の持ち主が多いのですよ。
結構単純明快で、褒められると嬉しくて、頑張っちゃう。
「自分は『B』型だから」と、血液型のせいにして、傲慢で配慮の無い発言で更迭なった大臣がいたけれど、いわれのないこういう事を言うから、『B』の評判が悪くなる。迷惑至極。
『躾』の無さと『教養』のな無さが為した悪行でしょう。
「血液型は傾向がある」というだけの事で、人格形成は、自分で、教養や知識を身に着ける努力以外何ものでもない。
表裏一体だけれど、人と群れるのは苦手だから、集団の一員になって、一人を仲間外れにする様な事は、しないと思う。
反対に、交わらないから、「仲間外れ」になる事はあるかも?
これらはみな、個人差があるから、決めつけはしないで欲しいなーと切に思う。

どんな型であっても、=イコールではないから。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。