スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月二日

年末はずっと曇天続きで、クリスマス寒波の余波で寒くて、大掃除も手抜き手抜きで、年賀状書きがギリギリ間に合ったところで、新年に突入。

さて元旦、空は青く晴れ渡り、好い天気。
まず起き抜けは、7年目に入った、祈りのスッポット廻りの「毎朝のウォーキング」
「自分の手足を自由に使って動き、頭を使って考え、心を使って人と付き合える『三つの健康』が壊れる事がありませんように」と手を合わせ、心に刻みながら歩いた。

去年の元旦からは、正面に建った大きいビルに塞がれて半分しか見られなくなってしまった「富士山」だけど、やっぱり確認したくて屋上に上がってみた。
真白い富士の山が、左半分だけ見えた。

それから「お雑煮」
父は、遠州は奥浜名湖辺りの育ち、母は「三河」の出身。伝統をしっかり守っているってのではないと思うけれど、焼いた角餅に、野菜・鶏肉・油揚げなどをいれた澄まし汁仕立てが、子供の頃からの私のお雑煮。
金粉入りの「祝酒」を少々。
頑張った所で、残念ながら誰も喜ばないので、特別な「お節」は作らず、普段作りに、紅白蒲鉾と伊達巻を添えて、それらしく盛っての食卓。

やっぱり嬉しい年賀状。
メールでは味わえないこの昂揚感。
だから私も続けている。
あーやっぱり足りない。出してなかった人からも届いた。難ありの印刷分があるけれど・・・やっぱり失礼になるよなー?お年玉付きじゃない私製ハガキに印刷したのはあるけれどなどと、悩みつつ・・・

基本姿勢として、元旦は外出しないのが私流。
「なーんでか?」と言うと、ある人の教えに共感したのです。
元義姉の父上が、艱難辛苦を経験され、ご商売で成功なさった方。
「年の初めにお金を出しては、一年中出す事ばかりになる」という自分流の強いこだわりがおありで、初詣も、お年玉も元旦でなく、二日からだったとの事。外出し、人を訪ねれば必ずお金が動くことになります。
それを聞いて以来、徹底的にではないけれど、できるだけそれに倣っているのです。

それで、正月二日から動き出すことにしています。
まずは恒例の「東郷神社」への初詣。
原宿の竹下通りからちょっと入った所にあるのですが、初めての時は、こんな賑やかな所に祈りのスポットがあるのか?半信半疑でした。
「原宿」と言ったら、「明治神宮」への参拝客で賑わう場所なので、駅を出て反対方向に行く人は目的が違うのではないかと・・・。
大病に倒れ、東京まではとても詣でる事はできなくなってしまった兄が、とても大事に思っている神社なので、私には、ここに行くことが重要なのです。。

兄が現役の頃、若い部下が大病に倒れ、生死を彷徨い、「治ったとしても知能や運動機能に大きい障害が残るでしょう」と言われたくらいだったのが、奇跡的に治癒し、そして仕事でも活躍できるくらい元通りになったというのです。
病気と闘っている時に、兄は、自分の名前と同じ「勝」神社であり、(多分「東郷平八郎」様を信奉していたこともあったのだと・・・)一心にお詣りしたというのです。
それ以来、ここを頼みの場所にしていた様ですが、叶わなくなった今は私が代わりに、そして今は病気で闘っているのが兄ですから、快癒を願って、毎年お詣りすると決めたのです。
今年も心を込めて「快癒」を願ってお詣りしました。もう、8年目になります。

このところ、帰り道は「表参道ヒルズ」に立ち寄り、B3階「スペース オー」に行ってみるのです。
今年は「松任谷由美」さんの40周年記念写真展開催中です。
ユーミンさんが、様々なファッションに身を包み、はつらつとした表情のパネル写真で埋め尽くされたスペースに、彼女の音楽が流れています。
各界の方達のお祝いメッセージも展示されていて、これも興味深いものです。パソコンの整った字体のカードもありましたが、やはり自筆の物に強く惹かれました。人柄を感じます。思いも強く伝わってくる気がします。
(・・・年賀状も然りです。やはり手書きのコメントの無いものには、心が伝わりにくいと思うのです。私宛に下さったということが、気にかけてくれてるんだと、思わねばいけないのかもしれませんが・・・)
群を抜いた才能を発揮でき、たくさんの人達、いろんなジャンルの方々と交流があるこの人は『天才!』なんだろうなと今さらながら感じながら、ここを後に。

メトロの出入り口すぐに、「新潟県」のアンテナショップがあってここも立ち寄りスポットになってます。
入口脇のスペースが美味しい。
¥600なのに「いくら」がたっぷりかかった「海鮮丼」
米どころの美味しいごはんが、こんもりの「カツカレー」¥500
「鮭蒸し飯」¥450。隣りの人が頬張ってた。もち米だなー。光ってる!これも美味しそう!!!
「餅入りけんちん汁」¥500。根菜がいっぱい入ってアツアツたっぷり!
「鶏唐揚げ」「蒸し芋」アー全部おいしそう。
今年も「八海山」の振る舞い酒がありました!!!

中に入って、
米所は酒どころ、たくさんの種類が並び、おいしい米製品がいっぱい。
「米の麺」なめらかなのど越しがお気に入りの一品。平麺細麺らーめん麺も。
本家『柿の種』これもたくさんの種類があって、試食もあり。
スイーツも各種。
必ず買うのが「笹団子」ヨモギ餅の中に小豆つぶ餡が入って、笹に包まれ真ん中を縛ってあるからくびれが「団子二姉妹」って感じかな?

帰宅してすぐに兄宅に、神社のお札を入れてお土産の荷物を作り、宅急便を出しにコンビニへ。この時、足りない分の印刷しようと「年賀はがき」を探した。もはや一枚も残ってなかった。ダメ元でもう一軒行ってみたがアウト。

「東郷神社」へ行く為のメトロ駅まで、同じマンションの方と一緒だった。
エレベーターで出会って聞くともなしに会話が進み、友人3人で待ち合わせて「皇居」の『一般参賀』に行かれるということだった。次のチャンスは分からないからと言われる。(その通り)
私も毎年気になっているのだが、まだ参賀していない。
特に去年から「したい時にできる事しよう!」という生き方を標にしてるんだから、これもしなくちゃ!

夜はTVの「世界一のショータイム」を見る。
同じ人間でなぜなぜそんなに凄いパフォーマンスができるの?!?!?!と、感動しながらも、「テレ寝」してしまったという凡人のお正月と相成りました。


追伸
昨日の事だから、昨日アップするつもりが、下書き中にパソコンがフリーズ(こういうのがすごくすごく困る事)しちゃって、私にはどうにもならずでした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。