スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外は雪

この時期、やっぱり「日の出」は遅くなっていた!
今朝の天気予報で言っていた。「今日から少しづつ日の出が早まります!」と。
1月の中旬までは、陽が長くなっているものの、日の出の時刻は「冬至」を境でなく、しばし遅れてから
早くなるようだ。
ちゃんとした気象的地理的理由があるのは想像できるけれど、分かりません。だれか教えて!

朝方祈りのスポット廻りのウォーキング時は、雨だった。が、外を見たら「雪」になってる!
かなり降ってる様で、前のビルに白く、動くフィルターが掛かってる。
「雪片」は、風に流されながら、一定の方向に舞っている。目の前近くを舞う物は、方向を変化させながら、上から下に落ちている。
東京では「初雪」かしら。

今冬初めての「雪」」体験は、11月末「オーロラ」で訪れた「ノルウェー」での物。
あちらのは、グラーニュ糖のような、小粒で水分がキッシリ凍ってる感じだった。
道に落ちても、じゃらじゃらしていて、道路は濡れなかった。

ついでに、いろんな事が思い出される。
そう言えば、あちらの「ビュッフェ式」の朝食をしっかり食べた一週間弱で、体重は確実に増加した。

パンは塊で用意されてるのを、必要なだけ、すのこ状の板の上で、「パンナイフ」で切り取って頂く。
大きめで、固めで、穀物や木の実を練りこんだクラッカーが幾種類かあったし、ヨーグルトや、ジャムや、トッピングの種類も多く、チーズ、ハムも、どれにしようかな?って迷うくらいあった。
ついつい、好奇心も手伝って、毎回満腹になるほど頂いた。

日本も、朝食は「バイキング」というか、「ビュッフェ」式というか、似た形で提供される。野菜や煮物、焼き物、手が込んでいるものも多く、同量食べたとしてもヘルシー感がある。

身に着けて行った物が入らなくなるって事はなかったけれど、お腹周りが自分で重くなった感じはあった。通常体重より2キロは確実に増量していた。
「良く食べる割には太ってない!」と言われる事が多いが、実は太らない体質ではないのだ!誰しも「食べりゃ太る」のだ!ってことを思い知った。
この年齢になってから、このまま、胃拡張になってしまっては、まずいではないか!

自分の中には、基準体重があって、それプラス・マイナス1キロっていうのが、ここ20年くらい大きく変化なく続いてる。ってことは、案外規則正しい生活をしていたのかしら!?(自画自賛?)

三食ばっちり食べているけれど、大方自分の料理を食べて、気を使う仕事もする日常を過ごすうちに、元に戻ったみたい。(特別なことはしなかったから、1か月くらいかかった)

実は、添乗員さんが、小柄な方でありながら、「ハンプティダンプティ」の様に、卵体型だった。
”ちょっとやそっとの事では動じません”ってタフな感じで、頼りになるタイプだったのも、体型が一役かっていたかもしれないが・・・
ついつい、お節介な母心が出てきて、健康面で心配になってしまった。

きっと、「今日はこの国」「明日はあの国」でご当地料理を赴くままに頂いて、日本レベル(ってのがあるかどうか知らないけれど)に戻す間がなく、次なる国へと忙しくされている代償なのかしら?
などと思ってしまった。

外の雪は止めどなく舞い落ち、道路、家々の屋根、ビルの張り出しの所、真っ白に積もりつつある。
今日は「雪の成人式」次女の時もそうだった。
「雪のセンター試験」もあった。
子供たちの為に、動き回ってた頃は、今よりずっとずっと元気だった。

もういいでしょ!私は、自分が機嫌良く生きていられる努力だけで。

このまま炬燵から出たくない。ぼんやり空想の世界で遊ぶには絶好のロケーションだもの。
こんな中でも、外でのお仕事をされてる方もいっぱいいらっしゃるでしょう。
「ご苦労様でございます」と心で感謝。
なまくらな私を御容赦。明日はお仕事頑張りますから。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。