スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『若い』って豊か!

若いって素晴らしい!!!

若い人は気付いてないかもしれないけれど、凄い!素晴らしいことなのですよ。
お金なくても、内に蓄えがいっぱい。
「世田谷育ちのグルコサミン」も「サントリーのセサミン」も「ボトックス注射」も必要ないでしょ。

何か食べた後・・・舌で歯を、レロッてなぞっておけば取りあえず人前に出られるでしょ!
それは、エナメル質のコーティングが活きてるから。
今や、歯間ブラシで歯の隙間をつついてから、ブラシでこすらないとなりません。
そう、「あらら、何か歯にくっついてまっせ」って事になってしまいます。

楊枝で歯をせせっているおっさんを見て(いやだなー)なんて思ったのに、あーあです。
ただ、手で精いっぱい隠しますが・・・せせってる事に変わりは無いのです。
だからトイレ洗面所などに、楊枝が用意されてるお店はとても嬉しいのです。

美容院、カット代だけでいけるでしょ!
(冬だろうと夏だろうと、頭頂に白い物が・・・雪山現象が現れるので、行かねばならないのです。カラリングセットですからお高くなりまーす。)
プリン頭。これは必要に迫られてる訳でなくともカラリングしてる若い人だけのもの。

まだまだあります。
ジーンズの膝が抜けてるのをはいてても、「ファッションなんだよ。文句あっか!?」
なんて開き直れるでしょ。

フォルムが気に入ってたジーンズの膝が薄くなってバーコード状になったけど、「ファッション」ってことにしておこうと、穿いてたら、婿殿が「おかあさん、膝が破れてますよ!」と親切心で教えてくれた。
トホホ言い返せませんでした。「あらほんとだ」なんて気付いてなかったことに。

うっかり顔を下敷きにして眠ってしまったら、さあ大変。
戻りまへん。
顔を洗いながらマッサージくらいじゃ全く駄目。仕事場に着いてもまだ顔に線がくっきりなんてことも。
隠そうとマスクしてたら、マスクの紐あとがプラスされちゃったりするのですよ。

去年から、いつも頭の周りに「」が鳴いてる。これって邪魔。
何の音って言ったらいいのかしら?と考えていた昨夏、蝉しぐれの中にいたらこの時だけは違和感なかった。居候始めたのは「セミ」なのか!
それでもって病院に行ったら「加齢」って言われたんですよ。

起き抜けに、手足がこわばってる。動いているうちに、やっと段々ほぐれてくるんだけれど。
これだって、「加齢」で片づけられちゃうんです。

今になって(自分はこんな事に向いてるんじゃないかな!)って思う事があるけど、今から勉強するのに時間もチャンスも少ない。
「今から???」って、まずけげん顔されるのは覚悟。
若者だったら褒められることでもです。
周りを納得させるエネルギーが必要。これで力使い切ったら、大事な目的にまで辿り着くのに時間のかかることかかること。
よって、よほど情熱があって、経済的に余裕もないことには始められません。

若者なら、奨学金制度もあるし、そのくらい情熱見せたら応援してくれる人だって見つかるかも。

いいよなー!若いだけで得してる事いっぱいありますよ。
若者は自信を持って。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。