スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食器洗い乾燥機ってどうなの?

 採用される方増えてます!
「あるのに使って無い方」・・・是非是非使って下さい。
「迷っている方」・・・お勧めです。

*キッチンのユニットに組み込む、ビルトインタイプ・・・すっきり収まって統一性があります。この頃は 腰をかがめなくても出し入れ楽な、スライドタイプが主流。プラン、タイプによっては、下部に洗剤など入れおける引き出し付きもあります。
*カウンター上で使う、据え置きタイプ・・・大体窓付きの為、運転中の様子が見られます。取り付け、取替え簡単です。ってことは、費用は安くつきます。

 どんなタイプも省エネです!
まず、水の使用量はグーンと減ります。溜め水洗いの溜め水すすぎ。
・・・回転ノズルから、勢い良く、水やお湯を噴射して洗い落とし、すすぎあげます。
・・・手洗いは、流水すすぎ。知らず知らずのうちに、けっこうな水を使ってます。
・・・水は、(一回に入れ替わる水は3リットル弱・・・コースによって、すすぎは2~5回ほど)
洗いと最終回のすすぎ時、本体内のヒーターで、熱々のお湯になります。
この熱々のお湯が、排水管に流れる事で、ざっとですが、手の届かないところのお掃除にもなります。
・・・据え置きタイプは、シンク内に排水されます。
排水ホースが目障りかもしれませんが、頑固汚れの鍋類に溜め、湯洗いしたら汚れ落ちも良いでしょう。ついでにシンクの掃除もしちゃいましょう!排水トラップにも熱い湯が流れます。

 ちょっと、食洗機から離れますが・・・パン、ヨーグルトなど、手作りしてる方、
作る時は有効菌ですが、そのまま洗い流すと、発酵菌は増殖して、パイプ詰まりの原因になる事もありますよ。大方の雑菌は高温には弱いです。

 洗剤は、最初に一回いれるだけ。
・・・一つ重要なお願いは、「食洗機専用洗剤」を使って下さいね!
手洗い用の泡の出る物はダメです。
少ない水で、洗いすすぐ機械は「泡」が大の苦手です。
特に高価という訳ではないので、ご安心を。

 電気代は、ヒーター乾燥30分つけても、標準コースで¥20掛からないかもです。
お饅頭一つ分で、4~5回は、あなたの代わりに食器を洗ってくれますよ。
「えっ!」 もっと高額なおやつをふんだんに食べてますって? 「失礼しました。」

ちょっと、嫌われる原因は、
「一つ一つ並べるのがうっとおしいのよねー」ですって。
そう、日本の食生活は、「器」も料理の味付けって事で、色々な形、材質の食器がありますからね。
 ここは、ちょっと切り替えて頂いて、パズル感覚で、並べて見てください。
 食器と食器の間に、水やお湯が通る隙間があることが大事です。
うまく入れられると快感です。
熱々で洗いあがった食器は、清潔感上々気分。きっと、癖になります。

 これらのことごともお伝えしながら、たくさんの中から、あなたの物になった機器について、マンツーマンで説明させて頂いてます。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。