スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手話体験

初めての手話体験に参加!
前から興味はあり、この度区報で知って申し込むと、すでに定員いっぱいという。
「キャンセル待ちと言う事で受けておきます。」と言われ、そのキャンセルがあって連絡を頂いたので、出かけた。

講師の方は、私達にお話ししながら手も動いている。実になめらか。
もう一人の方は耳のご不自由な方だった。
手話に付いてのお話の後、実際にこの日の受講者の一人ひとりの『名前』を手話で表現するとどうなるかを教えて頂き、挨拶しあった。

「あなたの名前は何ですか?」
「私の名前は○○と言います」
「はじめまして」
「今日はあなたに会えて嬉しいです」
「よろしくお願いします」
名前は面白い。
『佐藤』さんなら、口の周りを手でぬぐうようなしぐさで「佐藤は甘い」からきてるという。
意味からの成り立ちだという。
歴史上の有名人になぞらえて、その人の特徴を形にして表現したり、『山』なら手で山を描き、『丘』は低い山形に。『水』は手の平を上にしてひらひらと水が流れてる様に。
『井』や『田』は手の指を「井」「田」の字の形の様に指の腹どうしを合わせたり。

前に出て、耳のお悪い先生に伝わるか、実演した。
できた!
空想してた時より、興味出てきた。もっともっと覚えたい!!!
指表現は『脳の活性化』にもなると思った。

5月から週一のペースで40回という本講座が始まるのだが、これは、定員超過したら抽選になるということで、まだ決定はしていない。

帰り道、自己紹介の練習をペアでした時の彼女と一緒になり、この彼女も『介護ヘルパー2級』を持ち、仕事していたとのこと。
私の辞めた理由を話すと「もっと時給の良いところたくさんあるし、今度会う時には自分が以前仕事してたところの連絡先教えます」と言ってくれた。
二人共、もはや講座を受けられるような気がしていて、再会を信じて「バイバイ」した。
二人のたまたま共通点。お互い顔の真ん中あたりに『ほくろ』があった。
ちょいと違うのは、彼女鼻の付け根あたり。私おでこ。
彼女美形。私月並み。ここ、大きく違う!?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。