スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事変わるという事は、又スタートラインに立つって事!?

ベビーシッターの仕事、ぽつぽつ動いています。
今までの経験がすべて使える世界です。

ベビーのお世話は勿論、幼児と遊びながらお留守番。
育児にかかりきりで、家事に手が回らないママの家事手伝いもあって、掃除や食事作りもします。
地図で、初めてのお宅を訪ねて、その家の事情に合わせて仕事をします。

選んでるほどの状態ではないので、日程が可能な状態ならお受けすることにしてるのだが・・・
これはできれば行きたくない!?と思った依頼があって、一回はお断りしたが、日程を変更しても構わないので行って欲しいといわれ、断りきれず受けた。

1:ほぼ専属の人がいるらしく、その人が都合が悪く代行という。
2:そして、住人はお留守。
キーを宅配ボックスから出して入室し、メモがあるのでそれに従って夕食作りとへやの掃除等をしておくという。
(いきなり、留守宅へ入るってのが嫌だなー)と思った。
(馴れ合いの人は『あ・うん』の呼吸で食事の好みや傾向が分かっているでしょうが、私簡単な指示メモだけでやんなきゃならない!)こりゃ、やりきれるかって問題もある。
3:その上「遠い」!!!地図をもらって更に行く気が失せた。2時間の仕事に何で片道1時間超かけて行かねばならんの???って思いがした。

が、まあ、一旦受けた以上やるっきゃないし、やるからには楽しくやらねば、自分に対してもったいない。
ネットで出されたのと、多分利用者さんが手描きされたであろう地図が送られてきた。
ネット地図はくねってる。手描き地図は一直線。(そこで暮らしてる人の思い描く地図は思い込みが強い物で、初訪問者とポイントが違うのは良くあること)

手描き地図から、利用者さんの事推測しながら歩くことにした。

「野菜無人スタンド」が途中2つあるように、大きくマークされてた。(実際には、どちらも夕方の時間帯で閉鎖中だったから、よけいに些細な存在だった)
※通りがかりになどに、良く利用していらっしゃるんだろうなと推測した。

「パーキング」の印も大きかった。(空き地にラインが示してあり、数台の車が置いてあったが、パーキングの看板等はない)
※車を運転される人なんだろうな。

「緑」と強いて記入があった。(歩道の一部に5,6本の木が植えてあるエリアがあった)
坂の上の方を見やると、もっと『緑』が見えるが、ここだろうか?
歩道沿いには、等間隔的に一本づつ植えてあるけれど、まとまっているからここかなあと推測。
※これは曲がり角として重要なポイントなんだろうな。

「緑」隣に「小さい遊具」とある。(見えない!)見えない位小さかったら意味ないからきっとあるんだろうと、坂を上りかけたら、あった!
※『緑』だけでは、他にもありそうだもの。これがある事で特定できるから、確認の為に入れてるはず。慎重かな?きめ細かい方かな?

時間もたっぷりあるし、まわりを確認しつつ、敢えてゆっくり探しながら歩いたから、時間はかかったけれど、あちこち行ったり戻ったりの迷いは無かった。

面白かったのは、途中分岐点や、脇道もあったが、絵地図はお住まいまでが一本道。
※ご自分的には、とても分かりやすい一本道と感じていらしゃるんだと思う。
紙面端に四角が記入してあり「白」隣りの四角に⇒『ここ』「茶色」とあった。(建物の名前は勿論入っていたけれど・・・)
坂道を登り切ったような場所柄からか?見えてる所は建物の最上階屋根部分らしく、4階建てじゃない。

中が大変だった。エレベーターで行先を押すと、下に下がった。最寄階で降りたが、部屋番号がない。通り抜けできない。階段から行くと又先程のところに出た。迷路状態。
こんな私を『俯瞰カメラ』で追ったら滑稽なんだろうなーと思いながら、うろちょろし、階段上ったり下りたり・・・
なんせお留守宅。SOS出せない。
階段を落ち着いて辿ってみた。「あった」そして、私にはミステリー。エレベーターの隣りだった。
帰りは、このエレベーターに乗って出口フロアへ。が、又壁に阻まれて外へ出られない状態。又、階段上ったり下りたり、理解はできてないまま、何とか出口に出た。
外はすっかり夜。星が瞬いてた。
なんとも切ない日でした。

ここでの仕事内容というか、仕事量というか、やや辛い物があった
居ない事はわかっちゃいるけど、大きい声で「ゴメンください。シッターの○○です」
「入らせて頂きます」など、いちいち言いながら、リビングへ。
メモにぎっしり指示あり。
まずは、食材確認して、下ごしらえしてから掃除しようと、調理に取り掛かり、煮物始めたところで住人ご帰宅となって(ホッ!)
あれれ???子供ちゃんはいない?
子供ちゃん達は、夜7時過ぎの帰宅という。
ご自分は「部屋で仕事してるので、よろしく。何か分からなければ声掛けて」
(分からんことだらけだよー)と思いつつ、味噌汁の他に4品作る。
まだまだ、使って!と言われてる野菜が冷蔵庫にいっぱい。
掃除、洗濯物干し。延長しなきゃ無理。ひとときも休憩なく動き回っても途中でアウト
不満そうだったけれど、こんなに盛りだくさんの所は初めてだった。

遠路はるばる行ったのに、達成感もなく、子供達にも会えず、ただの家事手伝いのみで何だか後味よくない業務となった。

幾多の事も、人生経験豊富な分、内容によっては『ベテラン』だけれど、ここでのスタッフとしては『新米』又また、スタートラインに立ったところって事なんだろなー!?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。