スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人との付き合い方・・・永遠のテーマ

他人っていったい???

自分と、共有してる空間にいる人が不機嫌なのが嫌!
争う事はもっと嫌!!!

だからか?癖というのか、習慣になってるかも
初対面でも、少しの知り合いでも、こちらから話す時は笑顔を添えて話す
相手が気に障らないよう言葉を探して話し相手の話に耳を傾けるようにする
これって特別でなく、大人のエチケットなんだと思ってる。
私からみても、こういう人とは話にはいりやすい。

多分、私の第一印象は悪くないはず。
そして、険悪な雰囲気になることは少ない。

が、私が有名人でなく、著名な人でもなく、市井に生きるただのおばはん。
(『ただのおばはん』になってしまいたくないと、私なりの努力をしているが、見た目はそれそのものなんだよなー?きっと)
近づきやすいらしい?
こいつは私の事気に入ってるな!
私の話を肯定してるな!などと、思われてしまうこともあるようなのだ。
(あなた勘違いだよ!)といいたくなる相手に出会う事が時にある。

勝手にズカズカと入り込んでくるような事を言ったり、したりする人がいる。

当たり前の事なんだけど、目上の方(というか、歳上の方)には特に気を付けて話をさせて頂くようにしてる。
すると、自分の思うように動く奴。言う事を聞く奴。
などと、取り違えてしまうらしい人がいる。

何言っても許されると思われてる?
何頼んでもやってくれるはずと思われてる?
いいや、気軽に結構面倒な事を当たり前にやらせようとする人さえいて、自分の思い通りに私が動かないと、機嫌をそこねて怒り出す人にも出会う。
こんな人は、「自分を省みる」という観念はないらしく、私を、直接や、陰口で口撃してくる。
こんな人は、だいたい自分の事を棚に上げて、他人批判をすることが多いので、すぐわかる。
(あーこうして、気に入らないと悪口言って他人を悪者に仕立てるんだなー)と。

されげなく距離をとって退散するとか、深入りしない様に注意するんだけれど、
『ノー』と言うのが超下手(トホホ)
自分から「あなたとお話したくありません。」と、はっきり言えない。
そういうあからさまな態度がとれない。
これが、相手を誤解させてしまうのかしら?

なんなんでしょう???

親しき仲にも礼儀あり!でしょ。と思う。
はい!だからこそ、勿論人格的にわきまえてる人たちにも、いっぱい出会っています。

本当に親しく、嬉しい仲間達と話してる時は、自然にお腹の中から喜んで、お喋りしてます。
だから、私ばかりが問題人間というのではないと思うのです。
少なくとも私は断じて『八方美人』ではないと思ってます。

この複雑な社会で、仕事をしてる以上、社交辞令は言います
でも、自分の信念は強く持ってるので、どうしても同調できないことには、はっきり『ノー』と言います
それが元で、仲間内からは、『世渡り下手』と言われ、『サラリーマンになれない人だね』と笑われながらも、こんな私を知ってくれてる気の置けない人達は、長く付き合ってくれてます。

以前書き込んだ同じご近所サークルで知り合う事となった『77歳女史』は、最たる自分勝手でわがままの極みの様な人だった。
ありがたい事に、自分から勝手に怒って罵詈雑言を口にして、私から立去ってくれた。

私が兄の見舞いで、一週間ほど留守をした時に、私に何やらさせたいことがあって、三度くらい電話をかけてきたらしく、「電話頂戴」と留守電がはいっていた。
けれど、帰宅早々孫の保育園のお迎えがあり、そのまま我が家で預かることになってて、すぐ電話しなかった。
だって、いつも長ーい長ーい電話なんだから。

冬の寒い時期であり、風呂に入れようと衣類を脱がせている時電話が鳴った。
娘から何か急ぎの電話かと思い、出た!すると、(しまった!!!)件の女史だった。
「今、手が離せないから、明日電話させて下さい」と言ったら、さー怒って、怒り狂ってしまった。
朝電話しても出ない。昼ごろも出ない。
(勝手にかなり怒ってるな)とは思ったが、午後一緒の会合に出たら、すごい顔で睨んできて、皆の前でもわざとつっかかってきた。

勝手に気に入ってくれてたらしいこの人が「コーチしてあげるから入んなさい」と、声掛けてきて、全く苦手と言っていい『卓球』ではあったが、これも苦手を克服のチャンスなのかも!?と、始めた。
ここでは『卓球サークル』を、立ち上げたという自負から(これも本人が吹聴してるだけかも?)、女王様的な振る舞い。
逆らうと面倒なので、実際のコーチや、会長も誰もこの人に物申すひとがいない。
心から奉ってるでなく、みんな困ってるのが新入りの私にもわかるのに、本人だけが分からない。
こんな人は、私の方から願い下げなんてことしたら、どれだけ悪口言われることか想像の域を出る。

長の電話でしょっちゅう、気に入らない人の悪口、何度も何度も聞かされましたから。
その時だって、私は「そうなんですか。」「この前もそう言ってらっしゃいましたね」などと、相槌打っただけで、重ねて悪口の増長を諮る様な事はしなかったのに、繰り返し他人の悪口いうことで、自分に酔ってるのか、切ってもらうきっかけを探すのに苦労した。

卓球サークルも辞めようと思ったけれど、私が悪い事したわけじゃなし、こんな人と争って辞めるってのも大人げないと、その後も二,三回行った。
すると、下手なのをわざとけなす。
上手な先輩達が相手をして下さろうと声かけてくると「この人に関わらなくてもいい。自分達の練習しなさい」と遮る。
片づけを手伝っていると邪魔をしてきて挙句、「そんなところにボサっと立ってない!」と怒鳴る。

三度目に「お世話になりました」と、御挨拶しました。
勿論「みなさんでどうぞ。」と、箱菓子も持参しました。
安い会費でしたし、先払いしてたけれど返してなんて、勿論言いませんでした。
それでも、悪者は私になるのは承知の上でした。

ただ、こんな事のあった頃、我が家から少しだけ遠い場所に引っ越されてたので、もう押しかけられることはなくなったのと、出会った時のサークルにもあまり顔を出されなくなり、女王でいられる『卓球』一本で頑張っているらしく、めでたしめでたしの結末でした。

昨日今日の他人と親しくするのが、とっても面倒になったのは確かです。
一人暮らしの(自分よりは)お年寄りに、できるお手伝いはして差し上げようという気持ちからの付き合いだったけれど、わがままを増長させてしまっただけの、にがい経験となりました。

積極的に人に近づくのは控えていても、所詮は『人が好き』らしく、こちらから誘うわけではないけれど、近づいてくる人もある。

それだから、気持ちよく話ができる人にも出会えてるんだけど・・・

この夏、又面倒な人出現。
同じマンションの人で、一緒の年回りで役員をした。
あいさつは勿論するし、ちょっと立ち話もするし、御主人が丹精されてる家庭菜園の野菜をいただいた事もある。
多分、定年になり、お仕事が毎日ではなくなって時間が出来たのだと思うけれど、マンション一斉の排水管掃除の日、在宅が分かったからか、お茶に誘って下さりお部屋にお邪魔した。

まあ楽しくお喋りをして過ごしたのです。
「時々はご一緒しましょぅね」ということにもなりました。
「今度の『マンションの総会』には、提案したいことがあるから、あなたも出席してね」と言われ、内容的にも同感だったから、行きましょう!ということになったのです。

後日、お礼の気持ちもあって、旅行のみやげをお持ちした。
すると、翌日「後で分かって、双方嫌な思いをしたくないから」と、宗教なのか?、思想的な組織なのか?に入っているからと、会報誌をもって告げに来られた。

誘われてる訳で無し、私としては同意できない事に興味もないので、特定の宗教思想があっても、それが理由で避ける気持ちは全くないので、「あーそうなんですか」と、普通に頂いておいた。

べったり付き合うのは苦手だし、この方はご主人様もご健在でいらして、近頃結婚されたというお嬢さんは専業主婦。至近距離にお住まいでもあって、しょっちゅう行ったり来たりと聞いてたし、適当に距離はとるのがエチケットってもんでしょ!と思うので、特に声掛ける行事もなかったし、私も仕事、彼女もすっかり引退じゃなく仕事していらっしゃるって言ってたし。
暫し時間が空きました。

孫に付き合った夏休みラジオ体操会場ででバッタリ会って、朝のご挨拶したところ、大人げなくプイと知らんぷりして、さっさと帰ってしまったので驚いた。
でも、何怒っているのかさっぱりわからない。
二度目も知らんぷりされちゃった。

そしてなんと、先週の『マンションの総会』
インタホン鳴らして、声もかけたけれど、出ない。
あんなに意気込んでいたのは彼女。先に行ったかと、会場に行ったが、来てない。
結局欠席だった。

「どうされました?」と、メモ郵便受けに入れたけれど返事無し。
大の大人が、こういう事するっていう心理がわからない。

今週火曜日、朝ウォーキングで、正面からバッタリだったから、手を振って挨拶した。
「総会いらっしゃらなかったけど、何かあったのですか?声おかけしたんですよ」と言うと、「いろいろ忙しくて」と言う。
「ラジオ体操の朝のこともあったから、何か怒らせてしまううな事してしまったかしら?と気になってたんですよ。」というと、
「目が悪いんで」って。

(こんなに至近距離で見えないならメガネかけるでしょ)と思いつつ、
これが返事なのでしょう。
どうも、思い当たるとすれば、お宅にお呼ばれした時、すぐ我が家にお招きしなければいけなかったのかな?とも思うが・・・
実はわかりません。


もう、行ったり来たりすることは無いと思うが、勝手に近づいてきて、勝手に怒っているってどういうこと???
(怒りたいのは私でしょ!)と思うが、こういう種類の人に抗議するのは被害拡大させるだけとおもう。ほっておくしか手段無し。
同じマンションで、面倒やなーと思うこの頃。


あー又もや・・・
とはいえ、深刻ではないけれど・・・

今「ベビーシッター」の派遣で「幼児保育施設」にて、パートで保育補助の仕事中。
系列の所がいくつかあって、一か所とは限らないので、困った人にも、その場所のその時間帯での遭遇だけではある。

長時間働いてるらしいが、ドデンと重そうな体を機敏に動かすことは無く、そのくせ人に指示はする。
「シフトたっぷり入れられて、休憩も満足に取れない」と、誰彼となく愚痴ってる。
(これも、自分から申し入れれば減らすことは可能)

まず、みるからに苦手タイプ。
キッチンの仕事で一緒だったことのある、意地悪の極みのようなA女史。
上司にこっそり、ある事ない事同僚の悪口を、陰で叩くのが大好きで、これが、又本当にあったように作り話まで加えてうまい事言うらしく、愚かな上司達は、瞬く間にダメ人間と化していった。
体型そっくり。
悪口言う為にあるような、不機嫌に下がった口角も、同じものを感じる。

この人が近付いてくる!
同僚(一緒の役割で仕事してる同志)のだれそれと名前入りで、悪く告げ口をしてくる

「私、まだ皆さんのお顔とお名前がわかってないんですよ」と逃げる。
(あんたが一番働いてない!!!)と、しっかりわかってる。
この人と、施設内最後の掃除を組んだ時は、腹立ち心頭だった。

職員室の職員に、さも仕事への提案をするふりして、二人でしなきゃならない片づけから逃げた。
掃除機かけてる私に、「そんなにしっかりやらんでいい。ごまかしてる人はいっぱいいるんだから」
(それはおまえだろ!いらんお世話!!やるからにはきれいにしたいんじゃ!!!)

たまたま、この人が自宅まで送迎した幼児を、私が朝迎えに行くことになった。親切ぶって「ここじゃ誰も教えてくれないんで、自分で地図で行ったけれど、教えてあげる」ときた。
まあ、行ったことある人に様子を尋ねる方が賢明と教わった。
教わる側のエチケットとして、「良く分かりました。行けそうです。ありがとうございました。」と、丁重にお礼申し上げた。

これが気に入ったらしい。
(当たり前の対応しただけじゃん)
このことから、「どうだった?私の説明で行けた?」などと聞いてくる。
たまたま直前キャンセルになり行かなかったので、その旨伝えた。のに、3度くらい聞いてきた。
更衣室で一緒になると、(そのままあんたにお返しするよ!)という様な、他の人の悪口をこそこそ言ってくる。

地声の大きい私は、ひそひそ話ができない。心情的にもダメ。

幼児のお世話中にも、「ほら、あの人のやり方がどうのこうの」と言ってくる。
これには返事しない。だって、子供達の相手をしてる最中だもん。

13日の金曜日
(と言っても、事件が起きたってわけではない)

更衣室で着替え中。朝から入ってたスタッフが休憩らしく、私に名指しで挨拶してくれた。私もあいさつの言葉を交わして、仕事に入る体制をとった。
すると、「ほら、○○先生はあなたには名前を言って挨拶したのに、私のことは無視したでしょ。意地悪なんだから」ときた。
私が名指しだったことさえ、気付かなかった。
「そうでしたか?二人に一緒にしたおつもりじゃないんですか?」と答えておいた。

(あんた、それって○○さんが悪いんじゃなくて、自分の普段の言動がそうさせてるんだよ!!!」)と言ってやりたかった。
が、今の所言えない。
こういう輩は、本当の事を指摘されると怒り、言った相手を罵り、人前でも泣きわめく可能性さえある。
私の最も嫌いとしてる事を身につけているようなこの人に、気に入られるのはまずい。

ここでは『貝』になるしかない!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。