スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育の仕事

一つの時代、一人の人生を生き抜いてきて、手助けが必要になってきた大先輩達のお手伝いをさせて頂く仕事から、これから成長養育しなければいけない、発芽し、双葉が出てきたくらいの幼い子供達と過ごす仕事に代わって約1年。

子供は大切な、愛おしい生き物。
子供の笑顔は最高の宝物。大好物この上なし。

訪問して家事を手伝うお家には、生まれて間もない赤ちゃんがいて、無垢の笑顔に癒される事もあった。
心配事を話しかけてくる新米ママには、子育て経験ありで出向いてるのだから、体験など話す事もある。
そこにある食材と道具で、家族の食事を作るのは、考える作業で、毎回試されてるようなものだったけれど、料理を創作するのも好きだし、それなりに楽しめた。
口に出して喜んでくれる方もいて、そんな時は嬉しかった。
口が重いだけかもしれないけれど、反応薄き人は気になった。
お金払ってんだから当たり前と、思ってる節を感じる事もある。
風呂やトイレ、居室の掃除も洗濯も。頼まれれば家事全般、2時間ずっと動きっぱなし。
「喉乾いたら飲んでくださいね」などという声を、かけられる気遣いの出来る方もいる。
ぐたーとして、テレビ見てたり、ずっと長電話しっぱなしだったりって人もある。
これ、仕方ない事。こんな時間を作ってあげる為に、家事代行してるんだから。

けど、私のやりたい仕事かな?と時々戸惑った。

夏場から、有料託児施設での保育補助としての仕事もした。
昨年の夏はとびきり暑かった!冷房のある施設内で、仕事できるのはありがたかった。
そして、まとまった時間働けるのも良かった。

2時間の訪問の為に、往復2時間以上掛けての移動は普通。
移動時間は無報酬だし、夏場違う場所へ移動しながら、複数件こなすのは体も悲鳴をあげる。
訪問を組み入れて、自分の行動計画を立ててるのに、いとも簡単に直前キャンセルは当たり前の様にある。
当日でなければキャンセル料なしだそうな。

引き換え、施設はお子さんの送迎もあるのだが、それがキャンセルになれば、中で子供の世話やら、掃除やらがあって、依頼通りの仕事時間内従事できる。

と、好い所もあった仕事場だが、内容は少なくとも私には向いてなかった。
多忙なお仕事ママの子供さんでもお預かりして、有名幼稚園へ、有名小学校への受験を可能にします。
合格者もこんなにいるんです。
というので、1歳から預かって、躾もする。お勉強も教える。
ご自宅へ、既に通学通園の幼稚園、学校、塾へ出向いての送り迎えも致します。
ご希望あらば、昼食のみならず、夕食もこちらで食べさせます。
お時間も9時までなら、割増料金で承るらしく、朝8時頃から、夜までここで過ごすお子さんもいる。
多分かなりお高い料金がかかるのでしょうが・・・。
お金があれば、かなりの事が可能である!!!って事???

この施設から、所属してる派遣先にはかなり払っていると言う事だけど、労働提供者の私達には
”そんなの関係なーい”
デイサービスしみったれ所長の時よりは、給金体制は時間帯によってきっちりしてるし、交通費も出るし、時給も少々高いが。

私は子供達を笑顔にしてあげたい。
ここは、お受験に合格できる様に、縛り付ける。
お母様たちのご希望であり、目的でもあるのだから、仕方ない。

お怪我などさせたら事件になるから、お部屋で走らせるのはなりません。
マットの上で遊ぶ時はシューズを脱ぎます。床で遊ぶなら又履きます。
暑くても靴下は脱いではなりません。
気持ちが分かるから、自分で脱いでるお子さんを大目に見てたら、監督不行き届きのお叱りを受けました。
本部からの指令なので従わねばなりません。
何度も注意された私です(トホホ)でもあり、(オホホ)でもあります。

ちょっとお顔にひっかき痕などついてようものなら、いつ、どんな状況だったのか、しっかり追及されるから、子供達も、すぐ言いつけに来ます。

親御さんには安心かもしれないが、2歳でも既に歪が如実なお子さんもいます。

ちょっとしたマット運動などで、体を動かすこともあります。
前に出て、自己紹介します。
みんなでお歌を歌ったり、リトミック運動もします。
当然、もじもじしちゃう子、全くしようとしない子もいます。

座っての順番待ちの間、お行儀の悪い子を正す為に、保育者は後ろに待機します。
つい体を乗り出して応援したり、声に出して褒めたり、リトミックでは近づいて促したり、一緒にしようとして、何度注意されたことかしら。これ又(トホホ)
何が良くて、何が悪いか?よくわかりません。
言われたとおりにするのがベストではあるようですが・・・

それから、ここでは都内の系列施設内のあちこちに、月替わり。日替わり、シフト時間替わりと、毎日違うのも普通。
おまけに、知らない子供ちゃんを、地図を頼りに直行で迎えに行って、施設に連れていく日もあったりして、間違いは許されないのだから、なかなか自己管理も大変。
ある日は、掃除ばかり。
ある日は、なかなか寝ない子を寝かしつけてる最中に、一人にかかりきってないで、他へ回って!とくる。
掃除の途中で、どこどこ部屋のスタッフに回って!といわれる。
子供達を機嫌よく遊ばせてる最中に、掃除に回って!とくる。

だめだ。私には向いてない。
しかし、子供に向き合う仕事の求人を見ると、多くが『要資格・保育士以上』とある。
そうだよね。預ける側にしたら、資格持ってると持ってないでは信用の度合いが違って当然だもの。

キッチンの仕事の時、初めての分野だったから、どんな勉強をしたらいいのか上司に尋ねたことがあった。
今さら資格取って何になる。現場でやることやればいいという乱暴な答えが返ってきて驚いた。
仕方ないので、独学で、『福祉住環境コーディネーター:2級』と『キッチンスペシャリスト』の資格を取ったら、対する工務店様や、お客様からの反応は明らかに違った。
資格を持ってるってことは、その分野の勉強をしたという証拠ではあるもの。

子供達が好きだから、少しでもその子のいい所を見つけてあげたい。
名前を覚えて、性格やその子の背景なども把握して、触れ合いたい。

それで、この4月から『保育士』の資格取得目指して、保育専門学校に通う事になってます!!!

だから、この施設での仕事は明日一日だけとなった。
もう一週間くらい前から、後何日。仕事中は、後何時間。と、カウントしてる。
私がマニュアルからはみ出ていて叱られるのは仕方ないけど、お怪我をさせることなく無事に子供さん達と過ごせるよう願うばかり。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。