スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無事卒業できました!!!

卒業しました

この3月、ついに2年間の学生生活を終えて、晴れて保育士と幼稚園教諭2種の資格を取得し保育の専門学校を卒業することができました。

もうこの先、このような衣装で着飾ることはないだろうと思い、去年の暮れに行きつけの美容院に予約し、袴を身に着けて式に臨みました。

体もメンタルも患うことなく、全5回の幼・保・乳児院施設での実習も含む、学びのカリキュラムをストレートでクリアし、卒業できることになったことは、最大の目標だったから本当にホッとしたし、嬉しくてありがたくて感慨無量です。
そして、できれば休まず通いたいと心に秘めていたのですが、本当に「無遅刻無欠席!!!」の皆勤賞でした。

そして、入学した時に祝ってくれるというありがたい友人達に、敢えて、
「2年間エネルギーが持続できるかどうか未知なることは分からないから、無事資格を得て卒業できたらお祝いして!!!」
と、頼んでたのだけれど、友人たちはそれを実行してあちこちで祝ってくれたのです。
ずっと一番仲良くしてる一人は、我が家に泊りがけで上京してくれて、式に付き添い見届けてくれたのです。

式前日に知らされたのですが、私が代表で校長先生から卒業証書を受け取るお役目を担い、「皆勤賞」に加えて、「優秀賞」も頂くことができました。
それを知らせると、参列を予定に入れてなかった娘も、当日会議を一時抜けて見届けてくれたのでした。

二周目の人生を、こんなに晴れやかで、ありがたいスタートを切れる幸せを感謝しています。
神様っているのかしら???なんて涙に濡れる辛い時期もあったけれど、自分の力で生きていこうと決断したからには、一つづつ一つづつ乗り越えながら耐えてきた私に、毎日祈っている心が通じたのかしらなどと思うくらい、幸せで、
やっぱり神様っている!!!と思える出来事です。


親の様にいつも見守って下さっている、初めての社会人として就職した時からのありがたい大先輩夫婦にも、愛知県までお礼に行きました。お二人は、95歳と93歳になられていて、今尚仲睦まじく、近くに住む娘さんの助けを借りながらも、お元気でいて下さることも嬉しいことです。手紙にも返事を下さったり、95歳の旦那様の方は、耳も補聴器無し、目もメガネ無しで、話を聞いて下さり、卒業証書と成績表を見て喜んで下さったのです。


4月から区立保育園の非常勤保育士として仕事が始まります!!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。