スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休!そんなの関係ない?

大型連休真っ最中です。
こんな時でも、毎年何日かは訪問説明に出向きます。
休みだからこそ、来て説明して欲しいという方は、必ずいらっしゃいますから。
今日も、明日も仕事です。

 今日は、吾が最寄り駅から、訪問先最寄り駅まで、1時間半強かかるところでした。
 最新バージョンIH。
 ここまでやるかー!?って機能付き。
 炒め物や、肉などジュッと焼きたい時、フライパンや鍋の底を熱くしてから、調理しますねー。
 その、余熱が完了したら、教えてくれる機能付き。
 この頃、鍋の方でも、余熱具合が良いところで、マークの色が変わる物などありますが・・・

 何だか、プロ主婦の腕の見せ所を、機器に奪われそうに、多機能満載で、良いのかな?なんて
気になる今日この頃です。
・・・今日の奥様は、手加減目加減で、自分でするから必要ないわという方でした。
 こんな機能もありますって案内はしておくのです。ちょっと使ってみたら、意外といけてるじゃん
なんて事もありですから。
 
 帰りは、説明に同席下さった、工務店の若いお兄さんが、駅まで送って下さいました。
(若いお兄さんてのが、ちょい嬉しい!)
 
「キッチンのは、進化や、変化が早くて、ある程度はわかるけど、お客様への詳しい説明は、無理!」
と、言ってました。
「説明書読んで自分でやってくれと言うには、あまりに不親切で、気の毒。」とも。
「自分も、なかなか、説明書読んで、使うって事してないし。」
「メーカーから、説明に来るとなると、お客様の、商品や施工への信頼感が、違うんだよね。」・・・等。

 いつも、私が思っている事、心配してる事を、ズバリ言ってらっしゃいました。
せっかく良い商品を、技術の人達が作りあげても、伝えない事には、知らずのままオシマイになって
しまうと思います。高い商品なんだし、説明案内して、満足度高く使ってもらって、はじめて作り手の
技術、アイデア、優秀度が分かるって事、多いです。
 キャビネットの設備でも、説明すると、「オー!良いねー」「そんな工夫があったとは、言われて初めて知ったよ」なんて事、おおいにあるんです。

 大して、期待もせずに、説明にきてくれるなら、来てもらおうかなー位の方もいらっしゃいます。
がっ!大方、「やっぱり、来てもらって良かった!」
と、言われます。
 思っているより、以外と、便利機能が盛り込まれているのです。
 知ってて使うのと、知らずにいるのでは、長い年月大きい差が出ます。
 
 お掃除簡単コーティング仕上げ部材などの多い、今日。お手入れ間違うと、劣化を早めてしまいます。ちゃんと、説明、案内を、人の口で伝えるのと、文書で渡すだけのと大きい違いあります。
確信できます。
 クレームとなって、取替えなんて事になってしまう事もあります。
 今や、国際語となった、「モッタイナイ」事になります。
 良い状態で長く使ってもらう事で、ほんとうの意味での、エコになると思うのです。
 エコエコって提唱してはいるけど、実際は、どんどん売って、どんどん買い換えてもらわなきゃ、
商売にならんって魂胆があるのでしょうか?

 メーカーとして、訪問説明員の人材養成と、教育制度を、拡大充実すべきです!
「この不景気に、アフターフォローに、金使ってられない!」?
「不景気で、仕事が少なく、人に余裕のある、今やろうじゃないか!」?
 経営者としては、どう判断するのでしょうかねー?
大型連休
こんな時でも、毎年何日かは訪問説明に出向きます。
休みだからこそ、来て説明して欲しいという方は、結構いらっしゃいますから。

今日も、吾が最寄り駅から、訪問先最寄り駅まで、1時間半強かかるところでした。
 最新バージョンIH。
 ここまでやるかー!?っての機能付き。
 炒め物や、肉などジュッと焼きたい時、フライパンや鍋の底を熱くしてから、調理しますねー。
その、余熱が完了したら、教えてくれる機能付き。
この頃、鍋の方でも、余熱具合が良いところで、マークの色が変わる物などありますが・・・

 何だか、プロ主婦の腕の見せ所を、機器に奪われそうに、多機能満載で、良いのかな?なんて
気になる今日この頃です。
・・・今日の奥様は、手加減目加減で、自分でするから必要ないわという方でした。
 こんな機能もありますって案内はしておくのです。ちょっと使ってみたら、意外といけてるじゃん
なんて事もありかもですから。
 
 帰りは、お施主様への説明に同席下さった、工務店の若いお兄さんが、駅まで送って下さいました。
(若いお兄さんてのが、ちょい嬉しい!)
 
「キッチンの機器は、進化や、変化が早くて、ある程度はわかるけど、お客様への詳しい説明は、無理!」
と、言ってました。
「説明書読んで自分でやってくれと言うには、あまりに不親切で、ようできない。」とも。
「自分も、中々、説明書読んで、使うって事してないし。」
「メーカーから、説明に来るとなると、お客様の、商品や施工への信頼感が、違うんだよね。」
と。

 いつも、私が思っている事、心配してる事を、ズバリ言ってらっしゃいました。
せっかく良い商品を、技術の人達が作りあげても、伝えない事には、知らずのままオシマイになって
しまうと思います。高い商品なんだし、説明案内して、満足度高く使ってもらって、はじめて作り手の技術、
アイデア、優秀度が分かるって事、多いです。
 キャビネットの設備でも、説明すると、「オー!良いねー」「そんな工夫があったとは、言われて初めて
知ったよ」なんて事、おおいにあるんです。
 お掃除簡単コーティング仕上げ部材などの多い、今日。お手入れ間違うと、劣化を早めてしまいます。
ちゃんと、説明、案内を、人の口で伝えるのと、文書で渡すだけのと大きい違いが出ます。確信できます。
ひいては、良い状態で長く使ってもらう事で、ほんとうの意味での、エコになると思うのです。
 エコエコって提唱してはいるけど、実際は、どんどん売って、どんどん買い換えてもらわなきゃ、
商売にならんって魂胆があるのでしょうか?

 メーカーとして、訪問説明員の人材養成と、教育制度を、拡大充実すべきですよね。
「この不景気に、アフターフォローに、金使ってられない!」?
「不景気で、仕事が少なく、人に余裕のある、今やろうじゃないか!」?
経営者としては、どう判断するのでしょうかねー?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。