スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混合水栓カラン

 あなたのキッチンのカラン(水栓蛇口)は引き出して使えるタイプですか?

 引き出せると便利ですよね!
大鍋や、大きい野菜類など洗う時。
シンク内のお掃除で、隅まですすぎたい時。
背の高い花瓶、ポットなどに、水を入れたい時。

 ヘッドを引き出しての使用中、使い方によっては、水が蛇腹状のホースを伝う事があります。
5~6年位前までの物は、その伝い水が、シンク下の物入れを濡らさない様、受ける為の容器を置くようになってました。
 今現在の物は、ほとんどが、下に落ちずに途中で逃げるような構造になっているので、受け皿はありません。
 一度、シンクの下を覗いて見てください。受け皿の意味がわからずに、邪魔だというので、撤去して
しまい、下のキャビネットの底板に水がこぼれていたのを知らずにいて、傷めてしまってた方もいらっしゃいました。

 今も洗面台に立ち上がっているカランは、洗面ボール下のキャビネット部分に、水受けの為、プラスチックでタンク状の物が取り付けてあり、その中に蛇腹ホースの先端が納まっているはずです。
 引き出して使う事がなければ、伝い水はないのですが、たまにチェックしてみて下さいね。

 カランでもう一つ。
 水を出したり、止めたりする時に、
 自分の家と、よその家、駅やら、公共の施設などによって、
「レバーを押すと出て、引き上げると止まる物」「上げると出て、押し下げると止まる物」
があって、戸惑う事ありませんか?

 今は、「押すと止まり、上げると出ます」 2000年を境に統一されました。
 それまでは、メーカー任せだったので、同じ家の中でも、キッチンと、洗面台が反対操作って事もあったのです。
 以前の物がまだまだ現役続行中ですから、時としてこんな戸惑いに遭遇しますが、理由がわかれば頭の中は、スッキリでしょ!
 阪神大震災時、上から落ちてきた物でレバーが押されて、出すつもりのない水がジャージャー出てしまい、これはまずいって事になり、改善されたと聞いてます。

 まだまだ、業界全体が統一されたら、使い易いのにと思うもの、たくさんたくさんありますよね!


 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。