スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来ない担当者にトホホ

遠方へ
 この所、長い距離への訪問がちょくちょくあって、週末うす晴れの土曜日、高崎から、横川行きの信越線に,初めて乗りました。赤羽から、高崎線に乗り換えて一時間超、やっとレンガ造りの深谷駅着。二週間前、ここまで「キター!」なんて思いながら、今回は、埼玉県通過して、まだ先、群馬県まで踏み入れる事に。
 
 窓に沿って長い座席のある車両だったから、外の景色より、社内の人ウォッチングを楽しむ?事に。
 途中から隣りに座った若いお姉さん、「ジャガリコ」を口に運んだり、飲み物飲んだり、まだ袋の中には、おやつがたくさん入っている様子。遠足みたいで楽しそう?時々携帯開いて何やらつぶやいてる。けど、ひとり言。
 座席のない部分のつり革につかまって、出入り口に顔を向け、列車のカタンコトンの音に紛らせ、なかなかの節回しで歌っている、ちょいと年配のおとうさん。 (聞こえてますよ)
 斜め向かいのサラリーマン風のおとうさん。お疲れなのでしよう!居眠り結構ですが、お口は閉めて下さいませ。 ( おっと、お隣さんに寄っかかっちゃあいけませんよ。)
 と、まあ平和な時間が流れていたわけです。

 高崎駅で、乗り換え信越線。もうホームには列車が止まっていたけど、出発まで悠に25分はあって、でもする事もなし、乗って待つ事に。一時間に一本、二本ある時間帯もある様だけど、乗り遅れたら大変。
 「群馬八幡」駅着。さあこの先が、よくわかりません。住所は知らされてたけど、お施主様への連絡不可だから、電話は知らされてない上、詳しい地図がなく、前日、連絡先の大手「T建設」担当の方に、問い合わせると、インターネットで検索したものしかないという。それでは、こちらの情報と変わりなく、近くにお寺さんと、神社があるから、何とかなるでしょうと、タクシーに乗ると、やはりおおよその所までだった。
 近くにいる人に尋ねると、同じ名字の家は何件もあるという。せっかく早く着いたのに、約束の時間が迫ってきて、休日だから不在かもと思いつも、担当者に電話してみると、繋がりはした。状況を伝えると、「今、駅に着いたから、向かう所」という。エー???現場に来るのなら、私、地図の事で、昨日電話したよねー。駅で待ち合わせて同行してくれたら何の問題も無かったのにーぃ!!!
 仕方なく、お寺さんの道路沿い入り口まで歩いて、そこで待つ事にして、拾ってもらった。

 彼女やはり出来ない人と思わざるを得なかった。現場には2、3回来てるけど説明できないという。来た事あるのにわからない?その事の方が分からない。そして、現場は、まだ工事中で、キッチンの備付けはすんでいるも、壁紙も取り付け途中、電気が繋がってなく、IH、食洗機、換気フード・・・動きません。いつまで待てば良いのか、指示も出さない。来るだけで、3時間はかかったというのに、ここでさらに1時間以上当ても無く待つ事に。 (気持ちが、なえちゃった)

 キッチン周りの作業が一段落したところで、電気が入らなくても案内できるところから説明開始する事に。お施主様夫妻は、とても良い感じで、奥様はかわいらしく、初めて使うというIHの事も、食洗機の事も、とても楽しみにしてる様子で、説明案内する事に、嬉しそうに反応して下さり、喜びが伝わってきました。 (きちんと伝えてあげなきゃ) という気持ちにさせてくれました。

 三時も大分過ぎ、工事の方々も合わせて5,6人いるみんなに、お施主様夫婦で、お茶を用意して下さり、私もごちそうになりました。
 たっぷりの麦茶、緑茶、缶ドリンクが用意され、ここが、感心したのですが、作業の人達が何度もお代わり出来る様、紙コップ一つ一つに、氷が入り、それぞれにラップをかけて準備されてたのです。木陰のある庭の、作業台を取り巻いて、美味しく頂きました。
 
 そして、勧めて下さったお饅頭が珍しい物でした。一方は、小豆餡の様でしたが、味噌入りのお饅頭を初めて頂きました。味噌餡の柏餅は、東京に暮らすようになって初めて体験したのですが、白餡に白味噌を調合した餡って感じで、特別意表をつくといった物でなかったのですが、ここのは、「赤味噌」ベースの甘味噌(豆餡の調合なし)粒カラシがアクセントになっている、蒸し饅頭!甘党の私は、勿論美味しく、遠慮のない関係なら、もう一つ頂いてたくらい、後を引きました。甘党じゃない人にも、美味しいと思う物でした。

 この日の夜偶然、テレビで、群馬県固有の美味しい物として、この甘味噌を、塗ったフランスパンを紹介してるのを見ました。ほ、ほー「味噌味」ナイスの土地柄なのかしら?このパンには、半分に切って、片方に甘味噌、片方にバターを塗って、合わせて食べるのですって。美味しいと思います。
 
 この日のプンプンは、お施主様に癒して頂いたのでした。
 私も、この善良なお施主様の為になる事ができました。
 
 訪問して、一つ一つチェックしながら、説明案内した事で、施行不具合を見つける事ができました。
 「換気フード」が、簡単に、羽根までワンタッチで外せるタイプだったので、手順を示しながら、外したのですが、本体取り付け不良で、枠がずれている為、羽根が引っかかって外せません。これは、まずい事ですが、実際にしてみない事には、初期発見できなかった不具合です。
 作動はするので、普通に使えるので、気付かない不具合です。使い続けて、この先時間が経った時、いざ外そうとしても、外れなくて、工務店様に連絡するか、相談センターに問い合わせるか、になると思うのですが、現場を知らないと、
「お客様の外し方が間違っているかもしれませんから、もう一度説明書を確認しながら、手順通りにやってみてください」なんて言われてしまう可能性、大です。
 保障期間が過ぎてたりしたら、有償修理になる可能性、大です。

 こんな事に出会う度、どんな設備も、しっかりしたチェック機能と、案内機能が必要とつくづく思うのです。
 
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。