スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正解は一つじゃない!

 正解は一つじゃない!って事を、実例で見た思いです。
 
 雨の日の外出について、番組が組まれているのを知ったので、仕事イコール外を歩く事でもある私としては、気になるところであり、メモしながら注意深く見たのです。

Q:「雨の日、泥はねしない歩き方」は・・・
   知ってます!「がに股歩きです。」先日、NHK「ためしてガッテン」でしてましたもの。
 ところが、同じNHK、朝の番組「生活ほっと」では、その答が入ってない四択問題なのです。
 答は、「大股歩き」でした。

・背筋を伸ばし、姿勢を良くしましょう。
・重心を、かかとから、つま先に移動させながら歩きましょう。
・足の裏を後方に向ける感じで歩きましょう。(他の人から、歩いている人の足裏が見えます)
今回も、検証した方の解説付きでした。
説明がありました。
 「がに股歩きも、泥はねしない歩き方ですが、見た目が良くありません。」

 そうなんです。私、お客様の家に上がらせて頂くのに、泥はねがあるのは失礼なんで、「がってん流」試してみました
 確かに、ハネはなかったのですが、(誰か見てたら格好悪いよなー・・・他に良い方法ないの?)と思っていた矢先でした。

 今度は、少し前の「生活ほっと」の中で、野菜を乾燥させて、長期保存の達人が紹介されてました。たくさん採れた野菜を干す事で、容量は小さく、長い期間保存でき、無駄にすることなく、栄養価がアップしたり、旨みが凝縮される物もあって、とても良い方法であり、ほとんどの野菜を干して、料理にも生かしていらっしゃるというのです。 「すばらしい」

Q:「乾燥に向かない野菜は、次の内どれでしょう?」きゅうり・えのき茸・他に2種類(忘れましたゴメンです)の四択です。
 「わかりました。きゅうりです。水分多すぎですから・・・」と自信を持って、テレビのこちらから回答しました。「えのき茸」で無い事は確かです。だって、何年か前「ガッテン」で、干す事で旨みが出るって事で、干しえのきで作るレシピも紹介してたもの。
 ところが、この方の言うには、「えのき茸」でした。確か、「細すぎて、ごみ紐みたいになっちゃうから」というような事を言ってました。

 どれも、不正解ではないのです。同じ事柄であっても、観点が違うと、正しくなったり、間違いになったりする事を見せてもらった思いです。
 そして、これは、「人」を判断する時にも当てはまるなーと、思った次第です。

ただ、NHKさん、クイズとするなら、も少し考えた方がいいんじゃないでしょうか!?

*付録
 せっかくなので、「生活ほっと」から、他にも、雨の日のおでかけを快適にする方法が、紹介されてたので、追記しておきます。

Q:「雨傘の水切り、どうしたら効率的?」
A:小さく開閉を繰り返すと良いそうですよ。・・・傘は開いて使う物という目的で作られているので、回  したり、上下に振ったりするのは、傘の構造上傷みを早めたり、壊れやすくなったりするそうです。

Q:「濡れてしまった革靴は、どうしたらシミにならないでしょうか?」
A:①水に濡らしたタオルで、泥を拭い取ります。
  ②濡れているところと同じ色になるまで、靴全体を水拭きします。
  ・・・革靴専用石鹸(という物があるのですって)で洗うと、なお良いでしょう!
  ③シューズキーパーを入れ、シワを伸ばし、型を整えて、風通しのある所で陰干ししましょう!
  ・・・シューズキーパーが無い時は、柔らかい紙を丸めて形を作り、靴の中に入れておくのも良い
  そうです。
  ・・・早く乾かしたい時は、扇風機の風や、ドライヤーの冷風を当ててもOKですって。温風はダメ
    だそうですよ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。