スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気製品の電気代の事

 キッチンには電気の機器がいっぱいあります。電気代の事気になりますよね。

これの電気代は、およそ¥○○です。
以前の機種に比較して、年間¥○○の節約になります。
この頃は、二酸化炭素を、どの位削減したか?の数字も表示されてて、何やら数字がいっぱいです。数字は世界共通なので、一番分かりやすいといえば、そうなんですが・・・

 特にIHを採用された方、食器洗い乾燥機を入れた方が、電気代の心配をしてる様で、よく質問されます。

30A(アンペア)40・50・60A等、電力会社との契約によって、基本料金が違います。
標準電気使用料金は、だいたい ¥22/kwh
(消費電力 1000W の物を、1時間使用すると、¥22かかります)

*1000Wとは、どんな感じかと言いますと、
・IHの点火時の中火(パナソニック製は「5」の火力)・・・1時間この強さで使い続ける料理はないでしょう。・・・味をしみ込ませながら、じっくり煮込んだりするのに便利な「保温」は120W、沸騰までいかない程度の加熱です。
・炊飯器の炊き上げ時、電気ポットの湯沸し時。
・食器洗い乾燥機のヒーター使用時(800W~900W)・・・「乾燥」はヒーターを使わない「送風」にしたり、最後のすすぎは、手でさわれない位のお湯すすぎをしますから、設定を「乾燥なしモード」にすれば、その分節約。
(パナソニック製は、5~6人用ビルトインタイプの「標準モード」45分のヒーター乾燥付きで、上下水道代、洗剤代、電気代合わせて、¥32位という事です)
・ヘアドライヤー温風モード。等々
*機種にもよりますから、カタログや、取扱説明書の商品仕様項目で、確認して下さい。必ず、消費電力が記載されてます。

 夜間電力契約ですと、夜中(PM11:00~朝方7:00)時間帯は、標準の約1/3の電気代ですが、その分、日中の電気代は高い料金設定になってます。それぞれの家庭の生活スタイルに合った、契約をするのが良いですね。
 契約の内容は、電力会社に相談されるのが良いでしょう。電気代請求書に、電話番号は記載されてます。

 キッチンに必ずある電気製品、換気フードの電気代はといいますと・・・
 
 マンション、オープンキッチンなどに多い、「シロッコファン」タイプ
・・・これは、ダクトという、横に引いた煙突のような筒を通して、排気させるため、本体の取り付け
場所の制限が少ないです。排気を引っ張り出します。
 
 扇風機の羽根のようなファンを回して、壁外に直接排気する「プロペラファン」タイプ
・・・よって、取り付け場所を選びますし、リフォームですと、機種によっては、壁穴の位置がずれる事も大いにあり、本体取り付け場所を選びます。
・・・ダクトがなく、直で壁の外に出すので、ファンを回すエネルギーだけです。

と言う事で、どちらが、消費電力が高いと思いますか?

「シロッコファン」・・・強は、120~130W位   弱は、60~80W位
「プロペラファン」・・・強は、  30~40W位   弱は、20~30W位

 って事です。勿論機種によって、違いはあるので、仕様書などでご確認を!

 参考にされ、電気代の事、知って使うと、無駄が減る事「間違いない!」です。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。