スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田鍋家のこと

こんな家系があるなんて!!!???
 先月6月の19日に、男性長寿世界一の、「田鍋友時」さんが亡くなられ、土曜日の朝日新聞夕刊の惜別記事を読んで、びっくりしたのです。113歳。歴史の授業で習った日清戦争の、講和条約が結ばれた年、遠く遠くなってしまった明治の時代の28年に生まれて、最近までご健在だったっていう事実に。

 ギネス記録なんだから、これだけでもすごい事だけど、もっともっとすごい事は、20年前に92歳の(ここまで生きられた事だって、尋常な事じゃないですのに)奥様に先立たれたものの、5男3女に恵まれ、孫25人、ひ孫53人、玄孫(やしゃご)7人の直系全員が健在!なのですって。
 こんな福福しい家系がある事にびっくりしました。ご本人は、耳が少し遠いだけだった様です。寄る年波に対応しながら、自然に徐々に、樹木が枯れるように、命が消えていかれたのではないかと想像しています。
 知事が有名人で、がぜん注目度の高い宮崎県の都城の方。ここに、こんなすごい!すごい!家族があることを知ったのです。

 人間社会には、色んな病気があり、天災人災事故があり、人に因るやるせない事件があり、誰しも、いつ何時巻き込まれるかもしれない中、それらのことと否応なく戦いながら、命をつないで日々を生きているんだと思うのです。一族みな健在って事は、奇跡に近い思いがしたのです。自分が健康を保って元気に生きたいのが、一番の願いですが、それ以上に、パートナー、子や孫、兄弟姉妹、友人や、大切な人達・・・自分を取り巻く人達も元気に生きていてくれる事が、なによりの幸せです。いつもいつも祈りながらいるのですが・・・。

 知らない遠くの方なのですが、良いなー!すごいなー!と、私の胸に、強く印象付いたのです。
 きっときっと極楽に旅立たれたことでしょう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。