スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆既日食見たかった

やはり、皆既日食見たかったです。
 たとえ部分的であっても、その瞬間に立ち会いたいと思っていましたが、仕事が入っていて半ば諦めつつ、お客様によっては、その時間だけお願いしてみようかな?とも思いながら、今日の日を迎えました。朝は雨、雲におおわれ、あいにくのお天気で、見られなかった様ですが・・・雲の薄いところでは、それらしい現象を感じる事が出来たのでしょうか?
 
 今日のお客様の場合は、天気が良くてもお願いしづらかったかも?でした。あまり、興味は持ってなさそうな様子なのと、初めてのIH、食器洗い乾燥機その他諸々・・・で、パニック状態。二言めには、「若い人に一緒に聞いてもらいたくて、休みの日にと頼んだのに、ダメだったから」と、一人で説明受けるのが、自信ない様で、私も、随分その辺配慮しながら、かなり丁寧に臨みましたが、しんどかったです。途中、こちらの都合で休止などしたら、よけいに分かりにくい思いをさせてしまったかもしれません。そんなお相手でしたから、確かに、どなたか家の方に、付き添いして頂きたい思いがしました。
 
 代理店のコーディネーターの女性が、説明の仕方を勉強したいから、同行させて欲しいとの事で、一緒に伺ったのですが、やはり、説明は苦手という、慣れてない彼女では、対応しきれなかっただろうなと思う程、難易度高めのお相手でした。

  更に、浴室の設備も多機能。トイレは、洗剤補給の事、知って頂かないと無用の長物になってしまいかねない「アラウーノ」。案内しないと、とても使えないだろうし・・・。
 悪い事に、それぞれのところで使う備品が、所定の場所に置いてなく、取り扱い説明書の束を、設備毎に仕分けし、備品を探し、使うべきところに設置し、私もかなり疲れました。

 夜、NHKテレビを通して、観測しました。
世界で一番長く観測できる「悪石島」(このような島があるのは日食の事で、初めて知りました)は、雨だったのが、残念でしたね。人口の少ない島に、一挙に観測の人々がやってくるというので、生活水、食料確保からトイレまで、多くの努力と準備をされてたのを、新聞テレビ取材で見てましたから、思うものがありました。

 テレビを通してでも、感動や、神秘的な空気が伝わってきて、その場にいたらどんなにか、心奪われていただろうと思ったのです。7回観測されたという、100歳の方も出演されてました。船から観測されてた方達がうらやましかったです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。