スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は日本の日本人

 色々ありますが、日本に住み、日本人で良かった!と思います。
 
 この世に生きている限り、何の苦も無く波乱なくという事は、決してないのです。
毎日、地球上のどこかで、人が引き起こす戦いがあり、テロ、殺し合いがあり、地震竜巻洪水干ばつなどの天災があり、命をおびやかす病気があり、今は、自分の身に起きてないとしても、胸がつぶれそうな重苦しい気持ちになる知らせが絶え間なくあります。そして今の先に、自分には起きないという保障は全くないのです。

 だからこそ嬉しい事に出会ったら、いっぱい喜こびたいとも思うのです。

 先日の大型18号台風が大暴れした朝も、新聞が届いていました。
 何が飛んでくるかわからない強風に怯えながら、雨に降りつけられながら、自転車やバイクで、走ったり、手押し車で配達している年老いた方に出会った事もあります。毎日毎朝です。心からありがたく思います。
 この日の早朝、台風で倒れた木に乗り上げて、新聞配達中の方が亡くなりました。こんな事故の悲報はいたたまれません。ご冥福を祈るばかりです。
 まだ暗い、夜が明けない時の中での仕事の為、交通事故にあう事も多く、大変です。
 それでも、日本独特のこのシステム、なくならないで欲しいです。

 日本人が、色々な分野で活躍したり、反対に、注目されずとも、途上国での医療支援、生活向上の為の支援活動に携わっている人がいたり、こんな事を知ると嬉しく、誇りにも思います。 

 イチローさんが、野球の世界で、人間を超えた様な活躍をしています。シリーズ最後の試合の観客席が、テレビに映し出されて、そこにはアメリカのファンの方が、「イチロー カミデス」とカタカナで、縦に手書きした物を持ってました。(あー、神ね!と思ったのです)薬物に頼る事なく、研ぎ澄まされた精神力と、怠らない努力と鍛錬で、一つ一つ達成していく崇高な姿勢に、アメリカの人達も感服の極みという事なのでしょう。日本の精神的侍魂を見せてくれてることに、日本人として嬉しく、芯から応援したくなるのです。

 石川遼くんが、アメリカの権威あるゴルフの大会に、日本人として只一人、世界選抜メンバー入りしたというニュースをたまたま見ました。彼を指名した、この世界で実力ある有名人と思うのですが、「こんなに礼儀正しい18歳には出会った事がない」「ビールも飲まないのに、バランス感覚の良さはすばらしい」というような事を言っていた。勿論実力の世界ではあるけれど、若者らしいはつらつさと謙虚さを合わせ持った、紳士的な振る舞いができる人格である事も評価されていると思うと、やはり日本人の精神性の原点を体現して、世界を舞台に行動する事になった彼を、嬉しく思い応援したくなります。

 美智子皇后様は、人間とは思えないのです。10年以上前ですが、愛知での国体の開会式に天皇皇后両陛下がお越しになられ、遠くからとはいえ、初めてお姿を拝見しました。特別な光をまとっていらっしゃる様に見えました。報道を通しての事柄しかわかりませんが、精神性、お言葉、報道されるだけでも、なさっている事の一つ一つが素晴らしく、この様な方が、日本の皇后であられる事がありがたく、幸せと思う私です。この方は、神様に選ばれた人なのではと思ってしまいます。
 それでも、人格を傷つける様な、たちの悪い憶測による、誹謗中傷の言葉が、世の中を飛び交う時があり、不思議を感じてしまいます。
 
 翻って、多くの人が、およそほとんどの人達が敬服し、好感を持っている方でさえ、信憑性の無い事でも、マスコミを巻き込んで声高らかに発言されると、(実はそーだったの?)なんて、芯がふらつく人を作ってしまう事があります。
 特に力も名声もない、一般社会で生活している人が、誤解や陰謀、憶測で、ありもしない、してもいない事を言われたり、罪をきせられたりという事も、案外簡単に起こっている様な気がします。
 冤罪によって罰せられる事が、最も悔しい事と思います。
 でっち上げた人は、どこでどうやって生きているのかしら?生きていけるのかしら?とも思いますが・・・これは、人を超えた神様が采配してくれるだろうと思うより他、私には解らない事です。

 今年の「ノーベル文学賞」受賞の、ドイツ人作家「ヘルタ・ミュラー」さんは、チャウシェスク独裁政権下のルーマニアが祖国。秘密警察への協力を断った為、職場を追放されたという。学校の代用教員をしながら、書いた物がドイツでは高く評価されたものの、ルーマニアでは職業につく事も、作品を発表する事も禁じられ、出国しドイツ国内に居住という経歴の方と、新聞記事にありました。
 戦時下の日本でも、中国の文化大革命政権下、北朝鮮、今でも、密告制度がある国、社会、集団があると思います。恐ろしい事です。罪のない人が、力を持った人の機嫌をそこねてしまう事で、大罪人に仕立て上げられてしまうのですから。

 日本は違うと思いたいです。部分的にはそのような体質で動いてる集団があるかもしれませんが、
評価基準が冷静な判断で、行われる事を願っています。
 人としての品格を持って行動できない人も増えていますが、自分の近くでも、感心するような生き方行動できる人がいます。そのような人が高い評価をされる社会であれば、そちらに影響を受ける事になると思うのです。
 集団の中において、一時的には、世渡り上手な、押しが強いだけの人が一目置かれる立場にある事も多い様に思いますが、本当に信頼されたり、大きい活躍をされる人には、人としての品格が備わっている様な気がします。そして、日本の社会は、そういう人を高く評価できる力があると思います。又、そうあって欲しいと願っています。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。