スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちっぽけな存在

なんだか萎えてしまいました
 なんで?どうして?こんなに求められてるのに!
 どうして簡単になくしちゃうの?どうして大事な業務とみとめてくれないの?
 その場しのぎに、説明書を暗記して口伝えすれば良い訳じゃないって事、どうして分らないのでしょう?
 大手代理店様から、今すぐ即戦力となって使えるから、人材派遣会社を通して、一件毎定額の
単発仕事として依頼したいと言って下さってるようですが・・・
 うーん、困った時だけ現場に出して、その場を治めて欲しいと言う事でしょう。
 本腰入れてこの業務に取り組もうとする所はない。結局は使い捨てなのでは・・・。
 提示条件にも納得いかない。
 これが現実。もう頑張らなくて良んじゃない。10年強もしてきたけどこの扱いだもの。

「石の上にも三年」
 親にも周囲からもそう言われて、めったなことでは、投げ出せず、自分で決めた事は、何があっても、3年の道のりは歩き続けてみよう。という姿勢で頑張ってきました。
 少なくても、3年位は様子を見たり体験しなければ、良い所も、本当に自分に向いてないのかも、わからないんだろうなー?やめるのはいつでもできる。そう思い、まずは3年と思って努力したものです。

「10年頑張る事ができれば、必ずものになる」
 とも言われてきました。
 この仕事は10年半やってきました。
 必要な事を相手に理解して貰える様、自分なりの工夫をして伝える努力をしたおかげで、どこに行っても、「ありがとう」「来てもらえて良かった」と言ってもらえる様になり、そうなると、この仕事が好きになりました。
 P社のキッチンなら、現物をみたら、どの品番の物も機能お手入れ案内ができます。
 これが、10年やってきた事の答え!!!
 なんだかちょっと、物足りないのです。これでは、自己満足に過ぎないのです。

 心に秘め、実現させたい事があったのです。
 一軒毎の訪問だから効率良くない事当然なのですが、こうして地道に信用を積み上げていけば、訪問説明がメーカーとして、大事で必要不可欠なサービスと認識するようになり、この仕事に携わる人がたくさん必要になり、人材を育てるシステムもできて、世の中に広く訪問説明(キッチンアドバイザーとか、商品アドバイザーなど)という職業が認められて、この仕事をしたいという人が増えれば、しいては商品に関心を持つ人も増えるという循環になるのでは・・・!なんて大きく、希望を胸に抱いていたので、現場の状況を知らない理解なき人達に、この業務を軽んじられていても頑張れたのですが・・・。

 志途中、影響力あるはずの人達の意識を、少しも変える事はできずに、お仕舞宣告となってしまいました。
 所詮ちっぽけな、何の力も名声もない者が頑張ったところで、何にも変わらないってこと思い知らされたって事でしょう。
 そうしたら、何だかどぉーっと疲れてしまいました。
 しばし、私の中にエネルギー補充をしなければ、やっていけない心境です。
 一旦離れて、休養しなさいって事ですね。きっと。

 所属していた会社の、最後の扱いはひどいものでした。今は言葉にできません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。